書籍紹介

歴史・政治

大陸関与と離脱の狭間で

イギリス外交と第一次世界大戦後の西欧安全保障
大久保 明 著

書籍のカバー画像

書籍を注文する

価格 6,800円
判型 A5判・上製
ページ数 532頁
刊行年月日 2018年
在庫状況 在庫有り
ISBNコード 978-4-8158-0918-8
Cコード C3022

書籍画像のサムネール書籍画像のサムネール

書籍の内容

大国が後退するとき ——。平和を維持する仕組みはいかに構想され、なぜ脆弱化したのか? 国際連盟を含む複数の安全保障観やヨーロッパ派と帝国派のせめぎ合い等のなか、西欧への関与の揺らぐイギリスの外交姿勢と諸国との交渉過程を、膨大な史料から精緻に描き出し、現在への示唆に富む気鋭による力作。


書籍の目次

 関連地図
 凡 例

序 章

第1章 西欧に関する戦後構想 1916~18年
    1 アスキス内閣による戦後構想策定の試み
    2 ロイド・ジョージ内閣の講和準備(1) 1916年12月~17年12月
    3 ロイド・ジョージ内閣の講和準備(2) 1917年12月~18年12月

第2章 パリ講和会議における西欧安全保障問題 1919年
    1 国際連盟と対独軍備制限
    2 ラインラント問題
    3 英仏・米仏保障条約の形成
    4 ベルギー問題
    5 ヴェルサイユ条約の成立

第3章 フランスとベルギーへの保障の再検討 1919~20年
    1 イギリス政府による対仏コミットメントの再検討
    2 1839年条約の修正交渉とベルギー保障案
    3 仏白軍事協定交渉へのイギリスの参加問題

第4章 英仏・英白同盟交渉の挫折 1921~23年
    1 英仏同盟構想に関するイギリスの政策検討
    2 フランスの同盟提案
    3 カンヌ会議における英仏・英白同盟交渉
    4 同盟交渉の頓挫
    5 ルール危機のもとでの西欧安全保障構想

第5章 ロカルノ条約の形成 1924~25年
    1 マクドナルド労働党政権期の安全保障交渉
    2 第二次ボールドウィン内閣による安全保障案の模索
    3 イギリス政府によるドイツ提案の受諾過程
    4 西欧相互保障協定の草案作成をめぐる国際交渉
    5 ロカルノ条約の成立

終 章

 あとがき
 注
 参考文献
 略語表
 索 引


書評紹介


関連書籍の紹介


関連キーワードの一覧


関連カテゴリーの一覧


各オンライン書籍販売サービスサイトからも書籍は購入できます。

近刊案内

2018年12月21日出来予定

ロボットに倫理を教える

ウェンデル・ウォラック/コリン・アレン 著
岡本慎平・久木田水生 訳
A5判・上製・384頁
価格  4,500円
ISBN 978-4-8158-0927-0
Cコード 3010

2019年1月10日出来予定

台湾外交の形成

清水 麗 著
A5判・上製・344頁
価格  5,400円
ISBN 978-4-8158-0935-5
Cコード 3031

近刊書籍の予約を受け付けております。予約をご希望の方は、上の「予約の受付ページへ」をクリックして受付ページへリンクしていただき、そこでご予約の手続きをお願いいたします。刊行次第、商品を発送いたします。

購入について

書籍を購入される方は以下の注文受付ページから必要事項をご記入の上ご注文下さい。

また、個別の書籍紹介ページ上からもご購入いただけます。ご購入に関する詳細については、下の「購入についての説明」をクリックして、説明をご覧ください。

その他の書籍購入方法

小会刊行の書籍は以下のオンラインショップでも取り扱っております。

お問い合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

TEL:052-781-5027

FAX:052-781-0697


ページの先頭へ戻る