2019年度受賞一覧

第8回「ゲスナー賞 『本の本』部門 金賞」

日本語活字印刷史

日本語活字印刷史

鈴木広光著『日本語活字印刷史』の、第8回「ゲスナー賞 『本の本』部門 金賞」(丸善雄松堂株式会社主催)受賞が決定しました。西洋式活版印刷術に内在する論理とのせめぎあいのなか、漢字と仮名による多様な書字活動は、どのように活字化されたのか。技術のみならず文字の性質や書記様式・言語生活等に注目し、嵯峨本など古活字版から、宣教師らによる明朝体活字の鋳造を経て、近代日本の活字組版まで、グローバルな視野で描きだす力作。

鈴木広光 著
価格 5,800円
A5判・上製・358頁
ISBN 978-4-8158-0795-5  C3021
在庫有り


第31回「アジア・太平洋賞特別賞」

台湾外交の形成
日華断交と中華民国からの転換

台湾外交の形成

清水麗著『台湾外交の形成』の、第31回「アジア・太平洋賞特別賞」(毎日新聞社、アジア調査会主催)受賞が決定しました。「一つの中国」という原則と、国際社会での地位存続との板挟みのなかで、台湾は何を選択してきたのか。安全保障をめぐる米国との交渉、国連の中国代表権問題、日中国交回復とその裏での対日断交などを、台湾側の動向を軸にたどり、今日の台湾外交の真の根源を浮き彫りにする画期的著作。

清水 麗 著
価格 5,400円
A5判・上製・344頁
ISBN 978-4-8158-0935-5  C3031
在庫有り


第12回(2019年度)「生協総研賞 研究賞」

胃袋の近代
食と人びとの日常史

胃袋の近代

湯澤規子著『胃袋の近代』の、第12回(2019年度)「生協総研賞 研究賞」(公益財団法人生協総合研究所主催)受賞が決定しました。人びとは何をどのように食べて、空腹を満たしてきたのか。一膳飯屋、残飯屋、共同炊事など、都市の雑踏や工場の喧騒のなかで始まった外食の営みを、日々生きるための〈食〉の視点から活写、農村にもおよぶ広範な社会と経済の変化をとらえ、日本近代史を書き換えます。

湯澤規子 著
価格 3,600円
四六判・上製・354頁
ISBN 978-4-8158-0916-4  C3021
在庫有り


第8回(2019年)「三島海雲学術賞」

イスラームのロシア
帝国・宗教・公共圏 1905-1917

イスラームのロシア

長縄宣博著『イスラームのロシア』が、第8回(2019年)「三島海雲学術賞」(公益財団法人三島海雲記念財団主催)を受賞しました。もう一つの市民社会 ——。多数のイスラーム教徒が存在したロシア帝国。彼らはいかに生きたのか。日露戦争から第一次世界大戦・革命へと至る時代に、政治・行政・教育・出版・戦争・慈善等に積極的に関与し、言論と行動によって自らの「公共圏」を生み出したムスリム社会の苦闘を、かつてない深度で描き出します。

長縄宣博 著
価格 6,800円
A5判・上製・440頁
ISBN 978-4-8158-0888-4  C3022
在庫有り


第5回「三笠宮オリエント学術賞」

イブン・バットゥータと境域への旅
『大旅行記』をめぐる新研究

イブン・バットゥータと境域への旅

『イブン・バットゥータと境域への旅 ——『大旅行記』をめぐる新研究』の著者である家島彦一先生が、このたび、第5回「三笠宮オリエント学術賞」(日本オリエント学会主催)を受賞されました。本書が、日本におけるオリエント研究の発展に大きな学術的貢献をなす業績と評価され、このたびのご受賞となりました。

家島彦一 著
価格 5,800円
A5判・上製・480頁
ISBN 978-4-8158-0861-7  C3022
在庫有り


第35回「大平正芳記念賞」

朝鮮外交の近代
宗属関係から大韓帝国へ

朝鮮外交の近代

森万佑子著『朝鮮外交の近代』が、第35回「大平正芳記念賞」(公益財団法人大平正芳記念財団主催)を受賞しました。朝鮮はなぜ、東アジア政治の焦点となるのか。中華と近代の結節点に位置し、摩擦のなかから生み出されていった外交の論理をその起源から解明。外政機構の形成から大韓帝国の成立までを一貫した視座でとらえ、激動の東アジア国際関係史のなかで決定的な位置を占めた姿を浮かび上がらせます。

