書籍紹介

哲学・思想・倫理・宗教

聞くこととしての歴史

歴史の感性とその構造
大橋良介 著

書籍のカバー画像

書籍を注文する

価格 4,500円
判型 A5判・上製
ページ数 264頁
刊行年月日 2005年
在庫状況 在庫有り
ISBNコード 978-4-8158-0515-9
Cコード C3010


書籍の内容

自己と他者が歴史世界において出会う事実そのものに「聞き入る」こと、すなわち物語以前の歴史経験の構造を、東西の諸思想を介して考察。その深層に、共生の感覚としての悲しみと闊達さを探りあてるとともに、歴史時間と主体のあり方を明るみに出し、歴史哲学に新次元をきりひらいた思考の結晶。


書籍の目次

序 章 「歴史忘却」と共通感覚、あるいは「悲」
    1 歴史忘却の経験
    2 「全身聴覚」
    3 歴史時間と「悲」

  第Ⅰ部 歴史哲学の歴史

第1章 歴史の形而上学へ
      —— ヘロドトスからカントまで
    1 ヘロドトスとトゥキディデスとのあいだ
    2 中国と日本の歴史思想
    3 アウグスティヌスの「聞くこととしての歴史」
    4 カント

第2章 形而上学となった歴史哲学
      —— “nach” ヘーゲル
    1 鍵語としての「精神」
    2 ゲルマン世界、あるいは「外部」をもたない「近代」
    3 絶対者の「内なる外部」
    4 端的な「外部」としての他者

第3章 歴史思惟の三つの転回
    1 歴史思惟の実証主義的転回
    2 歴史思惟の言語論的転回(1)
    3 歴史思惟の言語論的転回(2)
    4 歴史思惟の現象学的転回(1)
    5 歴史思惟の現象学的転回(2)

  第Ⅱ部 「歴史の感性」としての共通感覚

第4章 場所としての言葉
      —— 西田哲学と分析哲学を介して
    1 「世界-起-言語」
    2 「世界-起-言語」の例
    3 「世界-起-言語」と「世界-内-言語」との関係
    4 言語論的転回の再解釈
    5 「言語以前」としての感性

第5章 歴史における美の感性
      —— アドルノを介して
    1 歴史世界の「美と醜」
    2 感性の社会的・歴史的限定
    3 感性の身体的限定
    4 「醜」再説 ——「死者」世界との共感
    5 「共通感覚」の深層

第6章 「共通感覚」と「悲」
      —— ベンヤミンを介して
    1 暴力批判論の美学的見地
    2 暴力批判論の鍵としての「共通感覚」
    3 暴力主体にとっての「他者の不在」
    4 ヘーゲルの神とヨーナスの神
    5 再び「共通感覚」の深層へ

  第Ⅲ部 「歴史時間」と悲

第7章 「身心時間」
      —— 道元を介して
    1 「目的論的」時間と「終末論的」歴史
    2 「哲学」と「非・哲学」とのあいだ
    3 心身・時間・世界
    4 「歴史時間」の成立

第8章 歴史時間と「最後の神」
      —— ハイデッガー『哲学への寄与論稿』
    1 『哲学への寄与論稿』というテキスト
    2 「性起」の「響き」を「聞くこと」
    3 「歴史時間」の構造と現代位相
    4 「最後の神の傍過」
    5 「根本気分」と「悲」

第9章 聞くこととしての現代
      —— 超歴史的なものと伝統
    1 京都学派の歴史哲学と本書との位置関係
    2 時代区分の成立根拠
    3 歴史時間と「エポック」
    4 「超歴史的なもの」と「伝統」

 注
 あとがき
 初出一覧
 索 引


書籍の書評紹介


関連書籍の紹介


関連キーワードの一覧


関連カテゴリーの一覧


各オンライン書籍販売サービスサイトからも書籍は購入できます。

近刊案内

ただいま準備中です。

近刊書籍の予約を受け付けております。予約をご希望の方は、上の「予約の受付ページへ」をクリックして受付ページへリンクしていただき、そこでご予約の手続きをお願いいたします。刊行次第、商品を発送いたします。

購入について

書籍を購入される方は以下の注文受付ページから必要事項をご記入の上ご注文下さい。

また、個別の書籍紹介ページ上からもご購入いただけます。ご購入に関する詳細については、下の「購入についての説明」をクリックして、説明をご覧ください。

その他の書籍購入方法

小会刊行の書籍は以下のオンラインショップでも取り扱っております。

お問い合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

TEL:052-781-5027

FAX:052-781-0697


ページの先頭へ戻る