『肥満の疫学』:日本語版へのことば

フランク・B・フー氏による
『肥満の疫学』日本語版へのことば

 肥満は、今や世界的な流行となっている。西欧諸国の成人の大部分は過体重または肥満であり、発展途上国においてもその割合は増えている。小児の肥満の増加は特に憂うべき問題であり、もしこの状態が続くなら、世界中の過体重または肥満は、統計上、2005年の13億人から、2030年には20億人に達するであろう。アジアにおける肥満の蔓延も特に危険な状態である。中国における過体重の成人の割合は、1992年から2002年までの10年間で、15%から25%に増加した。インドでは、2003年から2005年のデータによると、過体重の人は農村地域の男性で9%、都市部の女性で40%にも上るという。一方、日本では、経済の発展や食事の西欧化にもかかわらず、過体重や肥満の人の割合はおよそ25%と比較的低い。これには、いくつかの要因が考えられる。肥満に対する社会的圧力の強さ(やせてスリムな体型が周囲から望まれる)、ポーションサイズが小さいこと、そして日本の物理的環境が、移動や他の身体活動を促進しやすいことなどである。しかし、日本においても、肥満の主要な帰結のひとつである2型糖尿病の有病率が、急速に米国の状態に近付いている。日本人を含むアジア人は、白人に比べ、肥満の初期や低いBMIで糖尿病を発症する傾向にある。米国やブラジルで生まれた日本人の肥満や糖尿病の有病率は、日本で生まれ育った日本人と比べ劇的に高い。このことは糖尿病に対する遺伝的感受性(susceptibility)のより高いアジア人に西欧的生活習慣が組み合わさると重大な結果がもたらされることを示している。
 肥満疫学は、疫学の比較的新しい分野であり、人における肥満の原因およびその帰結を研究するために疫学的アプローチを用いるものである。肥満疫学研究から得られた知見は、いずれは肥満や肥満に関連する健康状態の予防とコントロールのために公衆衛生の政策や臨床に生かされる。
 本書は、研究デザイン、食事や身体活動の評価、肥満研究におけるデータ解析と結果の解釈に際しての多くの方法論的な問題点を明らかにすることを意図している。そして、肥満についての生物学的、行動学的、精神社会的決定要因、そして医学的、社会的、経済的な帰結についての読者の理解を深めることを目的としている。
 本書が日本の読者、例えば、医学や公衆衛生を学ぶ学生、肥満や慢性疾患の研究者、栄養士、医師、公衆衛生の研究者および公衆衛生活動に実際に従事する方々、そして政策決定者にとって幅広く役立つものであることを願う。
 肥満は全世界的な健康への脅威であり、肥満の世界的流行の原因およびその帰結の両方を深く理解する必要がある。本書が肥満の研究方法を前進させ、日本でも肥満と闘う公衆衛生戦略を高める助けとなることを期待している。

近刊案内

2018年1月17日出来予定

進化倫理学入門

スコット・ジェイムズ著
児玉 聡 訳
A5判・上製・336頁
価格  4,500円
ISBN 978-4-8158-0896-9
Cコード 3012

2018年1月18日出来予定

細胞診断学入門 [第三版]

社本幹博・越川 卓 監修
長坂徹郎・横井豊治 編
B5判・並製・328頁
価格  6,300円
ISBN 978-4-8158-0895-2
Cコード 3047

近刊書籍の予約を受け付けております。予約をご希望の方は、上の「予約の受付ページへ」をクリックして受付ページへリンクしていただき、そこでご予約の手続きをお願いいたします。刊行次第、商品を発送いたします。

購入について

書籍を購入される方は以下の注文受付ページから必要事項をご記入の上ご注文下さい。

また、個別の書籍紹介ページ上からもご購入いただけます。ご購入に関する詳細については、下の「購入についての説明」をクリックして、説明をご覧ください。

その他の書籍購入方法

小会刊行の書籍は以下のオンラインショップでも取り扱っております。

お問い合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

TEL:052-781-5027

FAX:052-781-0697


ページの先頭へ戻る