書籍紹介

世界史

モンゴル時代の出版文化

宮 紀子 著

書籍のカバー画像

書籍を注文する

価格 9,500円
判型 A5判・上製
ページ数 754頁
刊行年月日 2006年
在庫状況 在庫有り
ISBNコード 978-4-8158-0526-5
Cコード C3022


書籍の内容

これまで 「暗黒時代」 とされてきたモンゴル時代 (元朝) の文化政策と出版活動を、東アジアへの広範な影響も視野にいれ、多領域にわたる一次資料にもと づきながら、書物・言語・挿絵・地図等にそくして再検討、漢文化とイスラームの知識が融合し、かつてない活況を呈した時代の実像を描きだす。


書籍の目次

序 章
     「貨郎図」 が語るもの
     元刊本の過小評価
     モンゴルの文化政策
     古典学の再生
     文学と歴史の間

   第Ⅰ部 モンゴル時代の 「漢語」 資料と絵本の登場

第1章 『孝経直解』 の出版とその時代
   1 はじめに
   2 大元ウルスの一大記念文化事業 —— 激動の大徳十一年
   3 『孝経』 の伝播 —— カラ・ホト文書から
   4 『孝経直解』 の挿絵をめぐって
     1) 『孝経直解』 の挿絵
     2) 趙孟頫と 『孝経図』
     3) 全相本 『孝経直解』 の後継
   5 大元ウルスと全相本
     1) 上図下文形式
     2) 『列女伝』 の出自
     3) 『図象孝経』 と 『列女伝図像』
   6 『孝経直解』 をめぐる人々
     1) 趙孟頫と貫雲石
     2) なぜ 『孝経』 なのか
   7 おわりに

第2章 鄭鎮孫と 『直説通略』
   1 はじめに
   2 『直説通略』 の文体
   3 監察御史鄭鎮孫とその周辺
     1) 鄭鎮孫と交友関係
     2) 大元ウルス治下の監察御史
     3) 『直説通略』 の出版経緯
   4 『歴代史譜』 と 『歴代蒙求纂註』
     1) 『歴代史譜』 と鄭鎮孫の中国史観
     2) 『歴代蒙求纂註』 と歴代歌
   5 モンゴル時代の通史
   6 『直説通略』 の資料ソースと編纂態度
     1) 全体の構成
     2) 『外紀』 との比較
     3) 『資治通鑑』 との比較
     4) 『直説通略』 と遼、金、宋史
     5) 『直説通略』 と 『十八史略』
   7 『直説通略』 と平話
   8 おわりに

第3章 モンゴル朝廷と 『三国志』
   1 はじめに
   2 祠廟の建設と加封
   3 『続後漢書』 の出版
   4 『蜀漢本末』 の出版
   5 『関王事蹟』 の出版
   6 おわりに
   附 モンゴル時代の説唱詞話 —— 花関索と楊文広

第4章 モンゴルが遺した 「翻訳」 言語 —— 旧本 『老乞大』 の発見によせて
   1 はじめに —— 直訳体と漢児言語の研究史
   2 金から大元ウルスにかけての口語漢語
     1) 南宋からみた華北の口語漢語
     2) 華北からみた口語漢語
   3 直訳体の登場
   4 高麗における直訳体の受容
   5 大明時代の翻訳システム —— モンゴルの遺産Ⅰ
     1) 明初期の国書
     2) 四夷館の翻訳
   6 李朝の語学教育 —— モンゴルの遺産Ⅱ
     1) 高昌偰氏と司訳院
     2) 大明国と朝鮮の冷たい外交 —— モノと言語の断絶
     3) モンゴル語教材について
   7 旧本 『老乞大』 —— むすびにかえて

  第Ⅱ部 大元ウルスの文化政策と出版活動

第5章 大徳十一年 「加封孔子制誥」 をめぐって
   1 はじめに
   2 加号の経緯
   3 立石の経緯
   4 詔書の日付
   5 おわりに

第6章 『廟学典礼』 箚記
   1 はじめに
   2 編纂者について
     1) 『歴代崇儒廟学典礼本末』
     2) 『聖朝通制孔子廟祀』
   3 『廟学典礼』 の挿絵
   4 おわりに

第7章 程復心 『四書章図』 出版始末攷 —— 江南文人の保挙
   1 はじめに
   2 儒学提挙司と粛政廉訪司 —— 文書その1
   3 翰林院の審査 —— 文書その2
   4 江南文人の保挙 —— 文書その3
   5 趙孟頫の貢献 —— 文書その4
   6 程復心とその周辺
   7 宮廷文人の対立 —— 李孟の実像
   8 出版とその後

