書籍紹介

現代日本映画論

デジタル時代の日本映画

新しい映画のために
ミツヨ・ワダ・マルシアーノ 著

書籍のカバー画像

書籍を注文する

価格 4,600円
判型 A5判・上製
ページ数 294頁
刊行年月日 2010年
在庫状況 在庫有り
ISBNコード 978-4-8158-0657-6
Cコード C3074


書籍の内容

デジタル技術は映画の製作・流通・受容を劇的に変え、日本映画をグローバル市場に押しだした。Jホラーやアニメーションからドキュメンタリー・民族映画まで、作品に即してメディア収束下の新たな映画文化を捉えるとともに、「トランスナショナル」の実像を見つめる画期的な現代映画論。


書籍の目次

序 章

     ポスト撮影所時代における文化地勢図の変容
     日本におけるメディアの収束
     デジタル技術
     文化的想像力の中のトランスナショナル性

第1章 ホラー映画におけるニューメディアの影響

     デジタル製作への移行
     新たな図像とニューメディアの修辞学
     DVDと流通・消費の新たなパラダイム
     グローバル市場における日本映画
     「映画」の歴史的コンテクストの消失

第2章 デジタル的な「真実らしさ」

     ドキュメンタリー・スタイルによる物語映画、『誰も知らない』
     リアルな映画、『垂乳女』
     『新しい神様』と私的ドキュメンタリー

第3章 「個人的な」アニメーション

     北米の学術研究におけるアニメ言説の構築
     アニメとメディアの収束、押井守の場合
     「個人的」製作によるアニメ、新海誠の場合
     「日本的」アニメーション、山村浩二の場合

第4章 トランスナショナル・シネマに見る国家

     中国語映画と北欧映画の場合
     「トランスナショナル」を遠く離れて
     国境、曖昧化すれども決して完全に超越することのできないもの
     グローカリゼーション、地域戦略からグローバル現象へ
     『ホテル・ヴィーナス』の場合
     『ホテル・ヴィーナス』のトランスナショナル性とは?
     補論 『トランスナショナル・ジャパン』との対話

第5章 日本の文化的想像力と民族映画

     「情動」としての映画的暴力
     民族映画
     スターの力と日本の文化的想像力

終 章

     「テレビ映画」
     メディア・コンテンツをめぐる国家政策


この著者の他の書籍の紹介


書評紹介


関連書籍の紹介


関連キーワードの一覧


関連カテゴリーの一覧


各オンライン書籍販売サービスサイトからも書籍は購入できます。

近刊案内

2018年1月17日出来予定

進化倫理学入門

スコット・ジェイムズ著
児玉 聡 訳
A5判・上製・336頁
価格  4,500円
ISBN 978-4-8158-0896-9
Cコード 3012

2018年1月18日出来予定

細胞診断学入門 [第三版]

社本幹博・越川 卓 監修
長坂徹郎・横井豊治 編
B5判・並製・328頁
価格  6,300円
ISBN 978-4-8158-0895-2
Cコード 3047

近刊書籍の予約を受け付けております。予約をご希望の方は、上の「予約の受付ページへ」をクリックして受付ページへリンクしていただき、そこでご予約の手続きをお願いいたします。刊行次第、商品を発送いたします。

購入について

書籍を購入される方は以下の注文受付ページから必要事項をご記入の上ご注文下さい。

また、個別の書籍紹介ページ上からもご購入いただけます。ご購入に関する詳細については、下の「購入についての説明」をクリックして、説明をご覧ください。

その他の書籍購入方法

小会刊行の書籍は以下のオンラインショップでも取り扱っております。

お問い合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

TEL:052-781-5027

FAX:052-781-0697


ページの先頭へ戻る