書籍紹介

経済

日本の対外金融と金融政策

1914〜1936
伊藤正直 著

書籍のカバー画像

書籍を注文する

価格 6,000円
判型 A5判・上製
ページ数 372頁
刊行年月日 1989年
在庫状況 在庫有り
ISBNコード 978-4-8158-0125-0
Cコード C3033


内 容

本書は、両大戦間期わが国の貿易金融、資本移動、対外金融機関、通貨政策やそれらを媒介とした通貨、物価、金利等、対外金融と金融政策の構造・機能を精緻に分析して、国際金本位制の崩壊から世界恐慌をへてブロック経済にいたる日本経済の特質を浮彫りにする。続編『戦後日本の対外金融』への架橋となる、戦間期日本経済の精緻な実証分析。


目 次

第1章 第1次大戦下の構造変化

 第1節 国際収支の黒字転換と産業構造の変化
     国際収支の黒字転換
     産業構造の変化

 第2節 対外金融の構造転換と対外金融機関の展開
  1)輸出入の急増と外国為替・貿易金融
     貿易資本の急膨張
     国際金本位制の機能停止
   a)貿易資本の存在形態
     三井物産の取扱商品構成
     三井物産の資金調達
     二流貿易資本
     中小貿易資本
   b)貿易金融の構造
     外為・貿易金融機関の構成
     横浜正金銀行
     台湾銀行・朝鮮銀行
  2)経常収支の黒字化と正貨の累積
     大戦直前の正貨危機
     大戦中の正貨累積(1)—— 在外正貨
     大戦中の正貨累積(2)—— 国内正貨
     正貨政策と為替政策・通貨政策
  3)資本輸出の展開
     対欧米先進国公債投資
     対中国借款・投資
     投資機関(1)—— 横浜正金銀行
     投資機関(2)—— 3銀行(興銀・台銀・朝銀)
     投資機関(3)—— 東亜興業・中日実業・中華滙業銀行
     投資機関(4)—— 私的資本(三井物産、大倉組等)
     直接投資事業
     寺内・勝田の対中国投資政策
     投資原資

  4)対外金融機関の展開
     横浜正金銀行
     台湾銀行・朝鮮銀行
     都市銀行

 第3節 金本位制の停止と金融政策
  1)日銀・大蔵省預金部の対外金融施策
     対外金融施策の展開
     為替資金の供給(1)—— 横浜正金銀行
     為替資金の供給(2)—— 台湾銀行
     大蔵省預金部
  2)日銀券の発券構造
     正貨準備発行と保証準備発行
     日銀券増発のメカニズム
  3)金融市場の構造変化と金融政策
     金融市場の構造変化
     金融政策の枠組
     「銀行引受手形」制度と「スタンプ付手形」制度

第2章 1920年代の対外金融

 第1節 国際収支の赤字回帰と「慢性不況」
     国際収支の赤字回帰
     「慢性不況」と再建金本位制

 第2節 対外金融の再転換と対外金融機関の再編
  1)金本位停止の継続と「在外正貨」の食い潰し
     金解禁問題
     国際的圧力
     正貨の払下
     円為替投機の跳梁
  2)資本輸出の停滞と外資導入
     国債・地方債
     社債
     外資導入政策の推移
  3)対外金融機関の再編
     外為・貿易金融の取扱高構成
     貿易金融の内容
     横浜正金銀行
     都市銀行
     台湾銀行・朝鮮銀行(1)—— 資金運用
     台湾銀行・朝鮮銀行(2)—— 資金調達
     外為金融機関の再編

 第3節 金本位停止下の金融政策
  1)1920年代の日銀信用構造
     日銀信用の供給(1)—— 対外金融から内国金融へ
     日銀信用の供給(2)—— 20年代の対外金融
     金融機構の再編と日銀信用
     日銀信用の性格
  2)金融恐慌の帰結
     「変態的金融緩慢」
     金解禁への道

第3章 金解禁と昭和恐慌

 第1節 恐慌のインパクト
     解禁準備施策と「解禁恐慌」
     恐慌の本格化
     恐慌の打撃と対応(1)—— 軽工業
     恐慌の打撃と対応(2)—— 重化学工業
     恐慌の打撃と対応(3)—— 農業
     貿易構造の転換

 第2節 金本位維持政策とその破綻
  1)正貨流出の推移
     金解禁第1期
     金解禁第2期
     金解禁第3期
  2)金本位維持政策の破綻
     金本位維持の論理
     正貨の中央銀行への一元的集中
     日銀金本位維持政策の転換
     必死の円防衛策

第4章 1930年代の対外金融

 第1節 金輸出再禁止と景気回復
  1)景気回復と産業構造の重化学工業化
     恐慌からの脱出
     産業構造の重化学工業化
     対外経済関係の激変
  2)管理通貨制への移行
     管理通貨制への端緒的移行
     為替管理の諸形態
     為替低落・低位安定化の要因
     為替管理政策の推移
     外為管理法の意義と機能
     為替管理政策の影響

 第2節 ブロック経済化の進展と対外金融
  1)貿易の閉鎖化
     貿易収支の推移
     30年代貿易構造の特徴
     貿易の拡大要因と制約要因
  2)対植民地資本輸出の展開
     外資導入から資本輸出へ
     対満州投資
     対朝鮮投資
     植民地投資の意義と限界
  3)金・外貨投資の動向と対外金融機関
     国際収支の「均衡化」と外貨資金
     外為金融機関の編成
     横浜正金銀行の外貨資金

 第3節 高橋財政下の金融政策
  1)高橋財政下の日銀信用構造
     赤字公債日銀引受の開始
     国債日銀引受制度発足の経緯
     通貨政策・対外金融政策との関連
  2)市場管理政策から統制へ
     公債市中消化の限界
     外貨資金の涸渇

 むすび

 あとがき
 人名索引
 事項索引
 図表一覧


著者の既刊書



関連キーワードの一覧


関連カテゴリーの一覧


各オンライン書籍販売サービスサイトからも書籍は購入できます。

近刊案内

2019年11月22日出来予定

ピグー 財政学

本郷 亮 訳
A5判・上製・344頁
価格  6,300円
ISBN 978-4-8158-0969-0
Cコード 3033

2019年11月28日出来予定

引揚・追放・残留

蘭 信三・川喜田敦子・松浦雄介 編
A5判・上製・352頁
価格  5,400円
ISBN 978-4-8158-0970-6
Cコード 3031

近刊書籍の予約を受け付けております。予約をご希望の方は、上の「予約の受付ページへ」をクリックして受付ページへリンクしていただき、そこでご予約の手続きをお願いいたします。刊行次第、商品を発送いたします。

重版案内

2019年11月14日出来

ものづくり日本経営史

粕谷 誠 著
A5判・並製・502頁
価格  3,800円
ISBN 978-4-8158-0715-3
Cコード 3034

2019年11月8日出来

質的研究の考え方

大谷 尚 著
菊判・並製・416頁
価格  3,500円
ISBN 978-4-8158-0944-7
Cコード 3036

購入について

書籍を購入される方は以下の注文受付ページから必要事項をご記入の上ご注文下さい。

また、個別の書籍紹介ページ上からもご購入いただけます。ご購入に関する詳細については、下の「購入についての説明」をクリックして、説明をご覧ください。

その他の書籍購入方法

小会刊行の書籍は以下のオンラインショップでも取り扱っております。

お問い合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

TEL:052-781-5027

FAX:052-781-0697


ページの先頭へ戻る