戦後ヒロシマの記録と記憶
胃袋の近代
社会科学の考え方
イスラーム「知」の見取り図
twitterで情報配信中

新刊紹介

日本中世市場論

制度の歴史分析

売買・貸借・契約・裁判・差押えなど、市場が担う多様な役割を描くとともに、債権取立てを軸に「公界」と公権力との関係から中世日本を通観したライフワーク。

安野眞幸 著
価格  6,800円
A5判・上製・460頁
ISBN978-4-8158-0921-8  Cコード3021
在庫有り


国際貿易

モデル構築から応用へ

国際貿易の経済的仕組みをスタンダードかつ最新の体系にもとづいて丁寧に解説、環境や公共財を含む世界経済の重要課題を読み解く力を身につける。

多和田 眞・柳瀬明彦 著
価格  2,700円
A5判・並製・356頁
ISBN978-4-8158-0924-9  Cコード3033
在庫有り


博士号のとり方[第6版]

学生と指導教員のための実践ハンドブック

技術マニュアルを超えて、博士号取得をその考え方から解説、誰も教えてくれなかったガイドの決定版。

E・M・フィリップス/D・S・ピュー 著  角谷快彦 訳
価格  2,700円
A5判・並製・362頁
ISBN978-4-8158-0923-2  Cコード1037
在庫有り


自動車の衝突安全 基礎論

衝突時に人の安全をいかに確保するか。高齢者の傷害やむちうち損傷も含め多角的かつ系統的に解説。保険調査員など自動車と交通事故に関わるすべての人に。

水野幸治 著
価格  3,800円
菊判・並製・312頁
ISBN978-4-8158-0922-5  Cコード3053
在庫有り


力学の誕生

オイラーと「力」概念の革新

ニュートン以後、力学が自然哲学と決別し、汎用性をもつ新たな知として生まれ直す過程を丹念に追跡。オイラーの果たした画期的役割を浮彫りにする。

有賀暢迪 著
価格  6,300円
A5判・上製・356頁
ISBN978-4-8158-0920-1  Cコード3040
在庫有り


大陸関与と離脱の狭間で

イギリス外交と第一次世界大戦後の西欧安全保障

平和維持の仕組みはいかに構想され、なぜ脆弱化したのか? 複数の安全保障観がせめぎ合う中、揺らぐイギリスの外交姿勢と諸国との交渉過程を精緻に描き出す。

大久保 明 著
価格  6,800円
A5判・上製・532頁
ISBN978-4-8158-0918-8  Cコード3022
在庫有り


法と力

戦間期国際秩序思想の系譜

「国際法 vs 現実政治」を超えて——。第一次大戦後の国際法学の中から国際政治学的思考は誕生した。モーゲンソーらの思想を位置づけ直す。

西 平等 著
価格  6,400円
A5判・上製・398頁
ISBN978-4-8158-0919-5  Cコード3032
在庫有り


「テロとの闘い」と日本

連立政権の対外政策への影響

日本の「テロとの闘い」が主要同盟国にくらべ抑制的な関与にとどまりえた理由とは何か。連立小政党の機能からそのメカニズムを解明、10年の軌跡を描き出す。

宮崎洋子 著
価格  5,400円
A5判・上製・382頁
ISBN978-4-8158-0917-1  Cコード3031
在庫有り


戦後ヒロシマの記録と記憶【上巻】

小倉馨のR. ユンク宛書簡

原爆市長・浜井の肉声から、見出される原爆症と医師たちの葛藤、平和活動に身を投じた青年たちの歩みと心のひだ、さらには公娼制や遊郭経営、闇市ややくざの抗争にいたるまで、戦後広島の再生の足どりを人々の息遣いとともに伝える第一級のドキュメント。

若尾祐司・小倉桂子 編
価格  2,700円
四六判・上製・338頁
ISBN978-4-8158-0914-0  Cコード3021
在庫有り


戦後ヒロシマの記録と記憶【下巻】

小倉馨のR. ユンク宛書簡

新たな観光事業の立ち上げや市民球場・球団設立といった広島の「復興」を描く一方、被爆者の生活苦、外国人をめぐる政策や孤児の問題、原水禁運動における政治的対立などにもフォーカスし、原爆の遺した深い爪痕をありありと伝えるレポート後編。

