書籍紹介

歴史

接続された歴史

インドとヨーロッパ
S. スブラフマニヤム 著  三田昌彦・太田信宏 訳

書籍のカバー画像

書籍を注文する

価格 5,600円
判型 A5判・上製
ページ数 392頁
刊行年月日 2009年
在庫状況 在庫有り
ISBNコード 978-4-8158-0614-9
Cコード C3022


内 容

世界規模の出来事が明確に意識されるようになった近世。オリエンタリズム論や構造論的アプローチを批判し、ムガルと西欧の交渉の現場で、人々の思惑と行動が複雑にからみあい事件が展開してゆく「接続」の有り様を丹念に解きほぐす。現在最も注目される歴史家の仕事を凝縮した一冊。


目 次

 凡 例
 単位・貨幣・船舶名について
 略 号
 まえがき

第1章 序 論
     —— 抑制された摩擦の時代のムガルと西欧

第2章 1546-65年の西インド洋交易世界
     —— ひとつの政治学的解釈

    はじめに
    スーラトの興隆
    オスマンの「脅威」
    西インドと紅海ルート
    結 論

第3章 ムガル朝治下グジャラートとイベリア世界
     —— 1580-81年の転換

    はじめに
    転換の文脈
    ムガル朝の視点
    1580-81年のインディア領
    1581-83年のグジャラート交易紛争
    結 論

第4章 1600年頃のポルトガル人とムガル朝とデカン政治
    はじめに
    ポルトガルとムガル朝
    ムガル朝の拡大とデカン地方
    「山上(モロ)」とその帰結
    ビジャープル王国という要因
    最終的な「解決」
    疑惑と疑問

第5章 スルタン・ブラーキー伝説とインディア領
     —— 1628-40年

    はじめに
    ムガル朝皇位継承とブラーキー事件
    ゴアからの視点
    イスファハーンの宮廷で
    伝説の継続

第6章 イギリス東インド会社とムガル朝
     —— サー・トマス・ローの時代とサー・ウィリアム・ノリスの時代

    はじめに
    イギリス人と象
    ムトゥリビーへの脱線
    オックスフォードからケンブリッジへ
    結 論

第7章 寺院(パゴダ)と政治について
     —— 黄金郷(エルドラド)としてのティルパティ

    はじめに
    寺院の地
    ヴィジャヤナガラとポルトガル
    1543年大寺院遠征
    チャンドラギリとティルパティ
    乳牛としてのティルパティ?
    エピローグと考察

終 章

 訳者あとがき
 関連系図
 関連地図
 索 引


書 評


関連書


関連キーワードの一覧


関連カテゴリーの一覧


各オンライン書籍販売サービスサイトからも書籍は購入できます。

近刊案内

2019年2月28日出来予定

〈概念工学〉宣言!

戸田山和久・唐沢かおり 編
A5判・上製・292頁
価格 3,600円
ISBN 978-4-8158-0941-6
Cコード 3010

近刊書籍の予約を受け付けております。予約をご希望の方は、上の「予約の受付ページへ」をクリックして受付ページへリンクしていただき、そこでご予約の手続きをお願いいたします。刊行次第、商品を発送いたします。

購入について

書籍を購入される方は以下の注文受付ページから必要事項をご記入の上ご注文下さい。

また、個別の書籍紹介ページ上からもご購入いただけます。ご購入に関する詳細については、下の「購入についての説明」をクリックして、説明をご覧ください。

その他の書籍購入方法

小会刊行の書籍は以下のオンラインショップでも取り扱っております。

お問い合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

TEL:052-781-5027

FAX:052-781-0697


ページの先頭へ戻る