書籍紹介

経営・経済

ものづくりの寓話

フォードからトヨタへ
和田一夫 著

書籍のカバー画像

書籍を注文する

価格 6,200円
判型 A5判・上製
ページ数 628頁
刊行年月日 2009年
在庫状況 在庫有り
ISBNコード 978-4-8158-0621-7
Cコード C3034


内 容

「原点」を問い直す。—— 日本で自動車の大量生産はいかにして成し遂げられたのか。誤解に満ちたフォード・システムの実態を明らかにすることからはじめ、その日本への導入について考察。事実を見つけ出し一つひとつ積み上げていくことで、出来合いのイメージの向こうから、トヨタが構築してきた生産方式のまったく新たな相貌が浮かび上がる。


目 次

 はじめに

第1章 フォード・システムの寓話
     —— 模倣すべきフォード・システムとは何だったのか?

    1 なぜ「フォード・システム」を再考するのか?
    2 「フォード・システム」はどのように理解されてきたのか?
    3 静止式組立方式がもたらした成果と限界
    4 移動式組立ライン導入の経過とその効果
    5 工場群としての「フォード・システム」
    6 なぜフォードT型は生産を終えたのか?
    7 コンベヤーの導入が変えたもの —— 工場そのもの
    8 フォード・システムとは何だったのか?

第2章 「フォード・システム」の日本への受容
    1 フォード社による「フォード・システム」の広報
    2 日本における「フォード・システム」の受容
    3 航空機生産工程における「流れ作業」方式
    4 戦後の展開 —— 推進区制方式の提唱と限界
    5 1950年代初頭の日本におけるフォード・システム受容の到達点

第3章 自動車事業におけるフォード・システム移転の試み
     —— 自動車製造の「流れ作業」的編成に向けて

    1 フォード・システムを移転しようとした企業者と企業はいつ出現したのか?
    2 互換性部品の重要性はどのように認識され、実践されたのか?
       ——「許容公差」概念の認識から、その製造への実践
    3 自動車製造事業創設の試み
       —— 小規模な自動車生産体制の構築
    4 疑似的「流れ作業」方式の模索

第4章 自動車事業における流れ作業への模索
     —— 製造現場データの把握とその利用

    1 製造現場の改革と労働争議は無関係だったのか?
    2 1950年労働争議前後の状況
    3 製造現場の実態把握へ

第5章 経営陣の渡米とその影響
     —— 混流生産とパンチカード、マテリアル・ハンドリング

    1 混流生産の「発見」とそれによる着想
    2 「マテリアル・ハンドリング」の重要性の認識
       —— 経営陣の渡米による第二の成果

第6章 ダイヤ運転からジャスト・イン・タイム、「かんばん方式」へ
    1 日本における運搬管理 —— ダイヤ運転
    2 スーパーマーケット方式の導入
    3 人材育成と「かんばん」の導入

終 章 最適な生産規模と立地を求めて
     ——「部品表」の完成

 注
 あとがき
 索 引


受 賞


書 評


完結編『ものづくりを超えて』


著者の既刊書


関連書


関連キーワードの一覧


関連カテゴリーの一覧


各オンライン書籍販売サービスサイトからも書籍は購入できます。

近刊案内

2019年5月8日出来予定

外交と移民

上 英明 著
A5判・上製・368頁
価格  5,400円
ISBN 978-4-8158-0948-5
Cコード 3022

2019年5月14日出来予定

チャールズ・テイラーの思想

ルース・アビィ 著
梅川佳子 訳
A5判・上製・332頁
価格  4,500円
ISBN 978-4-8158-0947-8
Cコード 3010

近刊書籍の予約を受け付けております。予約をご希望の方は、上の「予約の受付ページへ」をクリックして受付ページへリンクしていただき、そこでご予約の手続きをお願いいたします。刊行次第、商品を発送いたします。

購入について

書籍を購入される方は以下の注文受付ページから必要事項をご記入の上ご注文下さい。

また、個別の書籍紹介ページ上からもご購入いただけます。ご購入に関する詳細については、下の「購入についての説明」をクリックして、説明をご覧ください。

その他の書籍購入方法

小会刊行の書籍は以下のオンラインショップでも取り扱っております。

お問い合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

TEL:052-781-5027

FAX:052-781-0697


ページの先頭へ戻る