書籍紹介

原発問題・電力業・エネルギー産業

原子力発電をどうするか

日本のエネルギー政策の再生に向けて
橘川武郎 著

書籍のカバー画像

書籍を注文する

価格 2,400円
判型 四六判・上製
ページ数 192頁
刊行年月日 2011年
在庫状況 在庫有り
ISBNコード 978-4-8158-0679-8
Cコード C3033


書籍の内容

エネルギー産業史研究の第一人者が、長年の蓄積にもとづいて、もっとも現実的で、かつ総合性に富んだ最適解を示す。歴史的難題をこえて、日本のエネルギー政策に新たな展望をひらくために、いま必要な取組みを信頼できる叙述で明快に論じた、渾身の提言。


書籍の目次

第1章 福島第一原子力発電所事故の衝撃
  1 2011年3月11日
  2 原子力政策の根本的見直し
  3 2004年・2008年の提言の再検証

第2章 日本における原子力発電の歴史が教えるもの
  1 国民的期待を受けてのスタート 1955~73年
  2 大原子力時代と国論の分裂 1974~85年
  3 国策民営方式による調整 1986~2002年
  4 原子力ルネサンスと政策的支援 2003~10年
  5 歴史の教訓

第3章 原子力発電の何が問題か
  1 重大事故の発生
  2 情報の隠蔽
  3 電源三法交付金による立地
  4 バックエンド問題の未解決
  5 国策民営方式の矛盾

第4章 原子力発電の危険性
  1 福島第一原発事故の原因
  2 原発の新たな安全基準をめぐる福井県と国との見解の齟齬
  3 危険性の最小化

第5章 原子力発電の必要性
  1 エネルギー安定供給 (Energy Security)
  2 経済性 (Economy)
  3 地球温暖化対策 (Environment)

第6章 福島第一原発事故後のエネルギー政策
  1 いくつかの原発縮小シナリオ
  2 再生可能エネルギーの普及と課題
  3 「火力シフト」 と天然ガス確保
  4 CO2削減の切り札としての石炭火力技術移転
  5 「第四の電源」 としての省エネルギーによる節電
  6 2030年の電源構成見通し

第7章 問われている課題


書評紹介


この著者の他の書籍の紹介


関連書籍の紹介


関連キーワードの一覧


関連カテゴリーの一覧


各オンライン書籍販売サービスサイトからも書籍は購入できます。

近刊案内

2017年6月15日出来予定

新版 変動社会の教師教育

今津孝次郎 著
A5判・上製・376頁
価格  5,400円
ISBN 978-4-8158-0877-8
Cコード 3037

近刊書籍の予約を受け付けております。予約をご希望の方は、上の「予約の受付ページへ」をクリックして受付ページへリンクしていただき、そこでご予約の手続きをお願いいたします。刊行次第、商品を発送いたします。

購入について

書籍を購入される方は以下の注文受付ページから必要事項をご記入の上ご注文下さい。

また、個別の書籍紹介ページ上からもご購入いただけます。ご購入に関する詳細については、下の「購入についての説明」をクリックして、説明をご覧ください。

その他の書籍購入方法

小会刊行の書籍は以下のオンラインショップでも取り扱っております。

お問い合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

TEL:052-781-5027

FAX:052-781-0697


ページの先頭へ戻る