若尾祐司・小倉桂子 編
価格  2,700円
四六判・上製・348頁
ISBN978-4-8158-0915-7  Cコード3021
在庫有り


政治教育の模索

オーストリアの経験から

半歩先のモデルか ——。民主主義の拡大を支え劣化を押しとどめるために注目される「政治教育」。その変容と深化を跡づける。

近藤孝弘 著
価格  4,100円
A5判・上製・232頁
ISBN978-4-8158-0913-3  Cコード3037
在庫有り


歴史人名学序説

中世から現在までのイベリア半島を中心に

名前に刻まれたヨーロッパ社会の軌跡。家族・親族の結びつきやアイデンティティのあり方、宗教や文化移転まで、新たなプリズムを通して浮かび上がらせる。

芝 紘子 著
価格  5,400円
A5判・上製・308頁
ISBN978-4-8158-0912-6  Cコード3022
在庫有り


胃袋の近代

食と人びとの日常史

一膳飯屋、残飯屋、共同炊事など、都市の雑踏や工場の喧騒のなかで始まった外食の営みを活写。社会と個人をつなぐ〈食〉の視点から日本近代史を書き換える。

湯澤規子 著
価格  3,600円
四六判・上製・354頁
ISBN978-4-8158-0916-4  Cコード3021
在庫有り


中国芸術というユートピア

ロンドン国際展からアメリカの林語堂へ

中華文人の生活芸術か、想像された国民芸術か ——。第二次世界大戦前、東西文化交流の転換点となった一大展覧会を軸に、中国芸術とは何かを問いかける力作。

範 麗雅 著
価格  11,000円
菊判・上製・590頁
ISBN978-4-8158-0909-6  Cコード3070
在庫有り


自動車工学の基礎

基礎科目である機械力学や熱力学などの発展として自動車工学を一貫した形で捉え直し、変わりゆく技術を根底から支える不変のロジックを身につける。

近森 順 編
価格  2,700円
A5判・並製・260頁
ISBN978-4-8158-0911-9  Cコード3053
在庫有り


トピックス

【お知らせ】
・〈2018年9月25日〉洋学史学会ミニシンポジウム(合評会)“蘭学の外側 ------『近代科学のリロケーション』『イエズス会士と普遍の帝国』を読む” のお知らせです。
・〈2018年9月11日〉注文フォーム・お問い合わせフォームのメンテナンスのお知らせです。
・〈2018年6月29日〉『〈モータウン〉のデザイン』刊行記念 丸善ゼミナール「クルマの、クルマによる、クルマのための環境デザイン」のお知らせです。
『胃袋の近代』の著者・湯澤規子先生による自著紹介“『胃袋の近代 ------ 食と人びとの日常史』の刊行によせて”を公開しています。
・〈2018年6月20日〉『テレビ成長期の日本映画』刊行記念トークイベント「映画とメディアのこれまで、これから」のお知らせです。
・〈2018年5月15日〉2018年度テーマフェア “イスラーム世界 「知」の見取り図” のお知らせです。
2018年度大学生協ブックフェアのお知らせです。
・〈2018年5月1日〉イヴァン・ジャブロンカ著/真野倫平訳『歴史は現代文学である』刊行記念フェアのお知らせです。
2018年版図書目録のご案内です。
『私にはいなかった祖父母の歴史』の著者イヴァン・ジャブロンカの歴史書元老院賞受賞講演、ならびに訳者・田所光男先生のインタビュー(読書案内)を公開しています。(本書紹介ページ・書籍内容紹介欄)
【お知らせ】名古屋大学出版会メールマガジンのご案内です。
【書評・受賞など】
・〈2018年10月12日〉若尾祐司・小倉桂子編『戦後ヒロシマの記録と記憶』(上下巻)が、『図書新聞』(2018年10月6日号、第3369号)で紹介されました。
・〈2018年10月6日〉湯澤規子著『胃袋の近代』が、「日本経済新聞」(2018年10月6日付)で紹介されました。
・〈2018年10月4日〉池上俊一監修『原典 ルネサンス自然学』(上下巻)の、第54回「日本翻訳出版文化賞」受賞が決定しました。
・〈2018年9月27日〉新居洋子著『イエズス会士と普遍の帝国』が、『歴史学研究』(2018年10月号、第975号)で紹介されました。
宝剣久俊著『産業化する中国農業』が、『アジア経済』(第59巻第3号、2018年9月)で紹介されました。
