書籍紹介

社会・科学

誰が科学技術について考えるのか

コンセンサス会議という実験
小林傳司 著

書籍のカバー画像

書籍を注文する

価格 3,600円
判型 四六判・上製
ページ数 422頁
刊行年月日 2004年
在庫状況 在庫有り
ISBNコード 978-4-8158-0475-6
Cコード C3040


内 容

専門家や行政は信用できない? 素人は何もわかっていない? —— 社会の中の科学技術のあり方をめぐって専門家と市民が対話する「コンセンサス会議」。日本で初めて行われた新しいスタイルの試みを紹介し、その背景や科学技術をめぐる公共空間の行方について考える。


目 次

 はじめに

第1章 「コンセンサス会議」という実験
    1 きっかけ
    2 準備は進む
    3 市民パネル
    4 遺伝子治療!? 何や、それ?

第2章 専門家と素人の対話
    1 デンマーク型のコンセンサス会議
    2 時間が足りない
    3 専門家の説明
    4 遺伝子治療の安全性と危険性をめぐる討論
    5 インフォームド・コンセント文書をめぐって
    6 専門家の衝撃
    7 科学論者の勇み足
    8 公開シンポジウム
    9 その後 —— 新たな出発に向けて

第3章 社会の変化
     —— 1970年以降の日本
    1 「征服」から「従う」へ
    2 1970年代とは
    3 ものを言う人々の出現
    4 保身と批判の二面性
    5 トランス・サイエンスの出現
    6 「憂慮する人々」の出現

第4章 農水省のコンセンサス会議
    1 コンセンサス会議への注目
    2 不安の中での出発
    3 市民パネルは集まるか
    4 コンセンサス会議始まる
    5 第二回準備会合 ——「鍵となる質問」

第5章 会議は踊ったか
    1 本会議の準備
    2 本会議始まる
    3 「市民の考えと提案」取りまとめ —— やっぱり時間が足りない
    4 専門家と市民パネルの対話 —— 何が議論されたのか

第6章 参加の政治学
     —— コンセンサス会議の意味
    1 コンセンサス会議の課題
    2 コンセンサス会議の意味
    3 参加の政治学

資料1 「遺伝子治療を考える市民の会議」の意見
資料2 「高度情報社会 —— とくにインターネットを考える市民の会議」スケジュール
資料3 市民パネル報告書
資料4 「遺伝子組換え農作物を考えるコンセンサス会議」の応募者内訳
資料5 市民の考えと提案(コンセンサス会議の結論)

 あとがき


受 賞


書 評


関連書


関連キーワードの一覧


関連カテゴリーの一覧


各オンライン書籍販売サービスサイトからも書籍は購入できます。

近刊案内

2019年2月28日出来予定

〈概念工学〉宣言!

戸田山和久・唐沢かおり 編
A5判・上製・292頁
価格 3,600円
ISBN 978-4-8158-0941-6
Cコード 3010

近刊書籍の予約を受け付けております。予約をご希望の方は、上の「予約の受付ページへ」をクリックして受付ページへリンクしていただき、そこでご予約の手続きをお願いいたします。刊行次第、商品を発送いたします。

購入について

書籍を購入される方は以下の注文受付ページから必要事項をご記入の上ご注文下さい。

また、個別の書籍紹介ページ上からもご購入いただけます。ご購入に関する詳細については、下の「購入についての説明」をクリックして、説明をご覧ください。

その他の書籍購入方法

小会刊行の書籍は以下のオンラインショップでも取り扱っております。

お問い合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

TEL:052-781-5027

FAX:052-781-0697


ページの先頭へ戻る