書籍紹介

芸術

藤田嗣治 作品をひらく

旅・手仕事・日本
林 洋子 著

書籍のカバー画像

書籍を注文する

価格 5,200円
判型 A5判・上製
ページ数 598頁
刊行年月日 2008年
在庫状況 在庫有り
ISBNコード 978-4-8158-0588-3
Cコード C3071


書籍の内容

越境する創造者 ——。パリ、ニューヨーク、サンパウロ、北京 …… 異文化を放浪して藤田が追い求めたものは何か。絵画にとどまらず、写真、映像、装丁、衣装にいたるまで、豊穣な創作活動を徹底検証。これまでの評伝を超え、多数の図版掲載を実現して作品から画家に迫った意欲作。


書籍の目次

序 章
    1 本書の視点、構成、方針
    2 藤田研究という難問

  第Ⅰ部 見出されたパリ —— 1910年代

第1章 パリ美術界と出会う
     —— キュビスムからプリミティヴィスムへ
    1 パリ定住初期 —— 妻とみ宛の手紙という情報源
    2 パリ到着と前衛美術との出会い —— 1913年後半~14年前半
    3 第一次大戦下のパリ生活 —— 1914年後半~15年前半
    4 「先史美術の都」ドルドーニュでの生活 —— 1915年後半
    5 ロンドン生活と妻との離別 —— 1916年

    コラム① 岩村透『巴里の美術学生』という伏線
    コラム② 旅の始まり —— 朝鮮半島との関わり

第2章 パリ風景を描く
    1 最初のパリ風景画 —— 1914年
    2 1917年という転機
    3 藤田が「パリ風景」で表現したもの
    4 1910年代末のパリ風景と近代都市としての発展
    5 パリ周縁への視線 —— 先駆者としてのルソーとアジェ
    6 日本の後続世代による継承 —— 佐伯祐三、岡鹿之助、松本竣介

    コラム③ 1918年、南仏への旅 —— モディリアーニとの友情

第3章 初めてのブックワーク
    1 詩集 Quelques poèmes の成り立ち
    2 Quelques poèmes のイメージとテキストの分析
    3 Quelques poèmes の持つ意味
    4 1910年代末の絵画との関係 —— 藤田と日本美術の「はじまり」

    コラム④ 信仰を描く
    コラム⑤ 子どもを描く

  第Ⅱ部 乳白色の裸婦と手仕事 —— 1920年代初頭

第4章 新しい裸婦像の確立 —— 同時代性とノスタルジーと
    1 美術史家・矢代幸雄による藤田作品評
    2 1920年代前半の藤田の裸婦作例
    3 裸婦表現の意味と技法との関連
    4 「ジュイ布」とはなにか
    5 「ジュイ布」を描く意味

    コラム⑥ 刺青と触感の絵画
    コラム⑦ 裁縫好きなオトコ

第5章 「乳白色の下地」の下地
    1 カンヴァスを手作りするというアイデンティティー
    2 下地層の物質的組成
    3 下地の白を生かす絵具層
    4 均一ではないニス層
    5 支持体のサイズ
    6 下地が可能にした「線描」—— 黒い輪郭線の画材

    コラム⑧ 動物を描く

第6章 二枚の《私の部屋》—— フランスの職人仕事への傾倒
    1 描かれた「もの」たち
    2 職人仕事の愛好と再生
    3 日本との関係再開
    4 二枚の《私の部屋》に込められた意味

    コラム⑨ アトリエのなかのアトリエ

第7章 ベルギーでの名声 —— パリの新進画家か、日本の画家か
    1 画廊による紹介 ——《自画像》(1921)
    2 コレクターの広まり
       ——《エレーヌ・フランクの肖像》(1924)と《アントワープ港の眺め》(1923)
    3 日本との関わり ——《裸婦》(1927)

    コラム⑩ 美術市場と藤田

   第Ⅲ部 パリの日本人美術家 —— 1920年代後半

第8章 パリで日本イメージを求められる
     ——『日本昔噺』(1923)をめぐって
    1 藤田をめぐる「テキストとイメージ」
    2 日本の昔話 —— テキストの源泉
    3 イメージ源としての『前賢故実』—— 転用と独自性
    4 藤田の画業における位置

