書籍紹介

歴史・考古学

ナイル世界のヘレニズム

エジプトとギリシアの遭遇
周藤芳幸 著

書籍のカバー画像

書籍を注文する

価格 6,800円
判型 A5判・上製
ページ数 438頁
刊行年月日 2014年
在庫状況 在庫有り
ISBNコード 978-4-8158-0785-6
Cコード C3022

書籍画像のサムネール書籍画像のサムネール

書籍の内容

地中海世界の新時代 ——。西洋最古のグローバル化の時代であったヘレニズム期、エジプトとギリシアという二つの高文化の交錯は何をもたらしたのか。中心都市アレクサンドリアに見るプトレマイオス朝の表象戦略から在地社会の文化変容まで、エジプトでの長期発掘調査をもとに、物質史料と文字史料を総合して新たな像を提示する労作。


書籍の目次

序 章

  第Ⅰ部 ヘレニズム史の再構築に向けて

第1章 プトレマイオス朝エジプト史研究の新展開
      —— 「オリエント的デスポティズム」 を越えて
     はじめに
     1 グローバル化の時代としてのヘレニズム時代
     2 歴史の中のプトレマイオス朝
     3 プトレマイオス朝エジプト像の変遷
     おわりに

第2章 アコリス遺跡の考古学 —— ヘレニズム時代を中心として
     はじめに
     1 アコリス遺跡の調査前史
     2 都市域北端部の発掘調査 (1997年~2001年)
     3 アコリス及びその周辺の碑文の調査 (2002年~2004年)
     4 採石場のグラフィティ調査 (2005年~2012年)
     おわりに

第3章 ヘレニズムへの道 —— アレクサンドロス以前のナイル世界とエーゲ海世界
     はじめに
     1 エジプトとクレタ島のミノア文明
     2 エジプトとエーゲ海のミケーネ文明
     3 前一千年紀におけるギリシア人のエジプトへの定住
     4 交易拠点ナウクラティスとサイス朝の繁栄
     おわりに

  第Ⅱ部 ナイルのほとりのヘレニズム王国

第4章 都市アレクサンドリアの成立 —— ヘレニズム文明の磁場の創造
     はじめに
     1 アレクサンドロス大王と都市アレクサンドリアの建設
     2 アレクサンドリアの都市景観
     3 ストラボンの見たアレクサンドリア
     おわりに

第5章 セーマ・大灯台・図書館 —— 表象とモニュメントの世界
     はじめに
     1 セーマ
     2 大灯台
     3 図書館
     おわりに

第6章 初期プトレマイオス朝の宗教政策 —— 支配者崇拝から王朝祭祀へ
     はじめに
     1 支配者崇拝
     2 サラピス神信仰の確立
     3 プトレマイオス朝の王朝祭祀
     おわりに

  第Ⅲ部 領域部の文化変容

第7章 プトレマイオス朝とエジプト領域部の開発 —— ファイユームの水利事業を中心として
     はじめに
     1 領域部の景観
     2 領域部の集落組織
     3 領域部の開発
     4 栽培作物の変化
     5 領域部におけるギリシア人の活動
     おわりに

第8章 採石場のヘレニズム —— ニュー・メニア古代採石場の調査成果から
     はじめに
     1 ニュー・メニア古代採石場とその調査
     2 グラフィティの基本構造
     3 グラフィティの年代
     4 時系列上の変化
     おわりに

補 論 ローマ帝政期の軍団と採石場

第9章 ケファラスの子ディオニュシオスとその世界 —— 前二世紀末エジプト在地社会の一断面
     はじめに
     1 史料の概要
     2 ケファラスの子ディオニュシオスの家族構成と生活空間
     3 史料解釈の方法論
     4 ケファロスによるワインの購入
     5 ディオニュシオスによる小麦の貸借
     6 ディオニュシオスの二つの顔
     おわりに

  第Ⅳ部 在地エリートの対応

第10章 トゥナ・エル・ジェベルの 「ペトシリスの墓」 —— イメージの文化変容
     はじめに
     1 「ペトシリスの墓」 とそのレリーフ彫刻
     2 プロナオスのワイン生産レリーフ
     3 「ペトシリスの墓」 の二系統のアンフォラ
     4 領域部におけるギリシア系物質文化の浸透
     おわりに

