書籍紹介

歴史

アメリカ帝国主義成立史の研究

高橋 章 著

書籍のカバー画像

書籍を注文する

価格 5,800円
判型 A5判・上製
ページ数 382頁
刊行年月日 1999年
在庫状況 在庫有り
ISBNコード 978-4-8158-0360-5
Cコード C3022


書籍の内容

本書は、建国以来のアメリカ膨張主義の伝統をふまえて 「大陸帝国」 から 「海洋帝国」 への転換をあとづけ、1898年の 「米西戦争」 における帝国主義世界体制の成立とその一環としてのアメリカ帝国主義の出現を考察。当時の思想家による帝国論や巨大企業支配・革新主義政治との関連をも照射する。


書籍の目次

  第Ⅰ部 アメリカ膨張主義と帝国主義の成立

序 アメリカ膨張主義の伝統と転換

第1章 「米西戦争」 (スペイン=キューバ=フィリピン=アメリカ戦争)
     はじめに
  第1節 「米西戦争」 に関する研究史
     1 「米西戦争」 原因論
     2 「米西戦争」 の世界史的位相
  第2節 1890年代の体制矛盾と海外膨張の新局面
  第3節 キューバ独立革命とスペイン=キューバ戦争
     1 「自由キューバ」 の闘い
     2 スペイン=キューバ戦争
  第4節 スペイン=キューバ=アメリカ戦争
     1 「キューバ問題」 とアメリカ
     2 アメリカ=スペイン戦争
     3 キューバ保護国化への道程
  第5節 スペイン=フィリピン=アメリカ戦争
     1 スペイン=フィリピン戦争
     2 アメリカ=スペイン戦争とフィリピン第二革命
     3 アメリカ=フィリピン戦争

第2章 門戸開放宣言と 「門戸開放帝国主義」 の成立
  第1節 ジョン・ヘイの第一次門戸開放通牒
     1 中国分割の進展
     2 アメリカの関心と利害
     3 第一次通牒に関する基本的諸事実
     4 イギリスの 「門戸開放」 の政策とジョン・ヘイ通牒
     5 ジョン・ヘイ通牒とアメリカの門戸開放政策
     6 「近代世界システム」 の展開と門戸開放宣言
  第2節 ジョン・ヘイの第二次門戸開放通牒
     1 アメリカの門戸開放宣言
     2 中国 「東南互保」 体制の形成
     3 アメリカの対応と七・三同文通牒
     4 第二次通牒の意義

  第Ⅱ部 世紀転換期のアメリカ帝国論

序 「ニュー・マニフェスト・デスティニー」

第1章 アルフレド・マハンの海外膨張論
     はじめに
     1 マハンの略歴と評価
     2 海上権力の三要素
     3 海外膨張論
     むすび

第2章 ブルックス・アダムズの 「アメリカ帝国」 論
     はじめに
     1 文明興亡論
     2 「アメリカ帝国」 興起論
     3 「新帝国」 のための改革と効率化
     むすび

第3章 チャールズ・コナントの帝国主義論
     はじめに
     1 コナントの略歴
     2 帝国主義の経済的基礎
     3 「門戸開放」 帝国の戦略とその処方
     むすび

  第Ⅲ部 巨大企業支配体制・革新主義・帝国主義

序 巨大企業支配体制の出現

第1章 マッキンレー主義とコーポラティズムの台頭
     1 コーポラティズムとは何か
     2 「コーポリット・リベラリズム」 論の展開
     3 W・マッキンレーとコーポラティズム
     4 全米市民連盟とコーポラティズム推進

第2章 T・ローズヴェルト政権の革新主義政治
     はじめに
     1 ローズヴェルトの登場とその課題
     2 ローズヴェルトの政治理念
     3 ローズヴェルトの政策と行政
     4 ローズヴェルトの政治と実業界

第3章 W・タフト政権と 「ドル外交」
     はじめに
     1 今世紀初頭におけるアメリカ外交の中心課題
     2 タフト政権発足の意義
     3 「ドル外交」 の展開
     4 タフト政権の外交観

補 論 W・ウィルソン政権 —— 「ニュー・フリーダム」 と 「ニュー・ディプロマシー」

  第Ⅳ部 「帝国主義」 —— 理論と方法を求めて

序 「帝国主義」 との格闘

第1章 レーニン 「帝国主義論」 の現代的意義
     1 レーニン 「帝国主義論」 の核心
     2 レーニン 「帝国主義論」 と歴史学
     3 独占資本主義以前の帝国主義

第2章 「自由貿易帝国主義」 論と 「門戸開放帝国主義」 論
     1 ギャラハー/ロビンソンのイギリス帝国論
     2 「自由貿易帝国主義」 論の視座
     3 アメリカ膨張主義史に関する通説
     4 W・A・ウィリアムズと 「門戸開放帝国主義」
     5 「アメリカ帝国」 論の一国史的限界

第3章 「周辺的アプローチ」 の展開
     1 マルクス主義帝国主義論の再構築
     2 マグドフの帝国主義論
     3 フランクの 「新従属理論」
     4 アミンの 「世界資本蓄積論」

第4章 「世界システム」 分析と帝国主義
     1 「開発主義の視角」 と 「世界システムの視角」
     2 「近代世界システム」 の展開
     3 「国家間システム」 と 「ヘゲモニー」
     4 「帝国主義」 の意味
     5 レーニン 「帝国主義論」 の限界


関連キーワードの一覧


関連カテゴリーの一覧


各オンライン書籍販売サービスサイトからも書籍は購入できます。

近刊案内

2017年8月1日出来予定

祖父母であること

安藤 究 著
A5判・上製・272頁
価格  4,500円
ISBN 978-4-8158-0882-2
Cコード 3036

2017年8月1日出来予定

朝鮮外交の近代

森 万佑子 著
A5判・上製・360頁
価格  5,400円
ISBN 978-4-8158-0883-9
Cコード 3022

近刊書籍の予約を受け付けております。予約をご希望の方は、上の「予約の受付ページへ」をクリックして受付ページへリンクしていただき、そこでご予約の手続きをお願いいたします。刊行次第、商品を発送いたします。

購入について

書籍を購入される方は以下の注文受付ページから必要事項をご記入の上ご注文下さい。

また、個別の書籍紹介ページ上からもご購入いただけます。ご購入に関する詳細については、下の「購入についての説明」をクリックして、説明をご覧ください。

その他の書籍購入方法

小会刊行の書籍は以下のオンラインショップでも取り扱っております。

お問い合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

TEL:052-781-5027

FAX:052-781-0697


ページの先頭へ戻る