書籍紹介

文学・文化

漢文脈の近代

清末=明治の文学圏
齋藤希史 著

書籍のカバー画像

書籍を注文する

価格 5,500円
判型 A5判・上製
ページ数 338頁
刊行年月日 2005年
在庫状況 在庫有り
ISBNコード 978-4-8158-0510-4
Cコード C3090


内 容

19世紀後半から20世紀にかけて、かつてないほど相互に交通しあった日本と中国 —— そこに生じた「漢文脈」の新たな展開と可能性を、書くことと読むことの場に即して捉え、文学史・小説・翻訳・作文などをめぐる様々な試み・思考・葛藤を通して、近代の再考を促す画期的論考。


目 次

  第Ⅰ部 〈支那〉と〈日本〉

第1章 文学史の近代 —— 和漢から東亜へ
    1 〈文学史〉の始まり
    2 〈和漢〉と〈支那〉
    3 〈日本〉の確立
    4 〈東亜〉へ

第2章 「支那」再論
    1 呼称としての〈支那〉
    2 〈和漢〉の解体と〈支那〉
    3 梁啓超の〈支那〉

  第Ⅱ部 梁啓超と近代文学

第3章 新国民の新小説 —— 近代文学観念形成期の梁啓超
    1 通俗のための小説
    2 国民のための小説
    3 文学雑誌の誕生
    4 進化する文学

第4章 「小説叢話」の伝統と近代
    1 中外の比較
    2 進化の中核

第5章 官話と和文 —— 梁啓超の言語意識
    1 母 語
    2 粤語と広東
    3 漢民族意識と文言そして官話
    4 日本語

  第Ⅲ部 清末=明治の漢文脈

第6章 小説の冒険 —— 政治小説とその華訳をめぐって
    1 『佳人之奇遇』の華訳
    2 〈小説〉の文体
    3 『経国美談』の様式
    4 〈正史〉と〈小説〉
    5 〈小説〉の〈近代〉

第7章 『浮城物語』の近代
    1 新聞紙の小説
    2 「報知叢談」から「報知異聞」へ
    3 ルビと挿図
    4 自叙体

第8章 明治の游記 —— 漢文脈のありか
    1 『木屑録』
    2 作文の手本
    3 景・史・志
    4 『航西日記』
    5 漢文脈のゆくえ

第9章 越境する文体 —— 森田思軒論
    1 欧文直訳体
    2 意趣と風調
    3 漢文脈の核心

  第Ⅳ部 今体文のメディア

第10章 『記事論説文例』—— 銅版作文書の誕生
    1 『記事論説文例』
    2 銅版印刷
    3 作文書の系譜
    4 模倣と普及

第11章 作文する少年たち ——『穎才新誌』創刊のころ
    1 『学庭拾芳録』
    2 『穎才新誌』
    3 作文の虚実

終 章 象徴としての漢字 —— フェノロサと東洋
    1 日本美術との邂逅
    2 フェノロサの文学観
    3 詩の媒体としての漢字考


受 賞


書 評


関連書


関連キーワードの一覧


関連カテゴリーの一覧


各オンライン書籍販売サービスサイトからも書籍は購入できます。

近刊案内

2019年11月22日出来予定

ピグー 財政学

本郷 亮 訳
A5判・上製・344頁
価格  6,300円
ISBN 978-4-8158-0969-0
Cコード 3033

2019年11月28日出来予定

引揚・追放・残留

蘭 信三・川喜田敦子・松浦雄介 編
A5判・上製・352頁
価格  5,400円
ISBN 978-4-8158-0970-6
Cコード 3031

近刊書籍の予約を受け付けております。予約をご希望の方は、上の「予約の受付ページへ」をクリックして受付ページへリンクしていただき、そこでご予約の手続きをお願いいたします。刊行次第、商品を発送いたします。

重版案内

2019年11月14日出来

ものづくり日本経営史

粕谷 誠 著
A5判・並製・502頁
価格  3,800円
ISBN 978-4-8158-0715-3
Cコード 3034

2019年11月8日出来

質的研究の考え方

大谷 尚 著
菊判・並製・416頁
価格  3,500円
ISBN 978-4-8158-0944-7
Cコード 3036

購入について

書籍を購入される方は以下の注文受付ページから必要事項をご記入の上ご注文下さい。

また、個別の書籍紹介ページ上からもご購入いただけます。ご購入に関する詳細については、下の「購入についての説明」をクリックして、説明をご覧ください。

その他の書籍購入方法

小会刊行の書籍は以下のオンラインショップでも取り扱っております。

お問い合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

TEL:052-781-5027

FAX:052-781-0697


ページの先頭へ戻る