書籍紹介

政治

民主化の韓国政治

朴正煕と野党政治家たち 1961〜1979
木村 幹 著

書籍のカバー画像

書籍を注文する

価格 5,700円
判型 A5判・上製
ページ数 394頁
刊行年月日 2008年
在庫状況 在庫有り
ISBNコード 978-4-8158-0572-2
Cコード C3031


書籍の内容

野党政治家の挑戦と挫折、そして金泳三・金大中ら新しい世代の登場 —— 歴史的成功事例といわれる韓国の民主化過程の苦難を、朴正煕政権期の徹底的見直しにより描出、民主化の成否を分けた前提条件を指し示し、脱植民地化過程の政治的困難をも捉えた刮目の政治分析。


書籍の目次

序 章 「民主化」 と政治文化
       —— 韓国の事例から考える

第1章 クーデタから民主化へ
       —— 理論的枠組みに対する小考察
     1 韓国における2つの 「民主化」
     2 「民主化」 と 「文化」
     3 クーデタの正統化

第2章 軍事クーデタと知識人
       —— 正統化なき不安定な勝利
     1 革命公約
     2 民族革命の論理とその起源
     3 「軍事革命」 をめぐる人々
     4 知識人と世代交代論
     5 「軍事革命」 の中の知識人
     6 民族改造の失敗
     7 正統化なき勝利

第3章 反政府イデオロギーとしてのナショナリズムの登場
       —— 日韓国交正常化と学生運動をめぐって
     1 ナショナリズムと民主主義
     2 四月革命期の学生運度
     3 四月革命以後の学生運動
     4 1961年入学生たちの視点から
     5 運動の再建
     6 日韓国交正常化反対運動
     7 学生運動と野党の分裂
     8 ナショナリズムを敵に回した民主主義

第4章 野党は何故に分裂したか
       —— 「上からの民主化」 にどう対処するか
     1 「上からの民主化」 と野党のディレンマ
     2 クーデタ後の 「旧政治人」
     3 野党再編の開始
     4 野党勢力の流動化
     5 国民の党と旧政治人の敗北
     6 敗因をめぐって
     7 第一次珍山波動
     8 「上からの民主化」 にどう対処するか

第5章 野党政治家の経歴的限界
       —— 時代状況という名の制約
     1 兪鎮午待望論はどこから来たか
     2 尹潽善 —— 「有閑階級」 出身の強硬派
     3 柳珍山 —— 「寝業師」 の限界
     4 兪鎮午 —— 「希代の秀才」 ゆえの紆余曲折
     5 「人材の枯渇」 とその原因

第6章 40代旗手論という突破口
       —— 金泳三と金大中の台頭
     1 転換点の到来
     2 1967年選挙 —— 野党の惨敗
     3 兪鎮午の転向
     4 三選改憲反対運動
     5 40代旗手論の登場
     6 韓国社会の世代変化
     7 維新体制と柳珍山の退場

終 章 エピローグとしての維新体制
     1 朴正煕の陥った袋小路
     2 金泳三と金大中 —— 80年代へ向けて
     3 「民主化」 とイデオロギーの政治学


書籍の書評紹介


関連書籍の紹介


関連キーワードの一覧


関連カテゴリーの一覧


各オンライン書籍販売サービスサイトからも書籍は購入できます。

近刊案内

2017年9月7日出来予定

東アジアの社会大変動

末廣 昭・大泉啓一郎 編
A5判・上製・352頁
価格  5,400円
ISBN 978-4-8158-0884-6
Cコード 3036

2017年9月7日出来予定

産業化する中国農業

宝剣久俊 著
A5判・上製・280頁
価格  5,800円
ISBN 978-4-8158-0886-0
Cコード 3033

近刊書籍の予約を受け付けております。予約をご希望の方は、上の「予約の受付ページへ」をクリックして受付ページへリンクしていただき、そこでご予約の手続きをお願いいたします。刊行次第、商品を発送いたします。

購入について

書籍を購入される方は以下の注文受付ページから必要事項をご記入の上ご注文下さい。

また、個別の書籍紹介ページ上からもご購入いただけます。ご購入に関する詳細については、下の「購入についての説明」をクリックして、説明をご覧ください。

その他の書籍購入方法

小会刊行の書籍は以下のオンラインショップでも取り扱っております。

お問い合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

TEL:052-781-5027

FAX:052-781-0697


ページの先頭へ戻る