書籍紹介

歴史・政治・行政

海港の政治史

明治から戦後へ
稲吉 晃 著

書籍のカバー画像

書籍を注文する

価格 5,800円
判型 A5判・上製
ページ数 400頁
刊行年月日 2014年
在庫状況 在庫有り
ISBNコード 978-4-8158-0789-4
Cコード C3031

書籍画像のサムネール書籍画像のサムネール書籍画像のサムネール

書籍の内容

横浜・神戸に代表される国際貿易港から全国の中小港湾まで、帝国日本を世界と結んだ海港はいかにして形成されたのか。開港から戦後に至る史的展開を示すとともに、港湾整備の知られざる難題を剔出、日本の交通インフラ整備が抱える政治的課題をも浮き彫りにしたわが国初の近代海港史。


書籍の目次

序 章 近代海港史とは何か

第1章 日本における海港行政の始動 —— 維新官僚と旧条約・殖産興業
     1 旧条約と開港行政
     2 殖産興業と海港修築 —— 野蒜・宇品・門司
     3 海港整備をめぐる競合 —— 第一次横浜築港
     小 括

第2章 世界交通網の拡充と日本の海港 —— 地方長官・議会政治家と海港論
     1 海港論の展開 —— 海港配置と地域社会
     2 大阪築港の着手 —— 内務省と地域社会
     3 貿易港制度の変更 —— 大蔵省と地域社会
     小 括

第3章 改正条約の実施と海港行政 —— 大蔵官僚の理想
     1 海港行政をめぐる三省対立
     2 海港行政の再編 —— 第二次横浜築港と第一次神戸築港
     小 括

第4章 緊縮財政下の海港修築 —— 地方実業家の取り組み
     1 内務省による海港整備
     2 市営築港の縮小 —— 大阪築港打ち切り問題
     3 民営港の積極的展開 —— 北九州諸港の整備
     小 括

第5章 政党内閣期の海港行政 —— 内務官僚による統率
     1 地方港整備の展開 —— 伏木・境・敦賀
     2 港湾協会の設立とその活動
     小 括

第6章 戦時体制と海港行政 —— 逓信官僚の挑戦
     1 1930年代における海港問題 —— 日本海ルートと産業振興
     2 戦時体制から戦後へ
     小 括

終 章 国民国家の時代の海港


受賞紹介


書評紹介


関連書籍の紹介


関連キーワードの一覧


関連カテゴリーの一覧


各オンライン書籍販売サービスサイトからも書籍は購入できます。

近刊案内

2017年10月25日出来予定

経済成長の日本史

高島正憲 著
A5判・上製・350頁
価格  5,400円
ISBN 978-4-8158-0890-7
Cコード 3033

2017年11月1日出来予定

イスラームのロシア

長縄宣博 著
A5判・上製・440頁
価格  6,800円
ISBN 978-4-8158-0888-4
Cコード 3022

近刊書籍の予約を受け付けております。予約をご希望の方は、上の「予約の受付ページへ」をクリックして受付ページへリンクしていただき、そこでご予約の手続きをお願いいたします。刊行次第、商品を発送いたします。

購入について

書籍を購入される方は以下の注文受付ページから必要事項をご記入の上ご注文下さい。

また、個別の書籍紹介ページ上からもご購入いただけます。ご購入に関する詳細については、下の「購入についての説明」をクリックして、説明をご覧ください。

その他の書籍購入方法

小会刊行の書籍は以下のオンラインショップでも取り扱っております。

お問い合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

TEL:052-781-5027

FAX:052-781-0697


ページの先頭へ戻る