    コラム⑪ 駐日フランス大使ポール・クローデルと藤田

第9章 パリの「現代日本美術」展と藤田
    1 国民美術協会展における日本美術展(1922年)
    2 サロン・ドートンヌ・日本部門(1923年)
    3 日本美術展 —— 現代の古典派(1929年)

    コラム⑫ 画家としての表象 ——「自画像」と「肖像写真」

第10章 増加するパリの日本人美術家のなかで
    1 第二次大戦以前のパリ滞在
    2 在仏日本人美術家の連帯の始まり
    3 1929年 —— 在仏日本人美術家の分裂
    4 パリの日本人美術家の特性と藤田の位置

    コラム⑬ 仮装、女装 —— 性の曖昧さへの志向
    コラム⑭ 舞台衣装への情熱

第11章 パリでの壁画制作と日本の表象
    1 パリ国際大学都市・日本館の壁画制作 —— 1927~29年
    2 1929年5月 —— 日本館に掲げられた二点
    3 日本館壁画完成前後 —— 1929年前半、パリにて
    4 母国への一時帰国 —— 1929年9月~30年1月
    5 2000年 —— 日本館とメゾン・アトリエ・フジタの接点
    6 1928年の藤田 —— 裸体群像表現に向かって

    コラム⑮ メディア時代の美術家の先駆者として

  第Ⅳ部 旅する画家 —— 1930年代~50年

第12章 多文化との出会いと壁画制作の実践 —— 中南米逍遥
    1 1930年 —— 初めてのアメリカ滞在
    2 非西欧人を描く旅 —— 中南米滞在期(1931年末~33年末)
    3 日本への帰還 —— 母国での中南米表象
    4 壁画への傾倒 —— 大画面の群像表現から公共性へ

    コラム⑯ 旅を記録する(1) エッセイ

第13章 壁画から戦争画へ —— 戦時下のアジア圏への「旅」の行方
    1 「現代日本」を表象する —— 壁画と映画という「大画面」群像表現
    2 中国大陸・東南アジアへの旅 —— 日本軍優勢を描く

    コラム⑰ 東京・パリ・沖縄 —— 藤田と岡本太郎をつなぐ線

第14章 「玉砕図」というフィクションへ
    1 日米開戦からの始まり ——「作戦記録画」から芸術的な「戦争画」へ
    2 茶褐色の「玉砕図」への陶酔
    3 「玉砕図」の熱狂のあとで

    コラム⑱ 「作戦記録画」のサイズと複数性

第15章 アメリカン・コネクション ——フランス再定住まで
    1 アメリカでの存在感の希薄さ —— 先行研究とコレクション
    2 展覧会と出版 —— 1930年~50年
    3 パリの「アメリカニスム」と「パリのアメリカ人」
    4 アメリカでの「エコール・ド・パリ」受容 —— 藤田の場合
    5 「日系美術家」、「日系社会」と直面して
    6 アメリカでの制作の実際 —— 1949年という転機
    7 絵空ごとに向かって —— 1940年前後からの変化

    コラム⑲ 旅を記録する(2) 写真

終 章 「二重亡命者」としての晩年


受賞紹介


書評紹介


関連書籍の紹介


関連キーワードの一覧


関連カテゴリーの一覧


各オンライン書籍販売サービスサイトからも書籍は購入できます。

近刊案内

2018年8月27日出来予定

法と力

西 平等 著
A5判・上製・396頁
価格  6,400円
ISBN 978-4-8158-0919-5
Cコード 3032

2018年8月29日出来予定

大陸関与と離脱の狭間で

大久保 明 著
A5判・上製・532頁
価格  6,800円
ISBN 978-4-8158-0918-8
Cコード 3022

近刊書籍の予約を受け付けております。予約をご希望の方は、上の「予約の受付ページへ」をクリックして受付ページへリンクしていただき、そこでご予約の手続きをお願いいたします。刊行次第、商品を発送いたします。

購入について

書籍を購入される方は以下の注文受付ページから必要事項をご記入の上ご注文下さい。

また、個別の書籍紹介ページ上からもご購入いただけます。ご購入に関する詳細については、下の「購入についての説明」をクリックして、説明をご覧ください。

その他の書籍購入方法

小会刊行の書籍は以下のオンラインショップでも取り扱っております。

お問い合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

TEL:052-781-5027

FAX:052-781-0697


ページの先頭へ戻る