書籍紹介

経済

アメリカ新古典派経済学の成立

J.B.クラーク研究
田中敏弘 著

書籍のカバー画像

書籍を注文する

価格 6,000円
判型 A5判・上製
ページ数 426頁
刊行年月日 2006年
在庫状況 在庫有り
ISBNコード 978-4-8158-0530-2
Cコード C3033


書籍の内容

シュンペーターにより 「アメリカ限界主義の父」 と呼ばれた、アメリカ近代経済学の創始者J.B.クラークの経済学の全体像と形成過程を、マーシャルやヴェブレンらとの関係を含め、新資料を踏まえて明らかにし、アメリカ新古典派経済学成立時の知的ドラマを描き出したライフワーク。


書籍の目次

序 章 ジョン・ベイツ・クラーク
       —— その人と業績

  第Ⅰ部 クラーク経済学の形成と展開

第1章 初期クラークの経済思想
       —— 『富の哲学』 を中心に
     1 はじめに
     2 クラーク経済学の歴史的背景
     3 クラークと倫理的先入観念
     4 『富の哲学』
     5 『富の哲学』 から 『富の分配』 へ

第2章 クラークの限界効用価値論
       —— 社会的有効効用価値論
     1 はじめに
     2 その形成過程 (1)
     3 その形成過程 (2)
     4 “The Ultimate Standard of Value”
     5 『富の分配』 における価値論 —— オーストリア学派価値論の修正
     6 むすび

第3章 クラーク限界生産力理論とその倫理的インプリケイション
     1 はじめに
     2 『富の分配』 の中心課題とクラークの問題意識
     3 クラークの限界生産力理論
     4 クラークの限界生産力的分配理論とその倫理的インプリケイションの問題

第4章 クラーク限界生産力的分配論の形成過程
     1 はじめに
     2 クラークにおける限界主義の展開
     3 限界生産力的分配理論の形成過程
     4 むすび

第5章 固有生産力的分配論をめぐる諸批判
       —— 限界生産力理論批判史のひとこま
     1 クラークの固有生産力的分配論
     2 固有生産力理論をめぐる反応と諸批判
     3 固有生産力的分配論の諸問題点

第6章 クラークにおける競争と独占
       —— 「J.B.クラーク問題」 と独占形成
     1 はじめに
     2 「J.B.クラーク問題」 とそれをめぐる諸見解
     3 クラークと独占形成 —— 「J.B.クラーク問題」 の一解釈

第7章 クラークの反独占政策論
       —— 1つの有効競争論
     1 クラークと独占
     2 潜在競争・有効競争と反独占政策論
     3 クラーク反独占政策論の影響
     4 クラーク反独占政策論の特質
     5 「クラーク問題」 と反独占政策論

第8章 「J.B.クラーク問題」の一解釈
       —— J.F.ヘンリーの所説にふれて
     1 「J.B.クラーク問題」 とその解釈をめぐって
     2 初期クラーク
     3 後期クラーク
     4 反独占政策論者としてのクラーク
     5 社会改革家クラーク
     6 むすびにかえて

  第Ⅱ部 経済学史におけるクラークの位置

第9章 クラークとマーシャル
       —— 未公表書簡を中心に
     1 はじめに
     2 マーシャル 『経済学原理』 (初版) に対するクラークの書評
     3 『経済学原理』 (初版) 以後の書簡による交流
     4 クラークとマーシャルの主要論点
     5 The Correspondence between Alfred Marshall and J.B. Clark

第10章 クラークとヴェブレン
     1 はじめに
     2 ヴェブレンのクラーク経済学批判
     3 戦争と平和の経済学 —— クラークとヴェブレン

第11章 クラークとヘンリー・ジョージ
     1 はじめに
     2 クラークによるジョージ批判の展開 (1)
     3 クラークによるジョージ批判の展開 (2)
     4 むすび

第12章 クラークとギディングズ
       —— 未公表往復書簡を中心に
     1 クラーク経済学の展開とギディングズ
     2 クラーク=ギディングズ未公表往復書簡の概要
     3 クラーク=ギディングズ往復書簡の経済学史的意義について
     4 クラーク経済学の展開とギディングズの役割
     5 今後の課題

第13章 パッテン、ギディングズ、クラーク
       —— パッテンのギディングズ宛自筆書簡を中心に
     1 パッテンのギディングズ宛自筆書簡について
     2 書簡にみられる重要な諸問題
     3 パッテンとギディングズ、クラーク
     4 SIMON NELSON PATTEN’S LETTERS TO FRANKLIN HENRY GIDDINGS, 1888-99

第14章 クラーク=ギディングズ往復書簡からみたクラーク経済学の展開過程
     1 往復書簡からみた理論経済学者としてのクラーク
     2 クラーク経済学の展開過程におけるギディングズの役割
     3 キリスト教社会主義、ヘンリー・ジョージの土地社会主義と進歩的自由主義


関連書籍の紹介


関連キーワードの一覧


関連カテゴリーの一覧


各オンライン書籍販売サービスサイトからも書籍は購入できます。

近刊案内

2017年9月28日出来予定

道教経典の形成と仏教

神塚淑子 著
A5判・上製・596頁
価格  9,800円
ISBN 978-4-8158-0885-3
Cコード 3014

2017年9月29日出来予定

地形現象のモデリング

遠藤徳孝・小西哲郎・西森 拓・水口 毅・柳田達雄 編
A5判・上製・288頁
価格  5,400円
ISBN 978-4-8158-0887-7
Cコード 3044

2017年10月16日出来予定

経済成長の日本史

高島正憲 著
A5判・上製・350頁
価格  5,400円
ISBN 978-4-8158-0890-7
Cコード 3033

近刊書籍の予約を受け付けております。予約をご希望の方は、上の「予約の受付ページへ」をクリックして受付ページへリンクしていただき、そこでご予約の手続きをお願いいたします。刊行次第、商品を発送いたします。

購入について

書籍を購入される方は以下の注文受付ページから必要事項をご記入の上ご注文下さい。

また、個別の書籍紹介ページ上からもご購入いただけます。ご購入に関する詳細については、下の「購入についての説明」をクリックして、説明をご覧ください。

その他の書籍購入方法

小会刊行の書籍は以下のオンラインショップでも取り扱っております。

お問い合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

TEL:052-781-5027

FAX:052-781-0697


ページの先頭へ戻る