書籍紹介

哲学・思想・倫理・宗教

良心論

その哲学的試み
石川文康 著

書籍のカバー画像

書籍を注文する

価格 2,800円
判型 四六判・上製
ページ数 296頁
刊行年月日 2001年
在庫状況 在庫有り
ISBNコード 978-4-8158-0417-6
Cコード C3010


書籍の内容

良心の警告、良心の呵責、そして後悔 ——。良心とは何か? 良心はなぜわれわれを動かすのか? 正義論の手前にあるこの問いを、「共に知る」という言葉の原義から出発して、プラトン以降の哲学的良心論を参照しつつ解き明かし、欲望と方位喪失の時代に提示した注目の論考。


書籍の目次

はじめに

第1章 「良心」の原義
    日本語の「良心」の由来
    「共に知る」
    「共に知る」というキーワードを確保する理由
    だれと共に知るのか

第2章 「世間と共に知る」と「神と共に知る」
  1 「世間と共に知る」
  2 「神と共に知る」
    「神と共に知る」長い歴史
    「神と共に知る」という意味の根強さ
    カール・バルトによる「神と共に知る」良心の復興

第3章 「自己自身と共に知る」
  1 ソクラテスの「自己自身と共に知る」
    「ダイモニオン」?
    無知の知
    徹底して「自己自身と共に知る」
    愛知者は死を恐れない
    「世間と共に知る」ことの拒絶
  2 ストア派の良心論
    キケロ、セネカ
    マルクス・アウレーリウス
    反省作用としての良心
  3 「自己自身と共に知る」良心の近世における端緒 —— デカルト
    『情念論』?
    暫定的道徳にひそむ良心論
    決定的道徳における良心の樹立
    「コーギトー(われ思う)」の射程
    精神の能動としての良心
    「かつて……一人もいません」の真意
    第一道徳律とデカルト哲学のふくよかさ
  4 合理主義の良心論とその体系
    ヴォルフら
    ルソーの良心論
    良心の体系
  5 良心法廷説 —— カント
    その典拠
    良心法廷は虚構か
    「自己自身」とは何か —— どのようにして可能か
    内なる他者
    いわゆる「自己原因」の不合理性
    二重の自己
    良心法廷の特殊性 —— 立法・司法は未分立である
    自律の真の意味
  6 「呼び声」としての良心 —— ハイデガー、ヤスパースとの関連で
    「呼び声」説の長い歴史
    「呼びかけ」とは何か
    何ゆえに鐘は鳴る?
    「呼びかけ」から「声」へ —— 道徳法則と良心の声
    法廷としての良心と声としての良心
    良心を中立性
  7 良心に対する反逆者の良心 —— ニーチェ
    良心の発生論
    知的良心
    知的良心の発生
    美的良心、趣味としての良心
    「良心の自由」とその試練
    責罪ということ

第4章 良心の三法則
  1 不知不可能性の法則(良心の第一法則)
    良心は「知らない」ということができない
    共に知ることからの逃亡 —— ペテロの場合
    ユダの良心
    ペテロの自己回復
  2 絶対不謬性の法則(良心の第二法則)
    良心は「間違うことができない」
    形式的良心性 —— ヨブの場合
    因果応報?
    良心と心
    疚しさのない良心
    疚しい良心の知も真である
    間違う良心?
  3 時間性の法則(良心の第三法則)
    良心の作用は時間の流れと共に強くなる
    警告する良心
    良心時間の未来性
    後悔は未来性の上に成り立つ —— 沈殿する未来性
    警告する良心はあらゆる良心現象の公分母である
    「償い」も未来性の上に成り立つ
    「べし」は沈殿するだけでなく、醸成する
    「未完の過去」とその救済
    時間の治癒作用と覚醒作用
    『マクベス』の場合
    『復活』の場合
  4 良心の超時間性
    超時間から時間への作用
    良心に時効はない
    良心の超時間性の法則 —— 第一、第二法則を回顧する
    あらかじめ考える —— プロメーテウス

第5章 共同体としての自己
    共同体としての自己
    伝統的な意味での個人と共同体
    「共同体としての自己」の拡大
    二人称「汝」の成立
    ブーバーの根源語 ——「我-汝」
    コーヘンにおける自我の根源
    「世間と共に知る」への頽落
    共同体に必須な不協和音 ——「~べし」の衝突
    非共同体的共同体としての良心
    「スキエンティア」から「コンスキエンティア」へ
     ——「コンスキエンティア」としての哲学

おわりに
    未だないものの現在
    希望という刑 —— 希望の逆説

 あとがき
 注
 事項索引
 人名索引


この著者の書籍


関連書籍


関連キーワードの一覧


関連カテゴリーの一覧


各オンライン書籍販売サービスサイトからも書籍は購入できます。

近刊案内

2019年7月23日出来予定

家族の命運

L・ダヴィドフ/ C・ホール 著
山口みどり/梅垣千尋/長谷川貴彦 訳
A5判・上製・520頁
価格  7,200円
ISBN 978-4-8158-0955-3
Cコード 3022

2019年7月30日出来予定

法曹の倫理[第3版]

森際康友 編
A5判・並製・468頁
価格  3,800円
ISBN 978-4-8158-0958-4
Cコード 3032

2019年8月23日出来予定

知識経済の形成

ジョエル・モキイア 著
長尾伸一 監訳/伊藤庄一 訳
A5判・上製・400頁
価格  5,400円
ISBN 978-4-8158-0957-7
Cコード 3033

近刊書籍の予約を受け付けております。予約をご希望の方は、上の「予約の受付ページへ」をクリックして受付ページへリンクしていただき、そこでご予約の手続きをお願いいたします。刊行次第、商品を発送いたします。

重版案内

2019年6月17日出来

最新 人工心肺[第五版]

上田裕一・碓氷章彦 編
B5判・並製・292頁
価格  6,000円
ISBN 978-4-8158-0864-8
Cコード 3047

2019年6月17日出来

質的研究の考え方

大谷 尚 著
菊判・並製・416頁
価格  3,500円
ISBN 978-4-8158-0944-7
Cコード 3036

2019年6月5日出来

グローバル経営史

橘川武郎・黒澤隆文・西村成弘 編
A5判・並製・362頁
価格  2,700円
ISBN 978-4-8158-0836-5
Cコード 3034

2019年6月5日出来

胃袋の近代

湯澤規子 著
四六判・上製・354頁
価格  3,600円
ISBN 978-4-8158-0916-4
Cコード 3021

2019年5月30日出来

博士号のとり方[第6版]

E・M・フィリップス/D・S・ピュー 著
角谷快彦 訳
A5判・並製・362頁
価格  2,700円
ISBN 978-4-8158-0923-2
Cコード 1037

購入について

書籍を購入される方は以下の注文受付ページから必要事項をご記入の上ご注文下さい。

また、個別の書籍紹介ページ上からもご購入いただけます。ご購入に関する詳細については、下の「購入についての説明」をクリックして、説明をご覧ください。

その他の書籍購入方法

小会刊行の書籍は以下のオンラインショップでも取り扱っております。

お問い合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

TEL:052-781-5027

FAX:052-781-0697


ページの先頭へ戻る