書籍紹介

経済・金融

ポンドの苦闘

金本位制とは何だったのか
金井雄一 著

書籍のカバー画像

書籍を注文する

価格 4,800円
判型 A5判・上製
ページ数 232頁
刊行年月日 2004年
在庫状況 在庫有り
ISBNコード 978-4-8158-0479-4
Cコード C3033


書籍の内容

両大戦間期イギリスで、戦争、恐慌などの曲折を経て最終的に放棄された金本位制の実態を、イングランド銀行金融政策の精査により解明、今日のマネタリズムにも忍び込む金本位制神話を解体して金融政策の本質に迫るとともに、戦後へと続く戦間期の資本主義史に新たな展望を拓く労作。


書籍の目次

序 章

第1章 1914年恐慌と金本位制下の金貨流通
     はじめに
     Ⅰ 1914年恐慌の経緯
     Ⅱ カレンシー・ノートの発行とその流通増大
     Ⅲ 金貨の回収と金貨流通の消滅
     小 括

第2章 金本位復帰と金本位制下の為替操作
     はじめに —— 両大戦間期再検討の意義
     Ⅰ 金本位復帰に至る経緯
     Ⅱ 金貨本位制の廃止=金地金本位制への移行としての金本位 「復帰」
     Ⅲ 金本位復帰の効果
     Ⅳ バンク・レート政策から為替操作へ
     小 括

第3章 「1928年カレンシー・ノートおよび銀行券法」 と金本位制下の通貨管理
     はじめに —— 「1928年法」 検討の意義
     Ⅰ 通貨発行統合と屈伸制限制移行に潜む問題
     Ⅱ 低額面銀行券と金貨
     Ⅲ 保証準備発行額増減規定と金本位制下における通貨管理
     小 括

第4章 金本位停止と金本位制の本質
     はじめに
     Ⅰ 金本位停止の経緯
     Ⅱ ポンド危機への政府・イングランド銀行の対応
     Ⅲ 金本位停止=放棄下の財政・金融政策
     小 括 —— 金本位制とは何だったのか

第5章 為替平衡勘定の創設と内外均衡の遮断
     はじめに
     Ⅰ 為替平衡勘定創設の経緯
     Ⅱ 為替平衡勘定の目的と仕組み
     Ⅲ 為替操作の実態
     小 括

第6章 金本位放棄後の国際通貨ポンドと為替管理の導入
     はじめに
     Ⅰ スターリング・ブロックの機能と国際通貨ポンド
     Ⅱ 外国為替相場の国際的調整の試みとその破綻
     Ⅲ 「1939年カレンシー・ノートおよび銀行券法」 と第二次大戦勃発による
        為替管理の導入
     Ⅳ 国際通貨体制再建構想におけるケインズ案
     小 括 —— 国際通貨ポンドの衰退

終 章


著者の他の書籍の紹介 (著者の三部作)


関連書籍の紹介


関連キーワードの一覧


関連カテゴリーの一覧


各オンライン書籍販売サービスサイトからも書籍は購入できます。

近刊案内

2017年3月1日出来予定

ポスト・ケインズ派経済学

鍋島直樹 著
A5判・上製・352頁
価格  5,400円
ISBN 978-4-8158-0862-4
Cコード 3033

近刊書籍の予約を受け付けております。予約をご希望の方は、上の「予約の受付ページへ」をクリックして受付ページへリンクしていただき、そこでご予約の手続きをお願いいたします。刊行次第、商品を発送いたします。

購入について

書籍を購入される方は以下の注文受付ページから必要事項をご記入の上ご注文下さい。

また、個別の書籍紹介ページ上からもご購入いただけます。ご購入に関する詳細については、下の「購入についての説明」をクリックして、説明をご覧ください。

その他の書籍購入方法

小会刊行の書籍は以下のオンラインショップでも取り扱っております。

お問い合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

TEL:052-781-5027

FAX:052-781-0697


ページの先頭へ戻る