書籍紹介

医学

ストレスと筋疼痛障害

慢性作業関連性筋痛症
H.ヨアンソン 他編  間野忠明 監訳  岩瀬 敏・中田 実 訳

書籍のカバー画像

書籍を注文する

価格 8,400円
判型 A4判・上製
ページ数 312頁
刊行年月日 2010年
在庫状況 在庫有り
ISBNコード 978-4-8158-0632-3
Cコード C3047


書籍の内容

職場環境や心理社会的要因から生じる筋肉・骨・関節等の慢性的な痛みや不快感について、病態メカニズムを明らかにしつつ、疫学・生理学・病理学など各分野の研究成果に基づき、臨床・治療に不可欠な知見を集約。医師やリハビリテーション医学・東洋医学・ストレス治療関係者のために。

【原著名】
H. Johansson, U. Windhorst, M. Djupsjöbacka, M. Passatore (eds.), Chronic Work-Related Myalgia: Neuromuscular Mechanisms Behind Work-Related Chronic Muscle Pain Syndromes, Gavle University Press, Gavle, Sweden, 2003.

《推薦のことば》


書籍の目次

序 章 日本と世界各国における作業関連性筋骨格系障害の現状
1 序論
2 慢性作業関連性筋痛症の神経筋メカニズム
3 作業関連性上肢障害
4 ストレス
5 ストレス、環境適応不全症と筋骨格系症状
6 作業関連性筋痛症の発症における課題関連性生体力学的制約の寄与
7 筋痛と筋過負荷に関連する形態学的特徴
8 頸肩部痛
9 低強度作業中の代謝的・機械的変化と作業関連性疼痛との関係
10 シンデレラ仮説
11 運動単位動員と筋肉痛発症との関係
12 筋肉痛と運動制御との間の相互作用
13 作業関連性筋痛症の神経生理学的メカニズム
14 実験的筋肉痛が H 反射と伸張反射に及ぼす影響
15 固有感覚に対する身体作業負荷の影響
16 めまいの発症メカニズムとヒトの頸部が頭位方向性を決めるのに果たす役割
17 筋求心性グループⅢ・Ⅳ神経線維が脊髄ニューロンのバイアスとゲインに及 ぼす短期的影響
18 神経可塑性と慢性疼痛の調節
19 痛み関連性の大脳皮質活動変化と可塑性
20 作業関連性筋痛症発症における筋交感神経活動の役割
21 交感神経系と筋機能との相互作用,および交感神経系の運動制御への関与
22 交感神経系による感覚制御と慢性痛への関与
23 交感神経による骨格筋への長期間栄養的影響
24 反射性交感神経性ジストロフィー
終 章 慢性作業関連性筋痛症の統合モデル


関連書籍の紹介


関連キーワードの一覧


関連カテゴリーの一覧


各オンライン書籍販売サービスサイトからも書籍は購入できます。

近刊案内

2017年9月7日出来予定

東アジアの社会大変動

末廣 昭・大泉啓一郎 編
A5判・上製・352頁
価格  5,400円
ISBN 978-4-8158-0884-6
Cコード 3036

2017年9月7日出来予定

産業化する中国農業

宝剣久俊 著
A5判・上製・280頁
価格  5,800円
ISBN 978-4-8158-0886-0
Cコード 3033

近刊書籍の予約を受け付けております。予約をご希望の方は、上の「予約の受付ページへ」をクリックして受付ページへリンクしていただき、そこでご予約の手続きをお願いいたします。刊行次第、商品を発送いたします。

購入について

書籍を購入される方は以下の注文受付ページから必要事項をご記入の上ご注文下さい。

また、個別の書籍紹介ページ上からもご購入いただけます。ご購入に関する詳細については、下の「購入についての説明」をクリックして、説明をご覧ください。

その他の書籍購入方法

小会刊行の書籍は以下のオンラインショップでも取り扱っております。

お問い合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

TEL:052-781-5027

FAX:052-781-0697


ページの先頭へ戻る