川島真氏による選評:“……… 従来、19世紀の朝鮮の対外関係史研究は条約体制への適用と清との宗属関係との双方が明確に関連付けられずに、それぞれの観点で議論が展開していた面がある。それを克服すべく、著者は、岡本隆司の諸研究に代表される昨今の東アジアの宗属関係研究の成果を取り入れた。特に、清自身がいかなる論理で宗属関係を変容させていたのか、また清でおこなわれた対外政策、制度の近代的再編がいかに認識されていたのかということを踏まえ、では朝鮮の側はどうであったのか、と議論を進める。また、この点について従来の研究が、条約関係と宗属関係を対立的に描いたり、あるいは宗属関係から近代的な条約関係の移行として記したがために見失っていた論点を見出そうとした。特に、分析対象を大韓帝国成立期にまで広げることで、従来のやや単純化された議論を退け、当時の朝鮮に即した豊かな歴史像を提供することに成功したといえるだろう。………” (大平正芳記念財団パンフレット(「第35回『大平正芳記念賞』受賞作の紹介」から)

森 万佑子 著
価格 5,400円
A5判・上製・360頁
ISBN 978-4-8158-0883-9  C3022
在庫有り


第35回「大平正芳記念賞」

外交と移民

『外交と移民』の著者である上英明先生が、第35回「大平正芳記念賞」(公益財団法人大平正芳記念財団主催)を受賞されました。2018年6月にケンブリッジ大学出版会より出版された Diplomacy Meets Migration: US Relations with Cuba during the Cold War での受賞で、『外交と移民』の基となった著書です。

『外交と移民』
上 英明 著
価格 5,400円
A5判・上製・366頁
ISBN 978-4-8158-0948-5  C3022
在庫有り


2019年度「日本農業経済学会学術賞」

産業化する中国農業
食料問題からアグリビジネスへ

産業化する中国農業

宝剣久俊著『産業化する中国農業』が、2019年度「日本農業経済学会学術賞」(日本農業経済学会)を受賞しました。製造業など工業の高度成長の陰で見過ごされてきた農業。しかしその経済発展を可能にしたのは、飢饉の経験を乗り越えて、厖大な人口への食料供給を実現した農業であった。龍頭企業の台頭など、アグリビジネスでも世界的地位を築きつつある中国農業の現状を、新たな視座で描き出します。

宝剣久俊 著
価格 5,800円
A5判・上製・276頁
ISBN 978-4-8158-0886-0  C3033
在庫有り

年度別受賞一覧

近刊案内

2019年10月29日出来予定

郵政民営化の政治経済学

伊藤真利子著
A5判・上製・360頁
価格  5,400円
ISBN 978-4-8158-0968-3
Cコード 3033

近刊書籍の予約を受け付けております。予約をご希望の方は、上の「予約の受付ページへ」をクリックして受付ページへリンクしていただき、そこでご予約の手続きをお願いいたします。刊行次第、商品を発送いたします。

重版案内

2019年8月29日出来

近代世界システムⅣ

I. ウォーラーステイン 著
川北 稔 訳
A5判・上製・432頁
価格  4,800円
ISBN 978-4-8158-0746-7
Cコード 3022

2019年8月23日出来

「満洲」の成立

安冨 歩・深尾葉子 編
A5判・上製・586頁
価格  7,400円
ISBN 978-4-8158-0623-1
Cコード 3022

購入について

書籍を購入される方は以下の注文受付ページから必要事項をご記入の上ご注文下さい。

また、個別の書籍紹介ページ上からもご購入いただけます。ご購入に関する詳細については、下の「購入についての説明」をクリックして、説明をご覧ください。

その他の書籍購入方法

小会刊行の書籍は以下のオンラインショップでも取り扱っております。

お問い合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

TEL:052-781-5027

FAX:052-781-0697


ページの先頭へ戻る