書籍紹介

自然科学

ダム湖・ダム河川の生態系と管理

日本における特性・動態・評価
谷田一三・村上哲生 編

書籍のカバー画像

書籍を注文する

価格 税込6,160円/本体5,600円
判型 A5判・上製
ページ数 340頁
刊行年月日 2010年
在庫状況 在庫有り
ISBNコード 978-4-8158-0640-8
Cコード C3045

書籍画像のサムネール書籍画像のサムネール書籍画像のサムネール

内 容

陸水学・生態学・土木工学・環境科学などを総合した視点から、下流河川や周辺植生を含めた環境にダムが与える影響をトータルに把握し、その緩和策を探る初の成書。新規ダム建設の可否の議論のためにも、また既存ダムの運用やダム河川の管理のためにも、有用な知見を与えよう。


執筆者

(執筆順)

村上哲生 (序章・2章・13章)  福島路生 (8章)
岩田智也 (1章)        谷田一三 (9章)
伊佐治知明(2章)        中村智幸 (10章)
広谷博史 (3章)        青木伸一 (11章)
高村典子 (4章)        吉村千洋 (12章)
浅見和弘 (5章・15章)     程木義邦 (13章)
梅原 徹 (6章)        竹門康弘 (14章)
林 義雄 (7章)


目 次

序 章 日本のダム湖とダム河川
     1 ダム湖と天然湖との相違
     2 ダム湖の分類
     3 日本のダム陸水学研究の歴史
       —— 特に、世間の注目を集めた話題を中心に
     4 本書の構成

  第Ⅰ部 ダム湖内の物質循環

第1章 ダム湖における温室効果気体の生成・循環過程
     1 はじめに
     2 陸水域の炭素循環
     3 ダム湖の温室効果気体(GHG)
     4 ダム湖におけるGHG生成・循環過程
     5 今後の課題と展望

第2章 ダム湖内の栄養塩と一次生産
     1 はじめに
     2 ダム湖の形態、ダムの運用と一次生産
     3 栄養塩の形態分別とダム湖での挙動
     4 ダム湖の人為的富栄養化と水道の浄水処理への影響

第3章 ダム湖内のアルカリ性ホスファターゼ活性の分布と変動
     1 はじめに
     2 水圏のアルカリ性ホスファターゼ
     3 流入河川水とダム湖水中のAPAの季節変動
     4 サイズ分画中のAPA
     5 河川水のAPA
     6 ダム湖内APA鉛直分布の季節変動
     7 細菌のAPAと培養温度
     8 今後の課題と展望

第4章 ダム湖に出現するプランクトンの動態
     1 はじめに
     2 プランクトンを構成する生物
     3 沖帯の食物網構造
     4 プランクトンの量の応答
     5 プランクトンの分類群の応答
     6 プランクトンのサイズ構造の応答
     7 プランクトンの多様性の応答
     8 今後の課題と展望

  第Ⅱ部 ダム湖周辺の生態系

第5章 試験湛水ならびにダム運用後におけるダム湖周辺の植生の動態
     1 はじめに
     2 ダムのタイプと運用法
     3 日本のダム周辺と河川の植生
     4 湖畔の変化の様相
     5 貯水池上流端(ダムの流入部)の変化の様相
     6 今後の課題と展望

第6章 ダム湖周辺植生の保全・回復とモニタリング
     1 はじめに
     2 箕面川ダムと箕面の自然
     3 ダム計画から調査研究までの経緯
     4 調査研究と目標
     5 課題解決型実験の方法と結果
     6 実用化への道
     7 貯水池の植生モニタリングと結果
     8 今後の課題と展望

  第Ⅲ部 ダムによる生物の移動分断

第7章 ダムによる河川昆虫の個体群分断
     1 ヒゲナガカワトビケラの生活環
     2 ダムによる個体群の分断
     3 河川昆虫の遺伝的集団構造
     4 分子マーカーの選択
     5 三保ダムにおける河川昆虫の個体群分断効果検出の事例
     6 今後の課題と展望

