書籍紹介

政治・法律

帝国日本の植民地法制

法域統合と帝国秩序
浅野豊美 著

書籍のカバー画像

書籍を注文する

価格 9,500円
判型 A5判・上製
ページ数 808頁
刊行年月日 2008年
在庫状況 在庫有り
ISBNコード 978-4-8158-0585-2
Cコード C3032


書籍の内容

忘れられた植民地での居留地・治外法権廃止問題を手がかりに、帝国規模での法制度の創出過程とその全体像を初めて解明、国際秩序、地域主義、帝国主義の相克を法秩序の展開から捉えて、帝国の勃興と解体、さらに戦後日本の誕生に至る過程をも浮き彫りにした日本帝国史の画期的成果。


書籍の目次

序 論

  第Ⅰ編 台湾の領有と住民の地位

はじめに
第1章 台湾住民の国籍選択権と初期台湾法制
第2章 陸奥改正条約と初期台湾法制
第3章 属人的法体系の成立過程 —— 明治31年律令第8号
第4章 梅謙次郎と後藤新平 —— 初期台湾法制における法典と慣習
おわりに

  第Ⅱ編 保護下韓国の条約改正と帝国法制
         —— 破綻した日韓の地域主義的結合

はじめに —— 忘れられたもう一つの条約改正
第1章 工業所有権をめぐる韓国条約改正モデルの誕生
第2章 在韓日本人と韓国土地法
第3章 日米条約批准と工業所有権関連法令の制定過程
第4章 日米条約による部分的治外法権廃止モデルの挫折
おわりに —— 地域主義的結合と帝国的膨張

  第Ⅲ編 帝国法制の構造と展開

はじめに
第1章 属人法の歴史的展開と帝国法制
第2章 法規分類からみた帝国法制の全体構造と共通法の機能
第3章 属人的法令を中核とする帝国法制の構造
第4章 共通法制定と 「法域」 の誕生 —— 帝国秩序と国際秩序の媒介としての 「法域」
第5章 国際関係における属人法と 「外地」 における属人法
おわりに —— 帝国法制再編の2つのベクトル

  第Ⅳ編 帝国秩序としての日満特殊関係と満洲国国籍法の挫折

はじめに —— 新しい国際標準としての民族自決原則と日満二重国籍
第1章 在満日本人の満洲国国籍取得と治外法権撤廃問題の起源
第2章 満洲国における条約改正の展開
第3章 満洲国条約改正の実現と日満特殊関係の形成
第4章 帝国法制の拡大としての日満特殊関係の法的内実
おわりに

  第Ⅴ編 大東亜広域秩序建設と日本帝国最後の再編

はじめに
第1章 帝国再編の政治的文脈
第2章 帝国再編をめぐる官僚内政治プロセス
第3章 内地延長による脱植民地化の実行過程と終戦外交
おわりに

  第Ⅵ編 帝国から国際関係へ —— 折りたたまれた帝国としての戦後日本

はじめに
第1章 戦後日本の国民再統合過程 —— 新たな価値と植民地の記憶
第2章 民主主義論争の中の引揚者と心理的脱植民地化
第3章 賠償と在外財産をめぐる戦後日本外交の起源
おわりに —— 文明的正義と民族的正義の行方

結 論


受賞紹介


書籍の書評紹介


関連書籍の紹介


関連キーワードの一覧


関連カテゴリーの一覧


各オンライン書籍販売サービスサイトからも書籍は購入できます。

近刊案内

2017年3月1日出来予定

ポスト・ケインズ派経済学

鍋島直樹 著
A5判・上製・352頁
価格  5,400円
ISBN 978-4-8158-0862-4
Cコード 3033

近刊書籍の予約を受け付けております。予約をご希望の方は、上の「予約の受付ページへ」をクリックして受付ページへリンクしていただき、そこでご予約の手続きをお願いいたします。刊行次第、商品を発送いたします。

購入について

書籍を購入される方は以下の注文受付ページから必要事項をご記入の上ご注文下さい。

また、個別の書籍紹介ページ上からもご購入いただけます。ご購入に関する詳細については、下の「購入についての説明」をクリックして、説明をご覧ください。

その他の書籍購入方法

小会刊行の書籍は以下のオンラインショップでも取り扱っております。

お問い合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

TEL:052-781-5027

FAX:052-781-0697


ページの先頭へ戻る