書籍紹介

朝鮮史・モンゴル史

モンゴル覇権下の高麗

帝国秩序と王国の対応
森平雅彦 著

書籍のカバー画像

書籍を注文する

価格 7,200円
判型 A5判・上製
ページ数 536頁
刊行年月日 2013年
在庫状況 在庫有り
ISBNコード 978-4-8158-0753-5
Cコード C3022

書籍画像のサムネール書籍画像のサムネール

書籍の内容

発展著しいモンゴル帝国史研究の成果をふまえ、高麗王朝の元との宗属関係の実態をかつてない水準で描き出す。「元寇」 の性格を規定した元-高麗関係の基本構造の解明により、またモンゴル帝国の周辺支配の最も緻密な実証例の提示によって、日本史、世界史にも新たな領域を開く画期的労作。


書籍の目次

序 章 高麗・元関係史研究の意義と課題
     1 高麗・元関係史研究の意義と本書の視座
     2 学説史とその問題点
     3 本書の構成

  第1編 モンゴル支配層のなかの高麗王家

第1章 駙馬高麗国王の誕生
      —— 元における高麗王の地位についての予備的考察
     1 問題の所在
     2 公主降嫁をめぐる高麗王家の率先帰服
     3 高麗に対する公主降嫁の事情
     4 駙馬から駙馬高麗国王へ
     5 小 結 —— 高麗王位下の成立

第2章 高麗王位下とその権益
      —— 大元ウルスの一分権勢力としての高麗王家
     1 問題の所在
     2 高麗王位下の権力組織
     3 投下領としての高麗本国
     4 高麗王の掃里
     5 瀋陽路の投下領
     6 小 結

第3章 高麗王家とモンゴル皇族の通婚関係に関する覚書
     1 問題の所在
     2 モンゴル帝室の通婚関係の諸形態
     3 高麗王家とモンゴル皇族の通婚過程
     4 通婚パターンの特徴
     5 小 結

第4章 元朝ケシク制度と高麗王家
      —— 高麗・元関係における禿魯花の意義に関連して
     1 問題の所在
     2 高麗王族のケシク参与に関連する史料用語
     3 ケシクとなった高麗王族の事例
     4 禿魯花の派遣とケシク参与との関係
     5 高麗・元関係におけるケシク制度の意義
     6 小 結

  第2編 相互連絡のインターフェースと高麗・元関係

第5章 高麗王とモンゴル官府・官人の往復文書
    はじめに
  Ⅰ 対元講和前の文書 —— 高麗王啓とモンゴル文直訳体文書
     1 問題の所在
     2 高麗側文書の差出名義と形式
     3 高麗側文書の歴史的文脈
     4 高麗史料からみたモンゴル官人の文書
     5 小 結 (1)
  Ⅱ 牒と咨のあいだ —— 高麗王と元朝中書省の往復文書
     1 問題の所在
     2 牒式文書
     3 咨式文書
     4 小 結 (2) —— 咨式外交文書成立試論

第6章 大元ウルスと高麗仏教
      —— 韓国・松広寺所蔵の元代チベット文法旨をめぐって
     1 問題の所在
     2 松広寺法旨の内容について
     3 松広寺法旨の発令年次と発給経緯について
     4 松広寺法旨の発給をめぐる時代背景
     5 小 結

第7章 高麗における元の站赤
      —— ルートの比定を中心に
     1 問題の所在
     2 站赤敷設問題の発生
     3 慈悲嶺以北の高麗西北部におけるルート
     4 慈悲嶺以南の高麗中・南部におけるルート
     5 西京~双城間のルート
     6 済州島~鴨緑江口間の水站ルート
     7 小 結 —— 高麗における站赤ルートの特色
     補 論

第8章 『賓王録』 にみる至元10年の遣元高麗使
     1 問題の所在
     2 李承休と 『動安居士文集』 ならびに 『賓王録』
     3 遣使の経緯と使節団の編成
     4 往復の道程
     5 燕京での迎接
     6 宮廷その他における儀礼
     7 高麗使が差し出す礼状
     8 小 結

  第3編 帝国における王国の存立

第9章 事元期高麗における在来王朝体制の保全問題
     1 問題の所在
     2 「世祖旧制」 論の検討
     3 在来体制保全の形式的枠組み
     4 「不改土風」 の内実
     5 小 結

終 章 元における高麗の機能的位置
      —— “帝国東方辺境の守り手” として
     1 問題の所在
     2 甲戌・辛巳の役と高麗
     3 高麗の “対日前線” 化
     4 モンゴル皇族との通婚背景
     5 交通・経済政策と王朝体制の保全
     6 まとめ —— ならびに高麗史における甲戌・辛巳の役の意義


書評紹介


関連書籍の紹介


関連キーワードの一覧


関連カテゴリーの一覧


各オンライン書籍販売サービスサイトからも書籍は購入できます。

近刊案内

2017年10月19日出来予定

イエズス会士と普遍の帝国

新居洋子 著
A5判・上製・424頁
価格  6,800円
ISBN 978-4-8158-0889-1
Cコード 3022

2017年10月25日出来予定

経済成長の日本史

高島正憲 著
A5判・上製・350頁
価格  5,400円
ISBN 978-4-8158-0890-7
Cコード 3033

2017年11月1日出来予定

イスラームのロシア

長縄宣博 著
A5判・上製・440頁
価格  6,800円
ISBN 978-4-8158-0888-4
Cコード 3022

近刊書籍の予約を受け付けております。予約をご希望の方は、上の「予約の受付ページへ」をクリックして受付ページへリンクしていただき、そこでご予約の手続きをお願いいたします。刊行次第、商品を発送いたします。

購入について

書籍を購入される方は以下の注文受付ページから必要事項をご記入の上ご注文下さい。

また、個別の書籍紹介ページ上からもご購入いただけます。ご購入に関する詳細については、下の「購入についての説明」をクリックして、説明をご覧ください。

その他の書籍購入方法

小会刊行の書籍は以下のオンラインショップでも取り扱っております。

お問い合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

TEL:052-781-5027

FAX:052-781-0697


ページの先頭へ戻る