カピル・ラジ著/水谷智・水井万里子・大澤広晃訳『近代科学のリロケーション』が、『西洋史学』(第265号、2018年6月)で紹介されました。
廣部泉著『人種戦争という寓話』が、『西洋史学』(第265号、2018年6月)で紹介されました。
イヴァン・ジャブロンカ著/田所光男訳『私にはいなかった祖父母の歴史』が、『西洋史学』(第265号、2018年6月)で紹介されました。
・〈2018年9月25日〉L.A.ポール著/奥田太郎・薄井尚樹訳『今夜ヴァンパイアになる前に』が、「Rakuten それどこ」(2018年9月14日付)で紹介されました。
・〈2018年9月22日〉近藤孝弘先生と著書『政治教育の模索』が、「朝日新聞」(2018年9月22日付)読書欄の「著者に会いたい」で紹介されました。
・〈2018年9月19日〉宮紀子著『モンゴル時代の「知」の東西』(上下巻)が、2018年「パジュ・ブック・アワード著作賞」を受賞しました。
・〈2018年9月15日〉若尾祐司・小倉桂子編『戦後ヒロシマの記録と記憶』(上下巻)が、「朝日新聞」(2018年9月15日付)で紹介されました。
・〈2018年9月11日〉池内敏著『絶海の碩学』が、『ヒストリア』(第269号、2018年8月)で紹介されました。
・〈2018年9月10日〉堀田典裕著『〈モータウン〉のデザイン』が、「西日本新聞」(2018年9月1日付)で紹介されました。
湯澤規子著『胃袋の近代』が、『出版ニュース』(2018年9月中旬号)で紹介されました。
湯澤規子著『胃袋の近代』が、『週刊読書人』(2018年9月7日号、第3255号)で紹介されました。
安達祐子著『現代ロシア経済』が、『社会経済史学』(第84巻第2号、2018年8月)で紹介されました。
・〈2018年9月5日〉若尾祐司・小倉桂子編『戦後ヒロシマの記録と記憶』(上下巻)が、『出版ニュース』(2018年9月上旬号)で紹介されました。
湯澤規子著『胃袋の近代』が、『都市問題』(2018年9月号、第109巻第9号)で紹介されました。
・〈2018年9月3日〉湯澤規子著『胃袋の近代』が、「東京新聞・中日新聞」(2018年9月2日付)で紹介されました。
湯澤規子著『胃袋の近代』が、「河北新報」(2018年8月19日付)ほか4紙で紹介されました。
・〈2018年8月31日〉若尾祐司・小倉桂子編『戦後ヒロシマの記録と記憶』(上下巻)が、『週刊読書人』(2018年8月31日号、第3254号)で紹介されました。
・〈2018年8月23日〉芝紘子著『歴史人名学序説』が、『週刊文春』(2018年8月30日号、第60巻第32号)で紹介されました。
久保田裕次著『対中借款の政治経済史』が、『中国経済経営研究』(第2巻第1号、2018年3月)で紹介されました。
・〈2018年8月20日〉堀田典裕著『〈モータウン〉のデザイン』が、「東京新聞・中日新聞」(2018年8月19日付)で紹介されました。
湯澤規子著『胃袋の近代』が、「北國新聞」(2018年8月4日付)ほか14紙で紹介されました。
・〈2018年8月16日〉遠藤徳孝・小西哲郎ほか編『地形現象のモデリング』が、『日本地球惑星科学連合ニュースレター(JGL)』(第14巻第3号、2018年8月)で紹介されました。
『テレビ成長期の日本映画』の著者である北浦寛之先生のインタビューが、「毎日新聞」(2018年8月13日付)に掲載されました。
・〈2018年8月10日〉鍋島直樹著『ポスト・ケインズ派経済学』が、『季刊 経済理論』(第55巻第2号、2018年7月)で紹介されました。
・〈2018年8月7日〉『イエズス会士と普遍の帝国』の著者である新居洋子先生の、第35回「渋沢・クローデル賞」受賞紹介記事が、「読売新聞」(2018年8月7日付)文化欄に掲載されました。
・〈2018年8月6日〉湯澤規子著『胃袋の近代』が、『週刊エコノミスト』(2018年8月14・21日合併号)の特集「名編集者が選ぶ 目利きの本棚」で紹介されました。
・〈2018年8月5日〉湯澤規子著『胃袋の近代』が、「毎日新聞」(2018年8月5日付)で紹介されました。
・〈2018年8月3日〉北浦寛之著『テレビ成長期の日本映画』が、『図書新聞』(2018年8月11日号、第3363号)で紹介されました。
・〈2018年7月27日〉『週刊読書人』(2018年7月27日号、第3249号)の特集「2018年上半期の収穫から」で、斎藤夏来著『五山僧がつなぐ列島史』はじめ3点の図書が紹介されました。
