『日本書史』推薦のことば:白川静氏

『日本書史』推薦のことば:
  白川静氏「作品をして語らしめた記念すべき労作」

  石川九楊氏の『日本書史』は、既刊の『中國書史』と併せて、東洋における最も深奥なる領域をもつ書道史の全体を構成する、記念すべき労作である。「記念すべき」というのは、画期的であることを意味する。従来の書道史は、概ね既存の書論的述作を時間的に排列して、書道史的外観を与えるに過ぎなかった。しかし氏の書史は、氏の懐抱する書の表現論を、書史の示す精神史的軌跡の解明に適用し、書史のもつ自己衝迫的な内面、そのいわば必然性を追求するところにあって、書史はいわば自己開示的に、その精神史的様相を明らかにする。記述的であるよりも、作品をして語らしめ、しかもその史的客観性を確かめようとするものである。

  わが国の書史は、往々にして中国書史の反映的な意義の一面が強調され易いが、決してそれに留まるものではない。中国の書は、むしろ自己媒介的に揚棄されて、それはやがて著者のいう日本時代の書を創出する。早期仮名の雅健にして優美なる世界は、決して正草・狂草から直接に出たものではなく、また禅家の墨蹟の類も、その特異な精神的世界の表出として理解される。殊に白隠以後の、近代書史の系譜を予見するような書史については、氏の創見と認むべきものが多い。「途中乗車」「途中下車」という軽妙な表現によって、日本書史の特異性が平易に語られている。

  近代書についての先駆的な試みは、わが国において極めて活発大胆に行われているが、中国においてはなお旧套を墨守する傾向が著しい。両国書道の交流が盛んな時期にあって、この書は日本書の書史的立場を明らかにするものとして、理論的にも日本書の将来に、一つの指標を与えるものとなるであろう。日本の書のためにも、また中国と併せて独自の芸術としての領域をもつ東洋の書の、その精神史的軌跡を明らかにするためにも、本書の刊行は極めて意義深いものであると考える。

近刊案内

2018年1月17日出来予定

進化倫理学入門

スコット・ジェイムズ著
児玉 聡 訳
A5判・上製・336頁
価格  4,500円
ISBN 978-4-8158-0896-9
Cコード 3012

2018年1月18日出来予定

細胞診断学入門 [第三版]

社本幹博・越川 卓 監修
長坂徹郎・横井豊治 編
B5判・並製・328頁
価格  6,300円
ISBN 978-4-8158-0895-2
Cコード 3047

近刊書籍の予約を受け付けております。予約をご希望の方は、上の「予約の受付ページへ」をクリックして受付ページへリンクしていただき、そこでご予約の手続きをお願いいたします。刊行次第、商品を発送いたします。

購入について

書籍を購入される方は以下の注文受付ページから必要事項をご記入の上ご注文下さい。

また、個別の書籍紹介ページ上からもご購入いただけます。ご購入に関する詳細については、下の「購入についての説明」をクリックして、説明をご覧ください。

その他の書籍購入方法

小会刊行の書籍は以下のオンラインショップでも取り扱っております。

お問い合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

TEL:052-781-5027

FAX:052-781-0697


ページの先頭へ戻る