書籍紹介

経済

グリーンスパンの隠し絵 【上巻】

中央銀行制の成熟と限界
村井明彦 著

書籍のカバー画像

書籍を注文する

価格 3,600円
判型 A5判・上製
ページ数 326頁
刊行年月日 2017年
在庫状況 在庫有り
ISBNコード 978-4-8158-0869-3
Cコード C3033

書籍画像のサムネール書籍画像のサムネール

書籍の内容

揺れ動く金融政策。何が正しいのか。前人未到の長期安定を実現したアメリカ中央銀行総裁が中央銀行制を嫌っていたのは何故か。神話の陰に隠れたその思想と行動を初めて経済学的に解明、現代経済学の枠組みを再設定した画期的労作。上巻では、若き日の遍歴から「大平準」までをたどる。


書籍の目次

はじめに
      グリーンスパンという神話
      リバタリアンの中央銀行家?
      背景としての大陸経済学
      本書の構成とねらい

  第Ⅰ部 グリーンスパンのアイン・ランド・コネクション

第1章 我あり、ゆえに我思う
    1 マンハッタン・マン
      輪中都市に生まれて
      音楽と数学に魅かれて
    2 我あり、ゆえにわれ思う
      アイン・ランドとは誰か
      ランド哲学の要諦
      理性の復権
      人間の本源的利己性
      取引者がつくる資本主義社会
    3 資本主義はまだ成立していない
      経済学者の裏切り
      部族主義なる古代の遺物
    4 葬儀屋の反デカルト的転回
      自分の存在を疑う葬儀屋
      葬儀屋とランドの対立と融和
      批判からランドを護るグリーンスパン

第2章 中央銀行を嫌う中央銀行家の肖像
    1 ニューヨークのリバタリアン・コネクション
      ニューヨークに集う大陸知識人たち
      NBI(ブランデン研究所)
      オーストリア学派とランド
    2 「自由社会の経済学」の反連邦準備論
      師グリーンスパン
      「自由社会の経済学」講義
    3 「金と経済的自由」の金本位制論
      論文「金と経済的自由」
      大恐慌を生んだ連邦準備
      金本位制と福祉国家の二律背反
      中央銀行が大嫌いな未来の中央銀行総裁
    4 パークスとの対話
      フェドスピークと日常語
      そんなことを聞きたがる人間はいませんよ
    5 ロン・ポールとの議会討論
      擬似金本位制
      オーストリア学派を讃えるグリーンスパン

第3章 グリーンスパンの資本理論
    1 商学的経済学
      経済分析への船出
      ユニークなマクロ経済学観
    2 利子率と景気循環
      中世から続く利子理論の伝統
      ABCT の概要
    3 論文「株価と資本価値評定」
      将来割引率
      論文「株価と資本価値評定」
    4 グリーンスパンとケインズの距離
      流動性選好と資本の限界効率
      ケインズと違う株価決定論
      ケインズと違う完全雇用仮定
    5 ミーゼス理論と「株価と資本価値評定」
      グリーンスパンの資本理論
      ABCT 発展の試み

補論1 二つの経済学
    1 二つの限界原理
      従来の経済学史の盲点
      限界革命における視点の相違
      メンガーの革新性
    2 限界革命の革命限界
      等価交換など存在しない
      アリストテレスの呪縛
      限界革命における主観性の欠如
      ワルラスの場合
      限界革命の革命限界
    3 均衡した循環、ERE(均等循環経済)
      英米経済学の単期合理性と静態効率
      一般一時均衡を超えて一般恒久均衡を確立した ERE
    4 ABCT(オーストリア学派景気循環論)
      貨幣に限界原理を適用するという問題
      不況期の無妨害市場と妨害市場

  第Ⅱ部 ワシントンでの二十一年

第4章 CEA と臨床経済学
    1 福祉国家と CEA
      アメリカの国難と CEA
      グリーンスパン、CEA 委員長に就任する
    2 EMMT(有効貨幣変動論)
      論文「金融理論の応用」
      議論の背景と要点
    3 1974年の景気後退と週間 GNP
      1974年に起きたこと
      グリーンスパンの診断
    4 大膨張下のフォードノミクス
      大膨張と投資の短期化
      ケインズは生まれる前に論駁されていた
      フォードノミクス
    5 フォード時代にあった新自由主義の起源
      フォードに信頼されるグリーンスパン
      響き合うフォードとグリーンスパン
    6 宿題としての金融政策
      グリーンスパンの大膨張分析
      政府や FRB を批判し代案を示す CEA 委員長

第5章 大平準
    1 予防的利上げと大平準
      大平準とは?
      FOMC での議論と予防的利上げ
    2 大平準とフリードマンの問い
      フリードマン、敗北を認める
      途方に暮れています
    3 マンキューの評価
      驚くべき安定性
      グリーンスパン不在のグリーンスパン論
    4 テイラー・ルールのパラドクス
      線形式型ルールの盲点
      数値は何を語るか?


『グリーンスパンの隠し絵』


書評紹介


関連書籍の紹介


関連キーワードの一覧


関連カテゴリーの一覧


各オンライン書籍販売サービスサイトからも書籍は購入できます。

近刊案内

2019年2月28日出来予定

〈概念工学〉宣言!

戸田山和久・唐沢かおり 編
A5判・上製・292頁
価格 3,600円
ISBN 978-4-8158-0941-6
Cコード 3010

近刊書籍の予約を受け付けております。予約をご希望の方は、上の「予約の受付ページへ」をクリックして受付ページへリンクしていただき、そこでご予約の手続きをお願いいたします。刊行次第、商品を発送いたします。

購入について

書籍を購入される方は以下の注文受付ページから必要事項をご記入の上ご注文下さい。

また、個別の書籍紹介ページ上からもご購入いただけます。ご購入に関する詳細については、下の「購入についての説明」をクリックして、説明をご覧ください。

その他の書籍購入方法

小会刊行の書籍は以下のオンラインショップでも取り扱っております。

お問い合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

TEL:052-781-5027

FAX:052-781-0697


ページの先頭へ戻る