今津孝次郎著『新版 変動社会の教師教育』が、『ソシオロジ』(第63巻1号、2018年6月)で紹介されました。
・〈2018年7月26日〉宝剣久俊著『産業化する中国農業』が、『中国経済経営研究』(第2巻第1号、2018年3月)で紹介されました。
・〈2018年7月24日〉北浦寛之著『テレビ成長期の日本映画』が、『キネマ旬報』(2018年8月上旬特別号、第1785号)で紹介されました。
・〈2018年7月17日〉『テレビ成長期の日本映画』の著者である北浦寛之先生のインタビューが、「京都新聞」文化欄(2018年7月10日付)に掲載されました。
・〈2018年7月15日〉湯澤規子著『胃袋の近代』が、「読売新聞」(2018年7月15日付)で紹介されました。
・〈2018年7月13日〉イヴァン・ジャブロンカ著/真野倫平訳『歴史は現代文学である』が、『図書新聞』(2018年7月21日号、第3360号)の「2018年上半期読書アンケート」で紹介されました。
・〈2018年7月10日〉『南米キリスト教美術とコロニアリズム』の著者の一人である齋藤晃先生が、2018年度(第33回)「大同生命地域研究奨励賞」を受賞されることとなりました。
『イスラーム主義と中東政治』の著者である末近浩太先生が、2018年度(第33回)「大同生命地域研究奨励賞」を受賞されることとなりました。
北浦寛之著『テレビ成長期の日本映画』が、『出版ニュース』(2018年7月中旬号)で紹介されました。
・〈2018年7月9日〉北浦寛之著『テレビ成長期の日本映画』が、『週刊読書人』(2018年7月6日号、第3246号)で紹介されました。
・〈2018年7月8日〉イヴァン・ジャブロンカ著/真野倫平訳『歴史は現代文学である』、イヴァン・ジャブロンカ著/田所光男訳『私にはいなかった祖父母の歴史』が、「読売新聞」(2018年7月8日付)で紹介されました。
芝紘子著『歴史人名学序説』が、「朝日新聞」(2018年7月7日付)で紹介されました。
・〈2018年7月6日〉新居洋子著『イエズス会士と普遍の帝国』が、第35回「渋沢・クローデル賞本賞」を受賞しました。
・〈2018年7月5日〉『パチンコ産業史』の著者である韓載香先生のインタビューが、『PLAY GRAPH』(2018年7月号、第54巻第7号)に掲載されました。
・〈2018年7月3日〉堀田典裕著『〈モータウン〉のデザイン』が、『LANDSCAPE DESIGN』(第121号、2018年8月)で紹介されました。
堀田典裕著『〈モータウン〉のデザイン』が、『CAR GRAPHIC』(2018年8月号、第57巻第8号)で紹介されました。
【科研費関連の情報】
大学出版部協会が《科学研究費補助金研究成果公開促進費「学術図書」に関する要望書》を提出しました
<科学研究費補助金に関する資料>恩賜賞・日本学士院賞における「科学研究費補助金研究成果公開促進費(学術図書)」の交付を受けた著作一覧
【サポート情報】
『最新 人工心肺[第5版]』正誤表
『磁性と超伝導の物理』正誤表
『科学技術をよく考える』サポートサイト
『開発経済学と現代中国』正誤表
『国際移民の時代[第4版]』ウェブサイト

図書目録ダウンロード

2018年版 図書目録

2018年版の図書目録をご用意しました。
こちらからPDFでダウンロードできます。

近刊案内

ただいま準備中です。

近刊書籍の予約を受け付けております。予約をご希望の方は、上の「予約の受付ページへ」をクリックして受付ページへリンクしていただき、そこでご予約の手続きをお願いいたします。刊行次第、商品を発送いたします。

購入について

書籍を購入される方は以下の注文受付ページから必要事項をご記入の上ご注文下さい。

また、個別の書籍紹介ページ上からもご購入いただけます。ご購入に関する詳細については、下の「購入についての説明」をクリックして、説明をご覧ください。

その他の書籍購入方法

小会刊行の書籍は以下のオンラインショップでも取り扱っております。

お問い合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

TEL:052-781-5027

FAX:052-781-0697


ページの先頭へ戻る