第8章 ダムの分断による淡水魚類の多様性低下
     1 はじめに
     2 ダムと魚道、カルバート
     3 北海道でのダムによる淡水魚類の多様性低下
     4 ダムと外来魚
     5 今後の課題と展望

第9章 底面穴あきダムの生態学的可能性
     1 はじめに —— 穴あきダムとは
     2 益田川ダムの地理と背景
     3 ダムの上流側の実態
     4 ダムの下流側の実態
     5 穴あきダムの課題

第10章 渓流魚のための河川管理
      —— 繁殖促進と在来個体群保全
     1 はじめに
     2 堰堤やダムのある川でのサケ科魚類の生態
     3 自然繁殖促進のための河川管理 —— 堰堤・ダムの空間配置法
     4 在来個体群保全のための河川管理 —— 絶滅回避法
     5 今後の課題と展望

  第Ⅳ部 ダムの下流への影響

第11章 河川・海岸の土砂動態と土砂管理
     1 はじめに
     2 遠州灘海岸と天竜川
     3 海岸構造物の影響
     4 天竜川のダム再編とその影響の予測
     5 今後の土砂管理の課題

第12章 河川の有機物動態とダムの関係
     1 はじめに
     2 河川の有機物動態
     3 有機物動態からみた河川生態系
     4 ダムが有機物動態に与える影響 —— 揖斐川における事例
     5 今後の課題と展望

第13章 ダム下流河川における栄養塩・一次生産者の様相
     1 はじめに
     2 ダムの流出物による河川環境の変化
     3 河川の一次生産者への影響
     4 一次生産者の変化と魚類、水生昆虫
     5 今後の課題と展望

第14章 河床地形の生態機能とダム影響の軽減対策のあり方
     1 はじめに
     2 河床地形の生態機能
     3 貯水ダムによる河川の地形変化の影響と生態的変化
     4 貯水ダムの生態系影響を軽減する方途

第15章 ダム下流河川の植生の動態
     1 はじめに
     2 試験湛水後まもなくの影響
     3 ダム建設40年後の様相
     4 今後の課題と展望

 おわりに
 索 引


書 評


関連書


関連キーワードの一覧


関連カテゴリーの一覧


各オンライン書籍販売サービスサイトからも書籍は購入できます。

近刊案内

2021年4月14日出来予定

毛沢東論

中兼和津次 著
四六判・上製・440頁
税込3,960円/本体3,600円
ISBN 978-4-8158-1023-8
Cコード 3022

2021年4月23日出来予定

不定性からみた科学

吉澤 剛 著
A5判・上製・328頁
税込4,950円/本体4,500円
ISBN 978-4-8158-1025-2
Cコード 3040

近刊書籍の予約を受け付けております。予約をご希望の方は、上の「予約の受付ページへ」をクリックして受付ページへリンクしていただき、そこでご予約の手続きをお願いいたします。刊行次第、商品を発送いたします。

重版案内

2021年4月5日出来

社会思想の歴史

坂本達哉 著
A5判・並製・388頁
税込2,970円/本体2,700円
ISBN 978-4-8158-0770-2
Cコード 3010

2021年4月5日出来

科学技術をよく考える

伊勢田哲治・戸田山和久・調 麻佐志・村上祐子 編
A5判・並製・306頁
税込3,080円/本体2,800円
ISBN 978-4-8158-0728-3
Cコード 3040

2021年4月5日出来

細胞診断学入門[第三版]

社本幹博・越川 卓 監修
長坂徹郎・横井豊治 編
B5判・並製・318頁
税込6,930円/本体6,300円
ISBN 978-4-8158-0895-2
Cコード 3047

2021年3月11日出来

社会科学の考え方

野村 康 著
A5判・上製・358頁
税込3,960円/本体3,600円
ISBN 978-4-8158-0876-1
Cコード 3030

購入について

書籍を購入される方は以下の注文受付ページから必要事項をご記入の上ご注文下さい。

また、個別の書籍紹介ページ上からもご購入いただけます。ご購入に関する詳細については、下の「購入についての説明」をクリックして、説明をご覧ください。

その他の書籍購入方法

お問い合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

TEL:052-781-5027

FAX:052-781-0697


ページの先頭へ戻る