書籍紹介

思想・文学

美学イデオロギー

商業社会における想像力
大河内 昌 著

書籍のカバー画像

書籍を注文する

価格 6,300円
判型 A5判・上製
ページ数 376頁
刊行年月日 2019年
在庫状況 未刊
ISBNコード 978-4-8158-0966-9
Cコード C3097


内 容

個々人が自らの情念にしたがって利益を追求する社会は調和しうるのか —— この政治経済学の問いは、あからさまに美学的であり、しかも近代英国の道徳哲学からロマン主義文学までを貫く根本問題だった。テクストの精読により、イデオロギーの構造と展開を批判的に跡づけ、思想史と文学研究を編みなおす画期的労作。


目 次

序 論
     本書の目的
     本書の構成
     本書の方法論

  第Ⅰ部 道徳哲学における美学

第1章 シャフツベリーにおける美学と批評
     情念という問題
     美と徳の同一化
     熱狂としての徳
     情念の規制
     洗練と批評
     美学と批評

第2章 趣味の政治学
      —— マンデヴィル、ハチソン、ケイムズ
     趣味とは何か
     マンデヴィルとイデオロギー
     ハチソンと徳の美学化
     ケイムズと神の摂理
     結 論

第3章 ヒュームの趣味論
     イギリス趣味論の政治的背景
     ヒュームの2つの顔
     趣味とは何か
    「趣味の規準について」
     正義と想像力
     政治と虚構
     想像力の統制

第4章 ヒュームの虚構論
     リアリズム小説という逆説
     虚構と現実の区別
     現実に内在する虚構
     ヒュームの虚構論とリアリズム小説

第5章 ヒューム、スミスと市場の美学
     社会理論と美学
     想像力の両面的地位 —— ヒュームの例
     想像力の両面的地位 —— スミスの例
    『国富論』における貨幣論
     商業社会と想像力

第6章 バークの崇高な政治学
      ——『崇高と美の起源』から『フランス革命の省察』へ
     美学と政治
     バークの崇高論
     バークのフランス革命論
     バークの反形而上学
     想像された身体
     政治の美学化

第7章 身体の「崇高な理論」
      —— マルサスの『人口論』における反美学主義
     身体の登場
     政治論争の中の『人口論』
     ゴドウィンの完成可能性
     限界としての身体
     統計学という修辞法
     人口という崇高な対象
    『人口論』と美学イデオロギー

第8章 市民社会と家庭
      —— メアリー・ウルストンクラフトの『女性の権利の擁護』
     フェミニズム、急進主義、反美学主義
     本質主義の批判
     階級と性の問題
     家庭と徳
     女子教育という問題
     社会契約と性的契約

  第Ⅱ部 文学における政治・法・商業

第9章 家庭小説の政治学
      —— リチャードソンの『パミラ』
     家庭小説と女性の徳
     女性の徳と交換価値
     愛の不随意性
     家庭小説の役割

第10章 徳と法のあいだ
      —— リチャードソンの『クラリッサ』
     女性的な徳
    『クラリッサ』における法と倫理
     道徳と想像力
    『クラリッサ』における法の介入

第11章 商業社会の英雄譚
      ——『序曲』におけるワーズワスの記憶術
     個人的叙事詩という逆説
     商業の問題
     過去の再記述
     文学の社会的使命

第12章 ワーズワスと崇高
     ピクチャレスクと崇高
     ワーズワスと崇高
     蛭取り老人における崇高と労働
     盲目の乞食
     乞食の「物語」と言語的崇高

第13章 『フランケンシュタイン』と言語的崇高
     アレゴリー化できないもの
    『フランケンシュタイン』と崇高美学
     18世紀イギリスの崇高美学
     言語がもたらす崇高
     言語的崇高と物質性の問題

第14章 コールリッジの『文学的自叙伝』
      —— 商業、文学、イデオロギー
     はじめに
    『文学的自叙伝』と断片性の問題
     読者と市場原理
     商業主義への批判
     象徴の役割
     ロマン主義のイデオロギー

第15章 コールリッジの政治的象徴主義
      ——『政治家必携』における修辞法とイデオロギー
     美学、政治、ロマン主義
     二項対立の機能不全
     象徴、時間、歴史
     政治学としての解釈学
     象徴の自己解体
     象徴と美学イデオロギー

第16章 国家を美学化するということ
      —— コールリッジの後期作品における文化理論の形成
     文化という問題
     美学化された国家
     コールリッジの商業観
     商業と文学
     国家の理念
     政治学としての解釈学

 あとがき
 注
 主要参考文献
 索 引


関連書


関連キーワードの一覧


関連カテゴリーの一覧


各オンライン書籍販売サービスサイトからも書籍は購入できます。

近刊案内

2019年9月25日出来予定

近世貨幣と経済発展

岩橋 勝 著
A5判・上製・456頁
価格  6,300円
ISBN 978-4-8158-0965-2
Cコード 3033

2019年9月25日出来予定

対日協力者の政治構想

関 智英 著
A5判・上製・608頁
価格  7,200円
ISBN 978-4-8158-0963-8
Cコード 3022

2019年9月25日出来予定

インド経済史

ティルタンカル・ロイ 著
水島 司 訳
A5判・上製・336頁
価格  4,200円
ISBN 978-4-8158-0964-5
Cコード 3022

2019年10月9日出来予定

辺境の生成

足立 孝 著
A5判・上製・612頁
価格  9,800円
ISBN 978-4-8158-0962-1
Cコード 3022

2019年10月15日出来予定

美学イデオロギー

大河内 昌 著
A5判・上製・376頁
価格  6,300円
ISBN 978-4-8158-0966-9
Cコード 3097

近刊書籍の予約を受け付けております。予約をご希望の方は、上の「予約の受付ページへ」をクリックして受付ページへリンクしていただき、そこでご予約の手続きをお願いいたします。刊行次第、商品を発送いたします。

重版案内

2019年8月29日出来

近代世界システムⅣ

I. ウォーラーステイン 著
川北 稔 訳
A5判・上製・432頁
価格  4,800円
ISBN 978-4-8158-0746-7
Cコード 3022

2019年8月23日出来

「満洲」の成立

安冨 歩・深尾葉子 編
A5判・上製・586頁
価格  7,400円
ISBN 978-4-8158-0623-1
Cコード 3022

購入について

書籍を購入される方は以下の注文受付ページから必要事項をご記入の上ご注文下さい。

また、個別の書籍紹介ページ上からもご購入いただけます。ご購入に関する詳細については、下の「購入についての説明」をクリックして、説明をご覧ください。

その他の書籍購入方法

小会刊行の書籍は以下のオンラインショップでも取り扱っております。

お問い合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

TEL:052-781-5027

FAX:052-781-0697


ページの先頭へ戻る