書籍紹介

政治

核密約から沖縄問題へ

小笠原返還の政治史
真崎 翔 著

書籍のカバー画像

書籍を注文する

価格 4,500円
判型 A5判・上製
ページ数 268頁
刊行年月日 2017年
在庫状況 在庫有り
ISBNコード 978-4-8158-0871-6
Cコード C3031

書籍画像のサムネール書籍画像のサムネール

書籍の内容

小笠原返還は戦後日米関係の小さなエピソードではない。沖縄の基地問題に影を落としたその実像をアメリカの核戦略の変容を手がかりに解明、2つの返還と核密約の深い連関をトータルにとらえ、日米の非対称な交渉過程がもたらした沖縄問題の知られざる起源を照射する、気鋭の力作。


書籍の目次

序 章 なぜ小笠原返還交渉を取り上げるのか
     1 小笠原諸島の概史 —— 1830~1945年
     2 先行研究
     3 戦後日米関係論と小笠原研究

第1章 小笠原占領の決定
     1 小笠原の軍事的重要性
     2 サンフランシスコ講和条約と日米関係

第2章 父島と硫黄島の米軍基地
     1 基地固定化に起因する島民問題
     2 父島と硫黄島の核貯蔵基地化

第3章 返還交渉を進展させた米国側の要因
     1 技術革新による影響
     2 安保条約延長への危惧
     3 米国財政の斜陽化

第4章 返還をめぐる米国内および日米間交渉
     1 現行安保条約における核兵器の位置づけ
     2 「硫黄島分離返還」 路線の案出
     3 第二次佐藤・ジョンソン首脳会談

第5章 小笠原核 「密約」 と沖縄返還交渉
     1 日米共同声明と佐藤の 「一方的な声明」
     2 沖縄 「核抜き」 返還の条件
     3 小笠原返還交渉と核兵器
     4 沖縄返還交渉 —— 小笠原研究の視点から

終 章 小笠原返還交渉とは何であったのか


書評紹介


関連書籍の紹介


関連キーワードの一覧


関連カテゴリーの一覧


各オンライン書籍販売サービスサイトからも書籍は購入できます。

近刊案内

2017年9月4日出来予定

東アジアの社会大変動

末廣 昭・大泉啓一郎 編
A5判・上製・352頁
価格  5,400円
ISBN 978-4-8158-0884-6
Cコード 3036

2017年9月7日出来予定

産業化する中国農業

宝剣久俊 著
A5判・上製・280頁
価格  5,800円
ISBN 978-4-8158-0886-0
Cコード 3033

近刊書籍の予約を受け付けております。予約をご希望の方は、上の「予約の受付ページへ」をクリックして受付ページへリンクしていただき、そこでご予約の手続きをお願いいたします。刊行次第、商品を発送いたします。

購入について

書籍を購入される方は以下の注文受付ページから必要事項をご記入の上ご注文下さい。

また、個別の書籍紹介ページ上からもご購入いただけます。ご購入に関する詳細については、下の「購入についての説明」をクリックして、説明をご覧ください。

その他の書籍購入方法

小会刊行の書籍は以下のオンラインショップでも取り扱っております。

お問い合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

TEL:052-781-5027

FAX:052-781-0697


ページの先頭へ戻る