書籍紹介

芸術・歴史

イメージの地層

ルネサンスの図像文化における奇跡・分身・予言
水野千依 著

書籍のカバー画像

書籍を注文する

価格 13,000円
判型 A5判・上製
ページ数 920頁
刊行年月日 2011年
在庫状況 在庫有り
ISBNコード 978-4-8158-0673-6
Cコード C3071

書籍画像のサムネール書籍画像のサムネール書籍画像のサムネール

内 容

奇跡像、蠟人形、幻視 …… 近代の「芸術」からはこぼれ落ちる、「迷信」に満ちたイメージの力を無視することなく、人々がそこに残した痕跡や文化の記憶が織りなす複雑な地層を、図像・文書の丹念な解読によって辿りなおし、ルネサンスの多元性を蘇らせた「イメージの歴史人類学」の試み。


目 次

 凡 例

序 章

第1章 聖なるものの地政学
      —— トスカーナ地方における聖母像崇敬の流行と変遷

   第1節 都市周辺部の聖母像崇敬
       1 チーゴリの聖母
       2 セルヴェの聖母
   第2節 都市-周辺部の力学
       1 インプルネータの聖母
       2 プリメラーナの聖母
   第3節 都市の聖母像崇敬
       1 オルサンミケーレの聖母
       2 サンティッシマ・アヌンツィアータの聖母
       3 ルバコンテ橋の恩寵の聖母

第2章 像の再活性化/無効化の力学
      —— 中世末以降の聖像の死後生と修復

   第1節 トスカーナ地方における奇跡像の修復 —— 聖母像を中心に
       1 聖なる身体の重ね描きと置き換え —— 様式概念と礼拝価値
       2 「芸術様式」の時代における聖像の修復
          —— ネーリ・ディ・ビッチの『覚書』に見る修復的処理
   第2節 アルプス地方における奇跡像の修復
        ——「聖クリストフォルス」と「主日のキリスト」を中心に
       1 同一図像の重ね描き、反復/並置、アッサンブラージュ
       2 図像の横滑り
   第3節 像への冒瀆あるいは像の教育学
       1 像への検閲と図像の変容 ——「主日のキリスト」を例に
       2 教化としての冒瀆 —— イメージの教育学

第3章 痕跡と分身
      —— ルネサンス肖像史再考

   第1節 ルネサンスの肖像とマスク
       1 《ニッコロ・ダ・ウッツァーノ》問題
       2 ルネサンスにおける型取り肖像
   第2節 イマーゴ ——「祖先の像」と「像による葬儀」
       1 古代のイマギネス
       2 ルネサンスにおけるイマギネスの残存
   第3節 余剰性と反転性 —— 分身としての肖像
       1 分身=コロッソスとしての肖像
          —— デヴォトゥス/ホモ・サケル/主権の身体
       2 過剰と反転 —— 像による神格化/像による懲罰
   第4節 エクス・ヴォート —— 死と蘇生の物神
       1 奉納像
       2 展示のポリティクス
       3 「分配される人格」 —— 崇敬と冒瀆のはざまで
       4 犠牲と贖罪 —— 死と蘇生の物神

第4章 「肉の目」と「心の目」
      ——「心の祈禱」の実践と図像

   第1節 寄進者の肖像 —— ロレンツォ・ロット作対幅画
       1 作品の来歴と同定
       2 《キリストの母への暇乞い》とエリザベッタ・ロータの肖像
       3 《キリストの降誕》とドメニコ・タッシの肖像
   第2節 「新しい敬虔」とイタリアにおける「心の祈禱」
       1 北方における「新しい敬虔」と「心の祈禱」
       2 イタリアにおける「新しい敬虔」と「心の祈禱」
       3 イタリアにおける「心の祈禱」と図像
   第3節 サクロ・モンテ ——「場の記憶」と「心の巡礼」
       1 サクロ・モンテの起源をめぐる状況
       2 サクロ・モンテ初期構想における「トポミメーシス」と「心の巡礼」
       3 カイーミの『四旬節説教』にみる「秩序」と「場の記憶」
       4 「場」の模倣から「奥義」の演出へ