第8章 「対策」 の対策 —— 科挙と出版
   1 はじめに
   2 「対策」 の王道 —— 江南文人をつくるもの
    2-1 まずは読む
     1) 『分年日程』
     2) 『学範』 ほか諸説
    2-2 文体の習得
     1) 『分年日程』
     2) 『学範』 ほか諸説
   3 現実の 「対策」 —— 模範答案に学ぶ
     1) 『三場文選』
     2) 『太平金鏡策』 附 『答策秘訣』
   4 対策の現実 —— 『丹墀独対』 に見る政書の流通と受容
     1) 『丹墀独対』 簡介
     2) 呉黼の書架
     3) 『大元通制』 再考
     4) 受験生の 「時務」 常識
   5 むすびにかえて

  第Ⅲ部 地図からみたモンゴル時代

第9章 「混一彊理歴代国都之図」 への道 —— 14世紀四明地方の 「知」 の行方
   1 はじめに
   2 清濬と李沢民
    2-1 「混一彊理図」 と清濬
     1) 『水東日記』 の諸版本
     2) 新発現の 「広輪疆理図」
     3) 清濬とその周辺
    2-2 「声教広被図」 と李沢民
     1) 『広輿図』 と 「大明混一図」 にみる原像
     2) 新出資料 「声教被化図」 をめぐって
   3 四明文人の地理知識 —— 時空を越えて
    3-1 大元ウルス治下の地図と地誌
     1) モンゴル朝廷の記念事業 —— あらたな 「世界」 の誇示
     2) 朱思本 「輿地図」 の位置
     3) 私家版 『一統志』
     4) 歴代の地理の沿革を知るために
     5) 空間と時間の混一
    3-2 類書の中の地図と地誌
     1) 胡三省のネタ本
     2) 『事林広記』 の正体
     3) 混一直後の地理情報
     4) 最新情報の導入 —— 「混一彊理歴代国都之図」 との連動
     5) 類書の構造と性格
     6) 『事林広記』 の享受者たち
     7) 明朝廷の哀しき 「勘違い」
   4 慶元 —— 中国・朝鮮・日本を結ぶ 「知」 の港
     1) 朝鮮半島の脅威
     2) 補陁洛迦信仰の流行
     3) 出版から見た文化交流
   5 「混一彊理歴代国都之図」 の誕生とその後
     1) 四明から朝鮮へ —— 二枚の地図は誰のもの?
     2) 天と地と
     3) なぜ1402年だったのか
     4) 朝鮮王朝の執念
     5) 朝鮮から日本へ —— 鍵は本妙寺にあり

終 章
     王振鵬のみた大都
     王族と絵本
     歴史資料としての陶磁器
     朱元璋の息子たち
     東アジア史の大元


受賞紹介


関連書籍の紹介


関連キーワードの一覧


関連カテゴリーの一覧


各オンライン書籍販売サービスサイトからも書籍は購入できます。

近刊案内

2017年5月12日出来予定

放射線と安全につきあう

西澤邦秀・柴田理尋 編
B5判・並製・248頁
価格  2,700円
ISBN 978-4-8158-0875-4
Cコード 3042

2017年5月16日出来予定

戦争国家イギリス

デービッド・エジャトン 著
坂出 健 監訳
松浦俊輔ほか訳
A5判・上製・470頁
価格  5,400円
ISBN 978-4-8158-0874-7
Cコード 3022

2017年5月17日出来予定

今夜ヴァンパイアになる前に

L.A. ポール著
奥田太郎・薄井尚樹 訳
A5判・上製・240頁
価格  3,800円
ISBN 978-4-8158-0873-0
Cコード 3010

近刊書籍の予約を受け付けております。予約をご希望の方は、上の「予約の受付ページへ」をクリックして受付ページへリンクしていただき、そこでご予約の手続きをお願いいたします。刊行次第、商品を発送いたします。

購入について

書籍を購入される方は以下の注文受付ページから必要事項をご記入の上ご注文下さい。

また、個別の書籍紹介ページ上からもご購入いただけます。ご購入に関する詳細については、下の「購入についての説明」をクリックして、説明をご覧ください。

その他の書籍購入方法

小会刊行の書籍は以下のオンラインショップでも取り扱っております。

お問い合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

TEL:052-781-5027

FAX:052-781-0697


ページの先頭へ戻る