書籍紹介

歴史・経済・経営

満鉄経営史

株式会社としての覚醒
平山 勉 著

書籍のカバー画像

書籍を注文する

価格 9,500円
判型 A5判・上製
ページ数 520頁
刊行年月日 2019年
在庫状況 未刊
ISBNコード 978-4-8158-0945-4
Cコード C3021


内 容

満州経営の全方位的担い手とみなされた巨大植民地企業が、国策会社化の挫折と満州国成立後の解体的再編をへて、鉄道を主軸とした市場志向の企業として覚醒する姿を、株式市場への対応からとらえ、終戦まで異例の高収益企業であり続けたメカニズムを解明、日本帝国主義の先兵とする満鉄理解を大きく書き換える。


目 次

 凡 例

序 章 満鉄の歴史的位置づけを問いなおす
    1 侵略と支配の歴史研究から
    2 地域史の中の中国東北
    3 満鉄史研究
    4 本書の課題と分析視角

  第Ⅰ部 「国策会社」としての挫折

第1章 満鉄経営を担った人々
     —— 課長級以上社員の分析
    はじめに
    1 満鉄の組織と人事異動
    2 満鉄社員会の制度と本部役員人事
    3 社員会機関誌『協和』の特性
    おわりに

第2章 社員の経営参画
     —— 課長級以上の人事異動と社員会の活動
    はじめに
    1 満鉄社員会の設立
    2 1930年職制改正と満州事変
    3 満鉄改組問題と東京支社
    4 社員会の体制化
    5 満州重工業の設立
    おわりに

第3章 「国策会社」の統計調査
     —— 慣習的方法による達成と限界
    はじめに
    1 後藤新平という端緒 —— 調査活動の始まり
    2 調査活動の拡大
    3 統制政策立案への挑戦
    4 調査基盤の脆弱性
    5 調査活動の専業化
    6 調査方法の改善と失敗
    7 国策調査との不協和 —— 満鉄調査の硬直性
    おわりに

  第Ⅱ部 株式市場の中の満鉄

第4章 満鉄の資金調達と民間株主
     —— 1933年増資とその制度的前提
    はじめに
    1 満鉄と株主の良好な関係
    2 1933年増資と第二新株の発行
    おわりに

第5章 満鉄改組と株式市場
     —— 変動する民間株主と満鉄の対応
    はじめに
    1 第二新株発行後の民間株主の動態
    2 満鉄株の放出と引受の要因
    3 株主の声と経営の合理化
    おわりに

第6章 株式市場の拡大と零細株主の参入
     —— 満鉄株をめぐる訴訟の分析
    はじめに
    1 事件と訴訟の経過
    2 法廷の外の原告と被告
    3 株式市場の拡大の「実態」
    おわりに

第7章 経済統制下の満鉄経営
     —— 1940年増資と株式市場からの反応
    はじめに
    1 統制の展開と満鉄の増資
    2 株主と東京支社の認識
    3 満鉄の相対的位置の変化
    おわりに

終 章 「調査部史観」を超えて
    1 各章の概要
    2 本書の成果

 巻末付表
 文献一覧
 あとがき
 図表一覧
 索 引


関連書


関連キーワードの一覧


関連カテゴリーの一覧


各オンライン書籍販売サービスサイトからも書籍は購入できます。

近刊案内

2019年3月22日出来予定

海軍技術者の戦後史

沢井 実 著
A5判・上製・256頁
価格 4,500円
ISBN 978-4-8158-0943-0
Cコード 3021

2019年3月25日出来予定

質的研究の考え方

大谷 尚 著
菊判・並製・416頁
価格 3,500円
ISBN 978-4-8158-0944-7
Cコード 3036

2019年3月28日出来予定

満鉄経営史

平山 勉 著
A5判・上製・520頁
価格 9,500円
ISBN 978-4-8158-0945-4
Cコード 3021

近刊書籍の予約を受け付けております。予約をご希望の方は、上の「予約の受付ページへ」をクリックして受付ページへリンクしていただき、そこでご予約の手続きをお願いいたします。刊行次第、商品を発送いたします。

購入について

書籍を購入される方は以下の注文受付ページから必要事項をご記入の上ご注文下さい。

また、個別の書籍紹介ページ上からもご購入いただけます。ご購入に関する詳細については、下の「購入についての説明」をクリックして、説明をご覧ください。

その他の書籍購入方法

小会刊行の書籍は以下のオンラインショップでも取り扱っております。

お問い合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

TEL:052-781-5027

FAX:052-781-0697


ページの先頭へ戻る