書籍紹介

政治思想・国際法・植民地支配

野蛮から秩序へ

インディアス問題とサラマンカ学派
松森奈津子 著

書籍のカバー画像

書籍を注文する

価格 5,000円
判型 A5判・上製
ページ数 392頁
刊行年月日 2009年
在庫状況 在庫有り
ISBNコード 978-4-8158-0612-5
Cコード C3031


書籍の内容

大航海時代を拓いたスペインにおいて、非ヨーロッパ地域の 「野蛮」 な人々との関係をめぐり支配の正当性や征服戦争の是非などを問いかけ、新たな政治秩序を模索したサラマンカ学派。ラス・カサスにいたるその思想の展開を丹念に跡づけ、主権国家論に連なる近代の政治思想を見直す力作。


書籍の目次

序 章 「もう一つの国家論」 の生成
      インディアス問題の起源と終焉
      サラマンカ学派第一世代とその周辺
      先行研究の成果と課題
      三つの争点
      本書の構成
      「インディアス」、「インディオ」、「近代」

第1章 近代政治秩序とインディアス問題
 第1節 ヨーロッパ秩序の主体としての国家
      キリスト教共同体における教権、帝権、王権
      王権の自律と優位性の獲得
      国土回復運動 (レコンキスタ) からスペイン君主国 (モナルキア・イスパニカ) へ
      絶対王政と立憲思想の系譜
 第2節 ヨーロッパ-非ヨーロッパ間関係の主体としての国家
      中世ヨーロッパの世界像
      大航海時代における人の住める世界 (オイクーメネー) の拡大
      インディアス問題の生成
      主要争点をめぐる三つの立場
      インディアス問題と新しい世界秩序

第2章 理性と賢慮 —— インディオの本性
 第1節 「野蛮人」 インディオという言説
      野蛮人概念の生成と展開
      インディオの地位
      イスラム教徒、ユダヤ教徒、スラヴ系諸民族との異同
 第2節 目的論的階層秩序観と自然奴隷説
      Servus —— 奴隷か農奴か
      アリストテレス-トマス主義の継承 —— 先駆者メイジャー
      自然奴隷説、スペインへ —— グレゴリオとメサ
      支配と服従の法則 —— セプルベダ
      自然奴隷の基準
 第3節 教育の欠如と自然児説
      初期の自然奴隷説批判 —— モンテシノス
      ブルゴス会議での審議 —— パラシオス・ルビオスとパス
      神の像としての人間 —— ビトリア
      ビトリア思想の背景 —— インディアス文明、ルネサンス、カトリック改革
      子ども、あるいは田舎の人間としてのインディオ
      サラマンカ学派の形成 —— ソト、カノ、D・デ・コバルビアス、カランサ
      ビトリア思想の継承
      文明と野蛮の近代的二分法の生成
 第4節 多様性の承認と理性的人間説
      野蛮人の分類 —— ソリタ、ペニャ対アコスタ、ボテロ
      「インディオの保護官」 ラス・カサス
      野蛮人概念の再定義
      差異と優劣の分離
      自然奴隷説に対する反駁
      自然児説に対する反駁

第3章 政治権力の本質 —— インディアス支配の正当性
 第1節 ビトリアによる伝統的諸権原の否定
      権力の自然性
      主権論に連なる論理との異同
      所有権、使用権、用益権の区別
      権力観に基づく伝統的諸権原批判
      神秘体 (コルプス・ミスティクム) としての国家と教会
      全世界 (トトゥス・オルビス) における自然法と万民法 —— 法の適用範囲
      Ius をめぐる解釈 —— 客観的正義か主観的権利か
      権力主体観に基づく伝統的諸権原批判
 第2節 サラマンカ学派の諸権原
      万民法上の権利
      万民法上の義務
      自然的劣等性
      新たな諸権原をめぐる評価
 第3節 ラス・カサスにみる正当性の否定
      ラス・カサスとビトリア
      伝統的諸権原に対する批判
      サラマンカ学派の諸権原に対する批判
      潜在的支配権

第4章 正戦の要件 —— インディアス征服戦争の是非
 第1節 「戦争への法」 (ユス・アド・ベルーム) と 「戦争における法」 (ユス・イン・ベロー)
      キリスト者による武力行使の是非
      正戦論の起源と展開
      正当戦争の要件 —— 正しい権威、原因、遂行法
      正戦論に対する批判
 第2節 戦争開始の正当性
      君主の権威の有無 —— 催告 (レケリミエント) の解釈をめぐって
      正当原因の有無 —— インディオの 「不正」 をめぐって
      四つの正当原因 —— セプルベダ
      「異教」 および 「自然に反する罪」 の否定 —— ビトリア
      万民法に基づく七つの正当原因 —— サラマンカ学派
      正当原因の否定 —— ラス・カサス
 第3節 戦争遂行の正当性
      「小さな悪」 としての違法戦闘行為 —— セプルベダ
      人道性をめぐる疑問 —— サラマンカ学派
      損害賠償と原状回復の要求 —— ラス・カサス

終 章 「もう一つの国家論」 の意義と課題
      主権国家体制の確立と 「もう一つの国家論」
      人の住める世界 (オイクーメネー) の拡大と 「もう一つの国家論」
      インディアス問題以後と 「もう一つの国家論」


書評紹介


書籍の受賞歴紹介


関連書籍の紹介


関連キーワードの一覧


関連カテゴリーの一覧


各オンライン書籍販売サービスサイトからも書籍は購入できます。

近刊案内

2018年1月17日出来予定

進化倫理学入門

スコット・ジェイムズ著
児玉 聡 訳
A5判・上製・336頁
価格  4,500円
ISBN 978-4-8158-0896-9
Cコード 3012

2018年1月18日出来予定

細胞診断学入門 [第三版]

社本幹博・越川 卓 監修
長坂徹郎・横井豊治 編
B5判・並製・328頁
価格  6,300円
ISBN 978-4-8158-0895-2
Cコード 3047

近刊書籍の予約を受け付けております。予約をご希望の方は、上の「予約の受付ページへ」をクリックして受付ページへリンクしていただき、そこでご予約の手続きをお願いいたします。刊行次第、商品を発送いたします。

購入について

書籍を購入される方は以下の注文受付ページから必要事項をご記入の上ご注文下さい。

また、個別の書籍紹介ページ上からもご購入いただけます。ご購入に関する詳細については、下の「購入についての説明」をクリックして、説明をご覧ください。

その他の書籍購入方法

小会刊行の書籍は以下のオンラインショップでも取り扱っております。

お問い合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

TEL:052-781-5027

FAX:052-781-0697


ページの先頭へ戻る