『肥満の疫学』:推薦のことば

日野原重明氏による
『肥満の疫学』推薦のことば

日野原重明先生

 肥満の疫学研究者として著名な中国出身のハーバード公衆衛生大学院教授フランク・B・フー(Frank B. Hu)氏によって、2008年にオックスフォード大学出版局から英文で出版された「Obesity Epidemiology」(同大学院所属の研究者11名による分担執筆を含む)の日本語訳が、この度、名古屋大学出版会から刊行された。私はこの出版に対して研究助成を行った聖ルカ・ライフサイエンス研究所の理事長として、この本を強く推薦したい。
 日本人は欧米人に比し肥満者が少なかったが、昨今は日本人や中国人、インド人にも肥満者が多くなり、糖尿病や循環器疾患の増加が注目されるようになった。
 本書では、肥満の疫学に関わる基礎的研究法の解説に加えて、肥満蓄積と体脂肪測定、食事調査法、身体活動の測定方法、肥満がもたらす代謝の病態、肥満と心血管疾患、肥満と癌、肥満と死亡率、肥満と健康に関する生活の質、肥満の及ぼす経済コスト、そして、食事・栄養と肥満、身体活動・座位生活と肥満、睡眠不足と肥満、肥満の社会的規定因子、代謝性・内分泌性の肥満予測因子、肥満の発生期発達期起源、小児期肥満の原因とその影響、肥満を引き起こす遺伝的予測因子、遺伝子と環境の交互作用と肥満、の各章があり、最後は監訳者による日本における肥満の疫学についての補章で結ばれている。
 個々人の努力によって肥満を予防する教育が国民一人ひとりに行きわたることが重要であり、臨床疫学的立場でのコホート研究により将来の肥満対策の指導方針が確定されることが本書には巧みに表現されている。本書は主として大学院生向けに書かれたものであるが、肥満の疫学研究を行うすべての人の必読の書と言えよう。
 内容豊かな本書が広く読まれることを望む次第である。

(聖ルカ・ライフサイエンス研究所理事長・聖路加国際病院理事長)

近刊案内

2018年1月17日出来予定

進化倫理学入門

スコット・ジェイムズ著
児玉 聡 訳
A5判・上製・336頁
価格  4,500円
ISBN 978-4-8158-0896-9
Cコード 3012

2018年1月18日出来予定

細胞診断学入門 [第三版]

社本幹博・越川 卓 監修
長坂徹郎・横井豊治 編
B5判・並製・328頁
価格  6,300円
ISBN 978-4-8158-0895-2
Cコード 3047

近刊書籍の予約を受け付けております。予約をご希望の方は、上の「予約の受付ページへ」をクリックして受付ページへリンクしていただき、そこでご予約の手続きをお願いいたします。刊行次第、商品を発送いたします。

購入について

書籍を購入される方は以下の注文受付ページから必要事項をご記入の上ご注文下さい。

また、個別の書籍紹介ページ上からもご購入いただけます。ご購入に関する詳細については、下の「購入についての説明」をクリックして、説明をご覧ください。

その他の書籍購入方法

小会刊行の書籍は以下のオンラインショップでも取り扱っております。

お問い合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

TEL:052-781-5027

FAX:052-781-0697


ページの先頭へ戻る