第5章 予言と幻視
      —— ルネサンスの終末論文化における図像の地位

   第1節 「田園の聖母」の顕現 —— 幻視と集合的トラウマ
       1 「田園の聖母」のシナリオ
       2 幻視の伝達回路と図像イメージ
       3 集合的トラウマと幻視 ——「執り成し」の図像とその変容
       4 無効化される「田園の聖母」 —— カトリックと改革派のはざまで
   第2節 「徴候」としての怪物
       1 「予言的怪物」のルネサンス
       2 解読される怪物たち —— イタリア戦争と予言文化
       3 怪物の形態学
   第3節 予言文化の終息とその残響
        —— サン・マルコ大聖堂とフィオーレのヨアキム
       1 サン・マルコ大聖堂のモザイク解釈をめぐる異端審問
       2 モザイクをめぐるもうひとつの裁判
       3 ヨハネ黙示録の図像の変遷とサン・マルコ大聖堂のモザイク
       4 サン・マルコ大聖堂におけるフィオーレのヨアキムの予言の伝統
       5 職人集団によるもうひとつの黙示録解釈
       6 サン・マルコ大聖堂のモザイクにおけるヨアキム的予言の継承

終 章

 あとがき
 初出一覧
 注
 文献目録
 図版一覧
 人名索引
 英文目次


受 賞


書 評


関連書


関連キーワードの一覧


関連カテゴリーの一覧


各オンライン書籍販売サービスサイトからも書籍は購入できます。

近刊案内

2020年4月10日出来予定

専門知を再考する

H・コリンズ/R・エヴァンズ 著
奥田太郎 監訳
和田 慈/清水右郷 訳
A5判・上製・220頁
価格  4,500円
ISBN 978-4-8158-0986-7
Cコード 3030

2020年4月20日出来予定

森林の系統生態学

広木詔三 著
A5判・上製・384頁
価格  5,400円
ISBN 978-4-8158-0987-4
Cコード 3045

近刊書籍の予約を受け付けております。予約をご希望の方は、上の「予約の受付ページへ」をクリックして受付ページへリンクしていただき、そこでご予約の手続きをお願いいたします。刊行次第、商品を発送いたします。

重版案内

2020年3月27日出来

新版 子どもの教育の歴史

江藤恭二 監修
篠田 弘・鈴木正幸・加藤詔士・吉川卓治 編
A5判・並製・326頁
価格  2,800円
ISBN 978-4-8158-0586-9
Cコード 3037

2020年3月19日出来

疑似科学と科学の哲学

伊勢田哲治 著
A5判・並製・288頁
価格  2,800円
ISBN 978-4-8158-0453-4
Cコード 3010

2020年3月5日出来

社会科学の考え方

野村 康 著
A5判・上製・358頁
価格  3,600円
ISBN 978-4-8158-0876-1
Cコード 3030

2020年3月5日出来

経済社会の歴史

中西 聡 編
A5判・並製・348頁
価格  2,700円
ISBN 978-4-8158-0893-8
Cコード 3033

2020年2月27日出来

男同士の絆

イヴ・K・セジウィック 著
上原早苗・亀澤美由紀 訳
A5判・上製・394頁
価格  3,800円
ISBN 978-4-8158-0400-8
Cコード 3098

購入について

書籍を購入される方は以下の注文受付ページから必要事項をご記入の上ご注文下さい。

また、個別の書籍紹介ページ上からもご購入いただけます。ご購入に関する詳細については、下の「購入についての説明」をクリックして、説明をご覧ください。

その他の書籍購入方法

小会刊行の書籍は以下のオンラインショップでも取り扱っております。

お問い合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

TEL:052-781-5027

FAX:052-781-0697


ページの先頭へ戻る