書籍紹介

医学

介助犬を知る

肢体不自由者の自立のために
__哲也 編

書籍のカバー画像

書籍を注文する

価格 2,800円
判型 A5判・並製
ページ数 354頁
刊行年月日 2002年
在庫状況 在庫有り
ISBNコード 978-4-8158-0452-7
Cコード C3036


書籍の内容

障害者の日常動作を援助する介助犬は、2002年5月成立の身体障害者補助犬法で初めて法的に位置づけがなされた。本書はこの「生きた自助具」について、有効性や日本での現状と課題などをトータルに紹介しており、医療・福祉関係者のみならず、介助犬に関心を持つ全ての人が対象の書である。


書籍の目次

目次:

はじめに

I 日本における介助犬使用支援システムの開発

II 介助犬の状況と必要性
 II-1 介助犬の定義と基準
 II-2 介助犬の国内での沿革
 II-3 介助犬の必要性・重要性と緊急性
 II-4 介助犬の有効性とその効果
 II-5 障害者の歴史と状況

III 介助犬の実態
 III-1 介助犬使用者の現状(1)
 III-2 介助犬使用者の現状(2)
 III-3 介助犬のわが国での実態
 III-4 わが国の盲導犬の状況
 III-5 世界の盲導犬の状況

IV 介助犬の訓練と可能性
 IV-1 医学と獣医学
 IV-2 家庭犬の訓練
 IV-3 介助犬の育成―日本の現状
 IV-4 介助犬訓練士の現状と将来
 IV-5 介助犬を適応とする障害とその疾患
 IV-6 介助犬とリハビリテーション医学
 IV-7 人適応科学から見た介助犬と障害者のリハビリテーション

V 介助犬の課題と期待
 V-1 介助犬の遺伝性疾患
 V-2 介助犬の安全性と人畜共通感染症
 V-3 人の医療と福祉に貢献する犬の健康管理
 V-4 身体障害者補助犬法概説
 V-5 介助犬育成過程における法的諸問題
 V-6 介助犬を社会が受け入れるための条件整備
 V-7 介助犬の地域社会における受容
 V-8 人と動物の絆とペット・ロス
 V-9 動物虐待

VI 世界的に見た介助犬の問題点

(付録1)身体障害者補助犬法
(付録2)身体障害者補助犬法施行規則

おわりに


関連キーワードの一覧


関連カテゴリーの一覧


各オンライン書籍販売サービスサイトからも書籍は購入できます。

近刊案内

2017年9月7日出来予定

東アジアの社会大変動

末廣 昭・大泉啓一郎 編
A5判・上製・352頁
価格  5,400円
ISBN 978-4-8158-0884-6
Cコード 3036

2017年9月7日出来予定

産業化する中国農業

宝剣久俊 著
A5判・上製・280頁
価格  5,800円
ISBN 978-4-8158-0886-0
Cコード 3033

近刊書籍の予約を受け付けております。予約をご希望の方は、上の「予約の受付ページへ」をクリックして受付ページへリンクしていただき、そこでご予約の手続きをお願いいたします。刊行次第、商品を発送いたします。

購入について

書籍を購入される方は以下の注文受付ページから必要事項をご記入の上ご注文下さい。

また、個別の書籍紹介ページ上からもご購入いただけます。ご購入に関する詳細については、下の「購入についての説明」をクリックして、説明をご覧ください。

その他の書籍購入方法

小会刊行の書籍は以下のオンラインショップでも取り扱っております。

お問い合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

TEL:052-781-5027

FAX:052-781-0697


ページの先頭へ戻る