第11章 ヘルモポリスのアーキトレイヴ碑文 —— 王権・軍団・在地エリート
     はじめに
     1 古代ギリシアの碑文文化
     2 ヘルモポリスのアーキトレイヴ碑文
     3 碑文と建築プログラム
     4 碑文成立の歴史的背景
     おわりに

第12章 ヘルゲウスの子ハコリスの磨崖碑文 —— 甦る在地エリートの素顔
     はじめに
     1 モニュメンタルな碑文の誕生
     2 アコリス磨崖碑文とそのテクスト
     3 ヘルゲウスの子ハコリスのプロソポグラフィ
     4 ハコリスとプトレマイオス朝
     おわりに

第13章 ロゼッタ・ストーン再考 —— 王権と在地神官団との相互交渉
     はじめに
     1 プトレマイオス朝と神官団決議
     2 アレクサンドリア決議
     3 カノーポス決議
     4 ラフィア決議
     5 メンフィス決議
     6 フィラエ第二決議
     おわりに

  第Ⅴ部 東地中海とナイル世界

第14章 初期プトレマイオス朝とエーゲ海世界 —— ギリシア諸都市との関係を中心として
     はじめに
     1 「海上帝国」 としてのプトレマイオス朝
     2 アテネのカリアス
     3 クニドスのソストラトス
     4 サモスのカリクラテス
     5 マケドニアのパトロクロス
     おわりに

第15章 地中海の構造変動とナイル世界 —— 南部エジプト大反乱をめぐって
     はじめに
     1 南部大反乱への歴史的な評価
     2 南部大反乱時代の地中海世界
     3 南部大反乱の経緯
     4 南部大反乱とプトレマイオス朝の対外政策
     5 南部大反乱の展開と地中海世界の動向
     おわりに

第16章 地中海の海上交易とナイル世界 —— アコリス遺跡出土アンフォラからの考察
     はじめに
     1 ロドス産アンフォラの特徴
     2 ロドス産アンフォラの編年をめぐる問題
     3 アコリス出土のロドス産アンフォラ
     4 前二世紀のエジプトと東地中海世界
     おわりに

第17章 東地中海コイネー文化の成立 —— 物質文化のヘレニズムをめぐって
     はじめに
     1 アコリス遺跡出土の飲食用土器
     2 ナイル世界の他遺跡の状況
     3 東地中海世界における生活文化の画一化
     4 東地中海コイネー文化の普及とそのメカニズム
     おわりに

終 章


書評紹介


関連書籍の紹介


関連キーワードの一覧


関連カテゴリーの一覧


各オンライン書籍販売サービスサイトからも書籍は購入できます。

近刊案内

2017年5月12日出来予定

放射線と安全につきあう

西澤邦秀・柴田理尋 編
B5判・並製・248頁
価格  2,700円
ISBN 978-4-8158-0875-4
Cコード 3042

2017年5月16日出来予定

戦争国家イギリス

デービッド・エジャトン 著
坂出 健 監訳
松浦俊輔ほか訳
A5判・上製・470頁
価格  5,400円
ISBN 978-4-8158-0874-7
Cコード 3022

2017年5月17日出来予定

今夜ヴァンパイアになる前に

L.A. ポール著
奥田太郎・薄井尚樹 訳
A5判・上製・240頁
価格  3,800円
ISBN 978-4-8158-0873-0
Cコード 3010

近刊書籍の予約を受け付けております。予約をご希望の方は、上の「予約の受付ページへ」をクリックして受付ページへリンクしていただき、そこでご予約の手続きをお願いいたします。刊行次第、商品を発送いたします。

購入について

書籍を購入される方は以下の注文受付ページから必要事項をご記入の上ご注文下さい。

また、個別の書籍紹介ページ上からもご購入いただけます。ご購入に関する詳細については、下の「購入についての説明」をクリックして、説明をご覧ください。

その他の書籍購入方法

小会刊行の書籍は以下のオンラインショップでも取り扱っております。

お問い合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

TEL:052-781-5027

FAX:052-781-0697


ページの先頭へ戻る