書籍紹介

書史・書論

日本書史

石川九楊 著

書籍のカバー画像

書籍を注文する

価格 15,000円
判型 A4判・上製函入
ページ数 632頁
刊行年月日 2001年
在庫状況 在庫有り
ISBNコード 978-4-8158-0405-3
Cコード C3071


書籍の内容

東アジアの文化の根底をなす書は、「弧島」の舞台でいかなる劇を繰り広げたのか? 書を筆蝕の美学と捉える視点から、古代から明治初年までの代表的作品に定着された精神の軌跡を、その表現に即してひとつひとつ丹念に明らかにし、それを通じて日本書史の全体像を提示した、著者のライフワーク。

《推薦のことば》

続篇『近代書史』へはこちらから


書籍の目次

序 章 書の見かた
     途中乗車し、途中下車した日本の書史は何を描き出したか
     書から見た日本史の時代区分

   第一部 中国時代

第1章 金印論――日本語の形成   「漢委奴国王印」
第2章 弧島中国時代の宛字遺品   張安「江田船山古墳出土鉄刀銘」
第3章 古風とやさしさと   聖徳太子「法華義疏」
第4章 大陸・半島・倭――入り乱れた書風   「宇治橋断碑」

   第二部 擬似中国時代

第5章 大陸と連動する書   「金剛場陀羅尼経」
第6章 大陸中央級の写経   「和銅五年長屋王願経」
第7章 繊細さと、構想の大きさ   聖武天皇「雑集」
第8章 意志の化成   光明皇后「楽毅論」
第9章 仮名文字創製への苦悩   「万葉仮名文書」
第10章 敬虔な学徒   最澄「久隔帖」
第11章 少年の書   空海「風信帖」
第12章 中国への異和   空海「益田池碑銘」
第13章 奇怪の書   嵯峨天皇「光定戒牒」
第14章 日本書史上の絶品   橘逸勢「伊都内親王願文」

   第三部 日本時代(Ⅰ)

第15章 無法の書と女手   醍醐天皇「白楽天詩句」
第16章 書の『古今和歌集』   小野道風「屏風土代」
第17章 繊細・優美な日本語の姿   藤原佐理「詩懐紙」
第18章 日本文字の完成   藤原行成「白楽天詩巻」
第19章 日本語の声づくりの歌   「自家集切」
第20章 詩型をもって現れた和歌   「秋萩帖」
第21章 「女手」の典型   「高野切第一種」
第22章 滋味の書   「高野切第二種」
第23章 まばゆい速度に主律された女手   「高野切第三種」
第24章 仮名文字の文法   「寸松庵色紙」(上)
第25章 仮名の典型   「寸松庵色紙」(中)
第26章 言葉と構成   「寸松庵色紙」(下)
第27章 冊子に書かれた和歌   「継色紙」
第28章 危険な仮名書   「升色紙」
第29章 典型を超える魅惑の地平   「関戸本古今集」
第30章 古典期を脱する速度感   「曼殊院本古今集」
第31章 「訓」の字姿   「粘葉本和漢朗詠集」
第32章 「ゝ」のひねり   「小島切」
第33章 新しい段階の女手   「香紙切」
第34章 姿を現し始めた筆者   「紙撚切」
第35章 『古今和歌集』以後   「針切」
第36章 おおどかな世界   「西本願寺本三十六人集」
第37章 「序・破・急」の美学   「源氏物語絵巻」
第38章 絵は文字になり   藤原伊行「葦手下絵和漢朗詠集」
第39章 文字は絵になり   「葦手歌切」
第40章 文字の意匠   「伊勢物語切」
第41章 『古今和歌集』と『千載和歌集』の間   西行「一品経和歌懐紙」
第42章 女手の写経   「法華経方便品(竹生島経)」
第43章 崩れゆく骨格   「平家納経(安楽行品)」
第44章 登場した「角度」   藤原俊成「昭和切」
第45章 作者の誕生   藤原俊成「日野切」
第46章 筆記の書   藤原定家「近代秀歌」
第47章 律動の失調に隠された謎   藤原定家「小倉色紙」
第48章 「仮名文」と美学――女房奉書論

