書籍紹介

文学

彼女たちの文学

語りにくさと読まれること
飯田祐子 著

書籍のカバー画像

書籍を注文する

価格 5,400円
判型 A5判・上製
ページ数 376頁
刊行年月日 2016年
在庫状況 在庫有り
ISBNコード 978-4-8158-0835-8
Cコード C3095

書籍画像のサムネール書籍画像のサムネール

書籍の内容

女性作家は 〈女性〉 を代表しない——。〈女性〉 へと呼びかけられ、亀裂の感覚を生きながら、彼女たちはいかに語ってきたのか。田村俊子、野上弥生子、宮本百合子、尾崎翠、林芙美子、円地文子、田辺聖子、松浦理英子、水村美苗、多和田葉子など、複数の読み手に曝されたマイノリティ文学として読む。


書籍の目次

序 章 〈女性作家〉 という枠組み
     1 6つの前提
     2 亀裂の発生源としてのジェンダー
     3 主体性から応答性へ
     4 被読性と読者の複数性
     5 〈語りにくさ〉 の倫理性

  第Ⅰ部 応答性と被読性

第1章 〈女〉 の自己表象 —— 田村俊子 「女作者」
     1 自己表象のジェンダー・スタディーズ
     2 男性作家の場合
     3 女性作家の場合
     4 書けない女たち
     5 女性の自伝
     6 田村俊子という例外

第2章 書く女/書けない女 —— 杉本正生の 「小説」
     1 〈自己語り〉 と 「小説」
     2 『青鞜』 という場
     3 杉本正生という書き手
     4 『京都日出新聞』 の短編群
     5 〈告白〉 と 「小説」
     6 読み手としての 〈新しい女〉
     7 〈告白〉 の回避
     8 〈語りにくさ〉 と読まれること

第3章 読者となること・読者へ書くこと —— 円地文子 『朱を奪うもの』
     1 書き手にとっての読者
     2 読者となること
     3 読者へ書くこと
     4 裂かれる主体

第4章 聞き手を求める —— 水村美苗 『私小説 from left to right』
     1 声と力
     2 文学テクストを書く
     3 『私小説 from left to right』

第5章 関係を続ける —— 松浦理英子 『裏ヴァージョン』
     1 書き手と読み手の力関係
     2 『こゝろ』 のパロディ化
     3 『放浪記』 という 〈表ヴァージョン〉
     4 『放浪記』 のパロディ化
     5 関係を欲望する

  第Ⅱ部 〈女〉 との交渉

第6章 〈女〉 を構成する軋み —— 『女学雑誌』 における 「内助」 と 〈女学生〉
     1 カテゴリーとその配置
     2 〈賢母〉 と 〈良妻〉 と 〈女学生〉
     3 〈良妻〉 から 〈賢母〉、そして 「家族」 へ
     4 女学生批判と 「内助」 論
     5 「内助」 論の特殊性
     6 理念が生む軋み —— 「こわれ指環」 と 「厭世詩家と女性」

第7章 「師」 の効用 —— 野上弥生子の特殊性
     1 女性作家と師
     2 記憶の中の漱石
     3 漱石の 「明暗」 評
     4 「明暗」 評と 「明暗」
     5 「師」 の抽象化

第8章 意味化の欲望 —— 宮本百合子 『伸子』
     1 伸子という主体
     2 「ごちゃ混ぜ」 な 『伸子』
     3 3つの層
     4 名付けをめぐる攻防
     5 放置された細部

第9章 女性作家とフェミニズム —— 田辺聖子と女たち
     1 多様な新しさ
     2 田辺聖子の視線
     3 田辺聖子と女たち

  第Ⅲ部 主体化のほつれ

第10章 〈婆〉 の位置 —— 奥村五百子と愛国婦人会
     1 女性の再配置
     2 愛国婦人会と日本赤十字社
     3 奥村五百子のジェンダー
     4 慈善と良妻賢母
     5 奥村五百子と 『愛国婦人』
     6 〈婆〉 の再配置

第11章 越境の重層性 —— 牛島春子 「祝といふ男」 と八木義徳 「劉廣福」
     1 植民地主義的越境
     2 2つの 〈外地もの〉
     3 満人譚の再生産 —— 八木義徳 「劉廣福」
     4 典型の回避と回収と —— 牛島春子 「祝といふ男」
     5 微妙な抵抗

第12章 従軍記と当事者性 —— 林芙美子 『戦線』 『北岸部隊』
     1 従軍記の欲望
     2 吉屋信子の従軍記
     3 火野葦平 『麦と兵隊』 と林芙美子の 「宿題」
     4 記述と想像
     5 感傷性と当事者性

  第Ⅳ部 言挙げするのとは別のやり方で

第13章 異性愛制度と攪乱的感覚 —— 田村俊子 「炮烙の刑」
     1 身体的な言葉
     2 姦通という物語
     3 3つの手紙と異性愛的物語
     4 龍子の感覚世界
     5 非異性愛的攪乱性

第14章 遊歩する少女たち —— 尾崎翠とフラヌール
     1 歩く少女
     2 フラヌール・銀座
     3 模倣と自己離脱
     4 墜落する歩く女
     5 ステッキガール
     6 尾崎翠の歩くこと
     7 歩行の運動性

第15章 言葉と身体 —— 多和田葉子 『聖女伝説』 『飛魂』
     1 「沈黙」 への期待
     2 『聖女伝説』 の 「被害者」
     3 媒体となること
     4 「抵抗」 の 「術」
     5 「全然違う身体」
     6 『飛魂』 の弟子たち
     7 「理解」 と独創
     8 方法としての体感
     9 言葉の可動性


書評紹介


著者の他の書籍の紹介


関連書籍の紹介


関連キーワードの一覧


関連カテゴリーの一覧


各オンライン書籍販売サービスサイトからも書籍は購入できます。

近刊案内

2017年7月18日出来予定

私にはいなかった祖父母の歴史

イヴァン・ジャブロンカ 著
田所光男 訳
四六判・上製・416頁
価格  3,600円
ISBN 978-4-8158-0879-2
Cコード 3022

2017年7月21日出来予定

原典 ルネサンス自然学 【上巻】

池上俊一 監修
菊判・上製・648頁
価格  9,200円
ISBN 978-4-8158-0880-8
Cコード 3010

2017年7月21日出来予定

原典 ルネサンス自然学 【下巻】

池上俊一 監修
菊判・上製・656頁
価格  9,200円
ISBN 978-4-8158-0881-5
Cコード 3010

近刊書籍の予約を受け付けております。予約をご希望の方は、上の「予約の受付ページへ」をクリックして受付ページへリンクしていただき、そこでご予約の手続きをお願いいたします。刊行次第、商品を発送いたします。

購入について

書籍を購入される方は以下の注文受付ページから必要事項をご記入の上ご注文下さい。

また、個別の書籍紹介ページ上からもご購入いただけます。ご購入に関する詳細については、下の「購入についての説明」をクリックして、説明をご覧ください。

その他の書籍購入方法

小会刊行の書籍は以下のオンラインショップでも取り扱っております。

お問い合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

TEL:052-781-5027

FAX:052-781-0697


ページの先頭へ戻る