書籍紹介

文学

結核の文化史

近代日本における病のイメージ
福田眞人 著

書籍のカバー画像

書籍を注文する

価格 4,500円
判型 四六判・上製
ページ数 440頁
刊行年月日 1995年
在庫状況 在庫有り
ISBNコード 978-4-8158-0246-2
Cコード C3095


書籍の内容

明治維新以降1千万人以上の犠牲者を出すという苛酷な現実の一方で、『不如歸』に代表される小説等に描かれ、「上流」 「天才」 「美人」 といった甘美なイメージを喚起した結核という独特な病の、近代日本における文化的位相を、史資料の博捜によって描き出した力作。


書籍の目次

序 章 結核とその文化史的意義について

  第Ⅰ部 結核をめぐる社会と個人

第1章 殖産興業と女工哀史
     1 伝染病と社会状況
     2 女工と肺病
     3 肺病と社会的対策のはじまり

第2章 鴎外・コッホ・肺病
     1 コッホと結核菌の発見
     2 医学者鷗外とコッホ
     3 「結核治療薬」 ツベルクリン
     4 鷗外の肺病恐怖と師コッホの来日
     5 肺病と鷗外文学

  第Ⅱ部 結核のロマン化と非ロマン化

第3章 肺病のロマン化 —— 『不如歸』 とその系譜
     1 ロマン化のはじめ
     2 『不如歸』 の誕生
     3 『不如歸』 の背景と影響
     4 ロマン化の過程 (その1)
     5 ロマン化の過程 (その2)
     6 ロマン化の過程 (その3)

第4章 子規と肺病患者たち
     1 喀血と、漱石との出会い
     2 病状の悪化
     3 肺病と死の認識
     4 『墨汁一滴』 『仰臥漫録』 と肺病患者の群像
     5 『病牀六尺』 と肺病患者の心理

  第Ⅲ部 結核と医学

第5章 肺病・サナトリウム・転地療養
     1 病人の行くべき所
     2 転地療養とサナトリウム
     3 サナトリウム発祥の地 —— 鎌倉と須磨
     4 南湖院と獨歩
     5 平地および高原療養所
     6 サナトリウムの限界と終焉

第6章 医学書・療養書と結核予防運動
     1 西洋医学の診断・治療
     2 レントゲン線と通俗療法
     3 結核予防と結核撲滅運動
     4 農村結核から全国的蔓延へ
     5 免疫と死亡率の減少と

終 章 遠のいた死と残されたイメージ


受賞紹介


関連キーワードの一覧


関連カテゴリーの一覧


各オンライン書籍販売サービスサイトからも書籍は購入できます。

近刊案内

2017年3月1日出来予定

ポスト・ケインズ派経済学

鍋島直樹 著
A5判・上製・352頁
価格  5,400円
ISBN 978-4-8158-0862-4
Cコード 3033

近刊書籍の予約を受け付けております。予約をご希望の方は、上の「予約の受付ページへ」をクリックして受付ページへリンクしていただき、そこでご予約の手続きをお願いいたします。刊行次第、商品を発送いたします。

購入について

書籍を購入される方は以下の注文受付ページから必要事項をご記入の上ご注文下さい。

また、個別の書籍紹介ページ上からもご購入いただけます。ご購入に関する詳細については、下の「購入についての説明」をクリックして、説明をご覧ください。

その他の書籍購入方法

小会刊行の書籍は以下のオンラインショップでも取り扱っております。

お問い合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

TEL:052-781-5027

FAX:052-781-0697


ページの先頭へ戻る