   第四部 日本時代(Ⅱ)
 
第49章 日本語の字姿   後鳥羽上皇「熊野懐紙」
第50章 民衆の登場と「書きつける」書   親鸞「正像末和讃」
第51章 熱狂の書   日蓮「神国王御書」
第52章 直球の連投、交えられる変化魔球   道元「普勧坐禅儀」
第53章 新しい中国書の流入と定着   一山一寧「雪夜作」
第54章 親中国と脱中国の二面の書   虎関師錬「花屋号」
第55章 仮面の表現   雪村友梅「梅花詩」
第56章 和漢折衷の書   宗峰妙超「渓林偈」
第57章 流儀書道の誕生   尊円親王「大覚寺結夏衆僧名単」
第58章 孤絶した中世禅僧の書   一休「虚堂和尚普説語」
第59章 掛軸の原風景   江月宗玩「年々好日々好」
第60章 近世墨蹟の行手を暗示   隠元「三幅対」、即非「双幅」
第61章 意匠の書   本阿弥光悦「鶴下絵三十六歌仙和歌巻」
第62章 「散文」の思想   近衛信尹「六義屏風」
第63章 流儀書道の良品   松花堂昭乗「三十六歌仙色紙」

   第五部 日本時代(Ⅲ)

第64章 古典と歴史の発見   近衛家熙「萬代帖」
第65章 江戸期の西行   松尾芭蕉「かしまの記巻」
第66章 書ならざる書   白隠「巌頭和尚語」
第67章 伸縮自在の絡繰細工   寂厳「飲中八仙歌」
第68章 筆蝕の直接性と不立文字   慈雲「常在霊鷲山」
第69章 円相・方相・三角相   仙厓「○△□」
第70章 散文の世界   与謝蕪村「俳仙群会図自画賛」
第71章 漢詩の蕪村   池大雅「徐文長詩四種」
第72章 「懶し」の構造   良寛「七言詩二篇」
第73章 骨格の構築   北島雪山「花竹琴書詩酒詩」
第74章 「唐様」の書の実力   頼山陽「修史偶題」
第75章 近代書道家の嚆矢   市河米庵「清人詩」
第76章 唐様の仮面をつけた御家流   巻菱湖「白楽天賀劉蘇州恩賜金紫」
第77章 書斎の書:貫名海屋「白玉井銘并叙」

終 章 新たな段階への扉


書籍の受賞歴紹介


書評紹介


この著者の他の書籍の紹介


関連書籍の紹介


関連キーワードの一覧


関連カテゴリーの一覧


各オンライン書籍販売サービスサイトからも書籍は購入できます。

近刊案内

2017年10月25日出来予定

経済成長の日本史

高島正憲 著
A5判・上製・350頁
価格  5,400円
ISBN 978-4-8158-0890-7
Cコード 3033

2017年11月1日出来予定

イスラームのロシア

長縄宣博 著
A5判・上製・440頁
価格  6,800円
ISBN 978-4-8158-0888-4
Cコード 3022

近刊書籍の予約を受け付けております。予約をご希望の方は、上の「予約の受付ページへ」をクリックして受付ページへリンクしていただき、そこでご予約の手続きをお願いいたします。刊行次第、商品を発送いたします。

購入について

書籍を購入される方は以下の注文受付ページから必要事項をご記入の上ご注文下さい。

また、個別の書籍紹介ページ上からもご購入いただけます。ご購入に関する詳細については、下の「購入についての説明」をクリックして、説明をご覧ください。

その他の書籍購入方法

小会刊行の書籍は以下のオンラインショップでも取り扱っております。

お問い合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

TEL:052-781-5027

FAX:052-781-0697


ページの先頭へ戻る