書籍紹介

経済/歴史

塩と帝国

近代日本の市場・専売・植民地
前田廉孝 著

書籍のカバー画像

書籍を注文する

価格 税込8,800円/本体8,000円
判型 A5判・上製
ページ数 484頁
刊行年月日 2022年
在庫状況 在庫有り
ISBNコード 978-4-8158-1055-9
Cコード C3033

書籍画像のサムネール書籍画像のサムネール

内 容

帝国日本の経済と生命を支えた一次産品、塩の生産・流通・消費の動態をトータルに解明、植民地塩の内地への浸透プロセスを専売や瀬戸内塩業も視野にとらえて、忘れられた塩の経済圏の全体像を示すとともに、戦後へとつながる食料、資源の対外依存構造のルーツを描き出す。


目 次

 凡 例

序 章 植民地と1次産品・食塩
     はじめに
     1 問題意識と分析対象
     2 先行研究の成果と本書の課題
     3 本書の構成

  第Ⅰ部 内地市場と植民地塩

第1章 内地食塩市場の重層的構造と植民地塩
     はじめに
     1 食塩輸移入の拡大と植民地塩
     2 重層的市場構造の形成
     3 輸移入塩消費の規模と用途別差異
     おわりに

第2章 内地製塩業経営の拡大と資金調達
      —— 香川県綾歌郡宇多津町の製塩会社
     はじめに
     1 少額資本の集積と製塩会社の簇生
     2 製塩会社の安定的経営と株主の配当収益
     3 株式保有構造の変容と小株主層の拡大
     おわりに

第3章 台湾塩生産の拡大と内地人事業者優遇政策
      —— 台湾人事業者の主導性と補助政策の限界
     はじめに
     1 内地人製塩事業者の台湾進出計画
     2 野崎武吉郎家の台湾塩田経営
     3 日露戦後の補助政策強化
     おわりに

第4章 関東州塩の輸出余力発生と対中交渉
      —— 外務省・関東都督府の対立と大蔵省
     はじめに
     1 関東州塩生産の拡大
     2 関東州塩の対中輸出協定締結交渉
     3 内地塩専売制度による関東州製塩業の包摂
     おわりに

第5章 植民地塩の輸移入と取引
      —— 供給主体間の競争と価格・品質の変容
     はじめに
     1 台湾塩移入の開始と動揺
     2 価格競争とカルテル締結
     3 シェア競争と供給主体の大規模化・寡占化
     4 植民地塩取引の拡大と大日本塩業の経営
     おわりに

第6章 醬油醸造業の原料選択と植民地塩消費
      —— 大規模醸造家・髙梨兵左衛門家の事例
     はじめに
     1 醬油生産拡大と原料調達戦略転換
     2 小麦調達と原料産地の近接化
     3 大豆産地の多様化と取引先の集中
     4 内地塩調達の中断・再開と植民地塩
     おわりに

  第Ⅱ部 政策・専売と植民地塩

第7章 内地製塩業政策と台湾塩専売制度
      —— 1894-1903年
     はじめに
     1 外国塩輸入防遏構想と台湾塩
     2 台湾塩専売制度の導入と農商務省の対応
     3 農商務省の製塩業政策方針と塩専売制度案
     4 内地製塩業政策の展開と終焉
     おわりに

第8章 大日本塩業協会の活動と農商務省
     はじめに
     1 設立目的・活動方針の不一致
     2 会員の多様化と役員の固定化
     3 会報発行活動と農商務省の情報提供
     おわりに

第9章 塩専売法施行と制度批判の高揚
      —— 1904-08年
     はじめに
     1 塩専売法案の策定
     2 塩専売法案の審議と修正
     3 主税局管轄期の制度運用と小売価格高騰
     4 改正塩専売法案・塩専売法廃止法案の審議
     おわりに

第10章 塩専売制度の改定と「転換」
      —— 1907-19年
     はじめに
     1 塩専売制度の改定
     2 製塩地整理と台湾・関東州塩供給
     3 官費回送制度確立と塩専売事業益金の硬直化
     4 塩専売制度の「転換」
     おわりに

第11章 製塩地整理と塩専売法違反
      —— 坂出専売支局管内の事例
     はじめに
     1 監視体制の整備
     2 塩専売法違反の認知と取締
     3 主産地の塩専売法違反
     おわりに

第12章 売渡価格全国一律化と超過需要の発生
     はじめに
     1 VEC モデルの利用と価格データ
     2 売渡価格全国一律化と地方都市の卸売価格形成
     3 価格・需給の連動性断絶と超過需要
     おわりに

