書籍紹介

朝鮮史・ナショナリズム

帝国のはざまで

朝鮮近代とナショナリズム
アンドレ・シュミット 著  糟谷憲一・並木真人・月脚達彦・林 雄介 訳

書籍のカバー画像

書籍を注文する

価格 4,800円
判型 A5判・上製
ページ数 336頁
刊行年月日 2007年
在庫状況 在庫有り
ISBNコード 978-4-8158-0549-4
Cコード C3022


書籍の内容

日清戦争から大韓帝国への移行、植民地化へと到る時代の朝鮮ナショナリズムの勃興 を、民族主義と植民地主義の交差する地点から捉え、歴史や国境、「文明化」 などを めぐる激しい葛藤を浮かび上がらせる。ナショナル・アイデンティティの形成とその今日に及ぶ影響を捉えた画期的研究。


書籍の目次

序 章 広開土王碑の物語
   1 文明と東洋
   2 植民地主義と歴史
   3 民族の境界

第1章 文明という普遍の風
   1 内憂外患
   2 民族の世界化と世界の民族化
   3 国家の賢人たち
   4 国家の耳目

第2章 中国の非中心化と東洋の再編
   1 中国の降格
   2 真正の文化、純粋なアイデンティティ
   3 民族主義の言語
   4 王から皇帝へ
   5 国 旗
   6 失われた朝鮮と東洋の文明
   7 人種的に定義された東洋における平和と連合
   8 東洋の団結の崩壊

第3章 文明化する日本との格闘
   1 日本の権威
   2 民族主義者の対話
   3 両班のイメージ
   4 「事大主義」 の危険
   5 植民地化という決着

第4章 精神、歴史、正統性
   1 精神的な民族
   2 古代帝国の神話から近代の植民地化の神話へ
   3 論争的な歴史
   4 国際舞台における日本植民地主義

第5章 民族という語り
   1 「民族」 の語源
   2 「民族」 の語りとしての正統性
   3 系譜としての歴史
   4 歴史としての国家
   5 人から神へ

第6章 半島の境界線
   1 清との国境策定
   2 公式の国境
   3 風水の衰退と白頭山

第7章 半島を越えて
   1 朝鮮人の満洲
   2 失地回復主義者の意見
   3 離散する国民
   4 国家を外に出して
   5 国家の後見人

終 章
   1 言語の純粋性
   2 脱植民地化の歴史に向けて
   3 北方への凝視


書籍の書評紹介


関連書籍の紹介


関連キーワードの一覧


関連カテゴリーの一覧


各オンライン書籍販売サービスサイトからも書籍は購入できます。

近刊案内

2017年9月7日出来予定

東アジアの社会大変動

末廣 昭・大泉啓一郎 編
A5判・上製・352頁
価格  5,400円
ISBN 978-4-8158-0884-6
Cコード 3036

2017年9月7日出来予定

産業化する中国農業

宝剣久俊 著
A5判・上製・280頁
価格  5,800円
ISBN 978-4-8158-0886-0
Cコード 3033

近刊書籍の予約を受け付けております。予約をご希望の方は、上の「予約の受付ページへ」をクリックして受付ページへリンクしていただき、そこでご予約の手続きをお願いいたします。刊行次第、商品を発送いたします。

購入について

書籍を購入される方は以下の注文受付ページから必要事項をご記入の上ご注文下さい。

また、個別の書籍紹介ページ上からもご購入いただけます。ご購入に関する詳細については、下の「購入についての説明」をクリックして、説明をご覧ください。

その他の書籍購入方法

小会刊行の書籍は以下のオンラインショップでも取り扱っております。

お問い合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

TEL:052-781-5027

FAX:052-781-0697


ページの先頭へ戻る