終 章 帝国日本の「膨張」と植民地産1次産品
     はじめに
     1 食塩市場と政策・専売
     2 植民地塩のインパクト
     3 結論と展望

 参考文献
 あとがき
 初出一覧
 図表一覧
 索 引


書 評


関連書


関連キーワードの一覧


関連カテゴリーの一覧


各オンライン書籍販売サービスサイトからも書籍は購入できます。

近刊案内

2022年7月22日出来予定

フランク史Ⅱ メロヴィング朝の模索

佐藤彰一 著
A5判・上製・536頁
税込7,920円/本体7,200円
ISBN 978-4-8158-1094-8
Cコード 3022

近刊書籍の予約を受け付けております。予約をご希望の方は、上の「予約の受付ページへ」をクリックして受付ページへリンクしていただき、そこでご予約の手続きをお願いいたします。刊行次第、商品を発送いたします。

重版案内

40周年記念事業

創立40周年記念増刷&
リ・アーカイヴ叢書

2022年5月20日出来

質的研究の考え方

大谷 尚 著
菊判・並製・416頁
税込3,850円/本体3,500円
ISBN 978-4-8158-0944-7
Cコード 3036

2022年5月20日出来

近代世界システムⅣ

I. ウォーラーステイン 著
川北 稔 訳
A5判・上製・432頁
税込5,280円/本体4,800円
ISBN 978-4-8158-0746-7
Cコード 3022

2022年4月18日出来

科学と証拠

エリオット・ソーバー 著
松王政浩 訳
A5判・上製・256頁
税込5,060円/本体4,600円
ISBN 978-4-8158-0712-2
Cコード 3010

2022年4月18日出来

科学とモデル

マイケル・ワイスバーグ 著
松王政浩 訳
A5判・上製・324頁
税込4,950円/本体4,500円
ISBN 978-4-8158-0872-3
Cコード 3010

2022年4月18日出来

量子論に基づく無機化学[増補改訂版]

高木秀夫 著
A5判・並製・346頁
税込4,950円/本体4,500円
ISBN 978-4-8158-0907-2
Cコード 3043

2022年4月18日出来

糖鎖生物学

北島 健・佐藤ちひろ・門松健治・加藤晃一 編
A5判・上製・306頁
税込5,940円/本体5,400円
ISBN 978-4-8158-0981-2
Cコード 3045

2022年4月15日出来

移り棲む美術

三浦 篤 著
A5判・上製・574頁
税込6,380円/本体5,800円
ISBN 978-4-8158-1016-0
Cコード 3071

2022年4月15日出来

神仏融合の東アジア史

吉田一彦 編
A5判・上製・726頁
税込7,920円/本体7,200円
ISBN 978-4-8158-1021-4
Cコード 3021

2022年4月15日出来

客観性

ロレイン・ダストン/ピーター・ギャリソン 著
瀬戸口明久・岡澤康浩・坂本邦暢・有賀暢迪 訳
A5判・上製・448頁
税込6,930円/本体6,300円
ISBN 978-4-8158-1033-7
Cコード 3010

2022年4月12日出来

歴史教育の比較史

近藤孝弘 編
A5判・上製・328頁
税込4,950円/本体4,500円
ISBN 978-4-8158-1011-5
Cコード 3022

2022年4月6日出来

社会科学の考え方

野村 康 著
A5判・上製・358頁
税込3,960円/本体3,600円
ISBN 978-4-8158-0876-1
Cコード 3036

2022年4月1日出来

量子力学10講

谷村省吾 著
A5判・並製・200頁
税込2,970円/本体2,700円
ISBN 978-4-8158-1049-8
Cコード 3042

2022年4月1日出来

誇り高い技術者になろう[第2版]

黒田光太郎・戸田山和久・伊勢田哲治 編
A5判・並製・284頁
税込3,080円/本体2,800円
ISBN 978-4-8158-0706-1
Cコード 3050

2022年4月1日出来

東アジア国際政治史

川島 真・服部龍二 編
A5判・並製・398頁
税込2,860円/本体2,600円
ISBN 978-4-8158-0561-6
Cコード 3031

購入について

書籍を購入される方は以下の注文受付ページから必要事項をご記入の上ご注文下さい。

また、個別の書籍紹介ページ上からもご購入いただけます。ご購入に関する詳細については、下の「購入についての説明」をクリックして、説明をご覧ください。

その他の書籍購入方法

お問い合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

TEL:052-781-5027

FAX:052-781-0697


ページの先頭へ戻る